お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ASN, MoNA, MICT
(併催)
2017-01-19
13:00
大分 別府 花菱ホテル [招待講演]呼吸器画像の経時的差分法
青木隆敏産業医科大MICT2016-65
 [more] MICT2016-65
p.17
MI 2017-01-18
14:15
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館(那覇市) [ショートペーパー]全身CT画像における腸腰筋モデルを用いたテクスチャ解析に基づくALSの自動鑑別の初期検討
神谷直希愛知県立大)・家田皓将周 向栄山田 恵岐阜大)・加藤博基岐阜大医学部附属病院)・東 華岳産業医科大)・村松千左子原 武史三好利治犬塚 貴松尾正之藤田広志岐阜大MI2016-86
本研究では,ALS患者を撮影した全身CT画像39症例を用い,全身骨格筋の区分化および腸腰筋モデルによる骨格筋部位の同定に... [more] MI2016-86
pp.61-62
MI 2017-01-18
14:15
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館(那覇市) [ショートペーパー]CT画像における椎体骨折の半定量的評価の診断支援 ~ 機械学習を用いた椎体の自動検出と分類 ~
小島拓也周 向栄岐阜大)・東 華岳産業医科大)・横山龍二郎原 武史岐阜大)・姜 慧研中国・東北大)・松尾政之藤田広志岐阜大MI2016-89
高齢化社会の進行において骨粗鬆症の患者数が年々増加している.骨粗鬆症の診断の1つに骨粗鬆症性骨折の有無があり,最も高頻度... [more] MI2016-89
pp.69-70
WIT 2016-10-16
14:00
佐賀 唐津ロイヤルホテル(佐賀県唐津市) 作業アシストツールによる作業負荷軽減効果
泉 博之産業医科大)・和田親宗九工大)・田中孝之北大WIT2016-34
 [more] WIT2016-34
pp.9-10
PRMU, IE, MI, SIP
(共催)
2016-05-19
14:00
愛知 名古屋大学 肩甲部における骨格筋モデル構築のための解剖学的付着位置の自動認識
潟渕達也岐阜大)・神谷直希愛知県立大)・周 向栄岐阜大)・加藤博基岐阜大医学部附属病院)・東 華岳産業医科大)・神谷あすみ東名古屋病院)・村松千左子原 武史松尾政之藤田広志岐阜大SIP2016-6 IE2016-6 PRMU2016-6 MI2016-6
CT画像上における骨格筋の自動認識手法の一つとして,骨格筋モデルを構築し,モデルを用いた自動認識手法の有効性が示されてい... [more] SIP2016-6 IE2016-6 PRMU2016-6 MI2016-6
pp.27-30
MI 2016-01-20
09:20
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 大腰筋と腸骨筋の筋走行モデルに基づく腸腰筋認識の初期検討
神谷直希愛知県立大)・周 向栄村松千左子原 武史岐阜大)・加藤博基岐阜大医学部附属病院)・東 華岳産業医科大)・横山龍二郎岐阜大)・姜 慧研中国東北大)・松尾政之藤田広志岐阜大MI2015-111
我々はこれまでに,骨格筋の形状モデルを用い,X線CT画像における骨格筋の自動認識手法を提案した.また,この形状モデルを用... [more] MI2015-111
pp.183-186
MI 2016-01-20
13:05
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 [ポスター講演]A Novel Ellipsoid Convex Enhancement Filter for Boosting the Performance in Detection of Asymptomatic Intracranial Aneurysms at 3.0 T Magnetic Resonance Angiography
Ze JinHidetaka ArimuraKyushu Univ.)・Shingo KakedaUniv. Occupational and Environmental Health)・Fumio YamashitaMakoto SasakiIwate Medical Univ.)・Yukunori KorogiUniv. Occupational and Environmental HealthMI2015-126
 [more] MI2015-126
pp.257-261
MI 2015-09-08
15:25
東京 電気通信大学 全身CT画像における全身骨格筋認識のためのTPS法に基づく体腔認識の検討
家田皓将岐阜大)・神谷直希愛知県立大)・周 向栄山田 恵加藤博基岐阜大)・東 華岳産業医科大)・村松千左子原 武史藤田広志岐阜大MI2015-55
本研究では,ALS疾患が疑われる全身CT画像を対象とし,ALSの鑑別に必要な全身骨格筋の自動認識技術の開発を目的とする.... [more] MI2015-55
pp.35-38
WIT 2013-10-26
15:30
鹿児島 霧島国際ホテル(鹿児島県霧島市) 少量の飲酒による認知機能への影響と生理反応
三宅晋司石 明寛産業医科大)・萩原知絵済生会八幡総合病院)・倉岡宏幸九工大)・伊豆英恵酒類総研WIT2013-49
 [more] WIT2013-49
pp.35-38
WIT 2013-10-26
16:10
鹿児島 霧島国際ホテル(鹿児島県霧島市) 異なる精神課題による生体反応の差異
倉岡宏幸九工大)・三宅晋司産業医科大)・和田親宗九工大WIT2013-51
19名の健康な男性の被験者に,異なる2種類の精神課題を遂行させたときの生体反応の差異について検討した.精神課題は,異なる... [more] WIT2013-51
pp.45-48
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-11
15:00
福岡 福岡工業大学 靴型歩行計測装置における位置計測精度の評価
滝川大介九工大)・和田 太蜂須賀研二産業医科大)・和田親宗九工大IMQ2012-64 IE2012-168 MVE2012-125 WIT2012-74
これまで,歩行リハビリなどに用いるための支援装置として足の位置を推定する靴型の位置計測システムを開発してきた.足位置の推... [more] IMQ2012-64 IE2012-168 MVE2012-125 WIT2012-74
pp.169-174
MI 2009-01-19
11:05
海外 国立台湾大学(台北市) Automated method for segmentation of white matter and gray matter regions with multiple sclerosis in 3T MR images
Taiki MagomeHidetaka ArimuraKyushu Univ.)・Shingo KakedaUniv. of Occupational and Environmental Health)・Daisuke YamamotoYasuo KawataKyushu Univ.)・Yasuo YamashitaKyushu Univ. Hospital)・Masafumi OhkiFukai ToyofukuYoshiharu HigashidaKyushu Univ.)・Yukunori KorogiUniv. of Occupational and Environmental HealthMI2008-58
 [more] MI2008-58
pp.9-10
MI 2009-01-21
09:50
海外 国立台湾大学(台北市) [ポスター講演]Computerized Detection of Multiple Sclerosis Lesions based on 3.0 T Two-dimensional Magnetic Resonance Images
Daisuke YamamotoHidetaka ArimuraKyushu Univ.)・Shingo KakedaUniv. of Occupational and Environmental Health)・Taiki MagomeKyushu Univ.)・Yasuo YamashitaKyushu Univ. Hospital)・Masafumi OhkiFukai ToyofukuYoshiharu HigashidaKyushu Univ.)・Yukunori KorogiUniv. of Occupational and Environmental HealthMI2008-171
 [more] MI2008-171
pp.505-506
MI 2008-01-25
15:00
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 多発性硬化症のMR画像における病変部領域の検出法の開発
山本大輔有村秀孝九大)・掛田伸吾産業医科大)・馬込大貴九大)・山下泰生九大病院)・大喜雅文豊福不可依東田善治九大)・興梠征典産業医科大MI2007-97
多発性硬化症(multiple sclerosis: MS)の進行は様々であり,病変部が経時的に変化するという観点から,... [more] MI2007-97
pp.177-180
MI 2007-09-20
14:45
福岡 九州大学 病院地区総合研究棟一階102講義室 多発性硬化症におけるレベルセット法を用いた脳白質領域の抽出
馬込大貴有村秀孝九大)・掛田伸吾産業医科大)・山本大輔熊澤誠志豊福不可依東田善治九大)・興梠征典産業医科大MI2007-44
多発性硬化症(MS)の進行と脳萎縮の相関が報告されている.本研究では,大脳白質領域を抽出し,その面積を測定することで白質... [more] MI2007-44
pp.49-50
MI 2007-09-20
15:10
福岡 九州大学 病院地区総合研究棟一階102講義室 脳MR画像に基づいた多発性硬化症病変部の検出法の開発
山本大輔有村秀孝九大)・掛田伸吾産業医科大)・山下泰生九大病院)・熊澤誠志豊福不可依東田善治九大)・興梠征典産業医科大MI2007-45
多発性硬化症(multiple sclerosis: MS)は,症状や重篤度が病変部の発生部位や形態により異なる.また,... [more] MI2007-45
pp.51-52
MI 2007-01-27
15:00
海外 Cheju Univ.(韓国済州島) 胸部CT検診画像を用いた骨粗鬆症進行度推定ソフトの開発
中島邦佳日立メディコ)・中川 徹草野 涼山本修一郎川崎善幸小林俊光助川和也日立健康管理センタ)・中野修生水戸総合病院)・中村英一郎産業医科大)・後藤良洋日立メディコ
 [more] MI2006-196
pp.143-145
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会