電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 277件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
09:35
大阪 I-Siteなんば(大阪) Duty Cycle のARモデル化に関する一検討
大川航平岩田大輝梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomäkiオウル大)・Miguel López-Benítezリヴァプール大)・Satya Joshiオウル大
動的な周波数共用では,周波数利用に関する統計情報の活用が有用とされている.
本稿では,時間軸方向の周波数利用率に相当す... [more]
SR2019-29
pp.59-64
SDM, ED, CPM
(共催)
2019-05-16
16:40
静岡 静岡大学(浜松) 論理ゲートイジング計算機におけるビット間結合パラメータの検討
三木 司伊藤光樹櫛谷優希平田鷹介島田萌絵白樫淳一東京農工大
 [more] ED2019-17 CPM2019-8 SDM2019-15
pp.35-38
SDM, ED, CPM
(共催)
2019-05-16
17:05
静岡 静岡大学(浜松) 2次元イジング計算機におけるスピン判定論理と演算特性
島田萌絵伊藤光樹櫛谷優希平田鷹介三木 司白樫淳一東京農工大
 [more] ED2019-18 CPM2019-9 SDM2019-16
pp.39-42
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-15
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]言語モデルに基づく音素セット縮小
古明地秀治田中聡久東京農工大
言語モデルに基づく音素セット縮小方法を提案する.音素セットの縮小は,学習データが少なく全音素の学習が難しいタスクにおいて... [more] EA2018-134 SIP2018-140 SP2018-96
pp.205-210
OME 2019-02-27
15:35
東京 東京農工大学 小金井キャンパス 講義棟L0033 樹状構造を有するTTF誘導体を用いた1次元組織体の作製と評価
竹井 翼中村彰太東京農工大)・西原禎文広島大)・帯刀陽子東京農工大
 [more] OME2018-59
pp.25-28
KBSE 2018-05-25
13:50
東京 機械振興会館 ウェブ上での細粒度履歴を用いたプログラミング過程の再現ツール
髙山源貴橋浦弘明日本工大)・田中昂文東京農工大)・櫨山淳雄学芸大)・高瀬浩史日本工大
ソフトウェア開発は複数人によるプロジェクトを組んで行われる.開発が終了するとプロジェクトは 解散してしまうため,保守や改... [more] KBSE2018-4
pp.13-18
ED, SDM
(共催)
2018-02-28
16:15
北海道 北海道大学百年記念会館 イジングマシンでの実験パラメータ探索と最適化によるAu原子接合の量子化コンダクタンス制御
酒井正太郎岩田侑馬塩村真幸木原裕介白樫淳一東京農工大
社会システムが大規模化,複雑化するにつれ,その解析や最適化が重要な課題となっている.これらの課題の多くは,組合せ最適化問... [more] ED2017-113 SDM2017-113
pp.39-43
ED, SDM
(共催)
2018-02-28
16:40
北海道 北海道大学百年記念会館 人工知能により支援されたAu原子接合の作製と量子状態の観測
岩田侑馬酒井正太郎沼倉憲彬白樫淳一東京農工大
原子接合を作製する手法の1つとして,フィードバック制御型エレクトロマイグレーション(FCE)法が知られている.この手法で... [more] ED2017-114 SDM2017-114
pp.45-50
OME 2018-02-22
13:50
東京 東京農工大学 講義棟L0014 開始剤SAMを用いた表面開始蒸着重合による有機/無機界面の結合形成
齋藤隆喜田中邦明臼井博明東京農工大
Thiol-ene反応を利用し,有機半導体/無機基板界面に共有結合を形成することを試みた.(3-mercaptoprop... [more] OME2017-58
pp.5-9
AP 2018-02-16
11:20
東京 構造計画研究所 広帯域電波吸収体の開発
中井浩介宇野 亨櫛山裕次郎有馬卓司東京農工大
本研究では,広帯域な電波吸収体の開発を目的とし,メタマテリアルを用いて,数値電磁界解析で用いられる理想的な電波吸収体であ... [more] AP2017-182
pp.37-40
AP 2018-02-16
13:30
東京 構造計画研究所 FDTD法を用いた半空間上アンテナの遠方界解析手法の検討
向田隆浩宇野 亨櫛山裕次郎有馬卓司東京農工大
本研究では,FDTD法による半空間上アンテナの遠方界解析手法の開発を目的とし,FDTD法を用いて等価面上の電磁流を求め,... [more] AP2017-184
pp.47-50
OME 2017-12-28
14:10
東京 機械振興会館 固体高分子型燃料電池カソード触媒としてのFe/N/C型酸素還元触媒前駆体に対する亜鉛塩の添加による影響
小野遼真城石英伸東京高専)・齋藤守弘東京農工大)・吉田 司山形大)・宮澤薫一田中優実東京理科大
白金代替に向けて非白金系酸素還元触媒の更なる活性向上が求められている。本研究では1,10-フェナントロリン(phen),... [more] OME2017-51
pp.11-14
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-06
15:20
熊本 くまもと県民交流館パレア ツインタワー用共有メモリチップの開発
寺嶋爽花小島拓也奥原 颯松下悠亮安藤尚輝慶大)・並木美太郎東京農工大)・天野英晴慶大
ビルディングブロック型計算システムにおいて,誘導結合チップ間無線結合インタフェース
TCIを用いて2つのチップ積層間に... [more]
VLD2017-34 DC2017-40
pp.43-48
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-09-15
16:20
東京 東京大学 本郷キャンパス Text-Independent Writer Identification using Convolutional Neural Networks
Cuong Tuan NguyenTakeya InoHung Tuan NguyenMasaki NakagawaTokyo Univ. of Agri. and Tech.
 [more] PRMU2017-54 IBISML2017-26
pp.129-134
HCS 2017-08-21
13:45
東京 成蹊大学 オフィス会話におけるフォロワーシップと音声的非言語特徴量の関連性の分析
横山ひとみ高島健太郎藤田欣也東京農工大
 [more] HCS2017-56
pp.51-54
AP
(第二種研究会)
2017-06-28
- 2017-06-30
北海道 北海道大学 [ポスター講演]Not aligned Multiple-Region/Dual-Grid Finite-Difference Time-Domain Method
Masakazu YamajiToru UnoTakuji ArimaTokyo Univ. of Agriculture and Tech.
本研究では、波源が存在する領域と散乱体が存在する領域を分割するMultiple-Region FDTD (MR-FDTD... [more]
OME, CPM, EMD
(共催)
2017-06-16
14:45
東京 機械振興会館 低濃度混合ショットキー接合型有機薄膜太陽電池への共蒸発分子導入
余語政輝榎戸風花片山美樹雅・○嘉治寿彦東京農工大
 [more] EMD2017-8 CPM2017-16 OME2017-12
pp.17-18
ED, SDM
(共催)
2017-02-24
11:50
北海道 北海道大学百年記念会館 自然収束動作を利用したイジングコンピューティング技術の開発とFPGAへの実装
木原裕介伊藤光樹齋藤孝成塩村真幸酒井正太郎白樫淳一東京農工大
近年,機械学習を用いた人工知能(Artificial Intelligence: AI)の開発や複雑化した社会システムの... [more] ED2016-134 SDM2016-151
pp.23-28
ED, SDM
(共催)
2017-02-24
12:15
北海道 北海道大学百年記念会館 論理ゲートで表現された2次元イジング計算機の組合せ最適化問題への適用
塩村真幸齋藤孝成伊藤光樹木原裕介酒井正太郎白樫淳一東京農工大
近年,社会システムの最適化や人工知能の開発を目的とした,膨大なデータの解析手法が求められており,大規模な組合せ最適化問題... [more] ED2016-135 SDM2016-152
pp.29-34
MBE, NC
(併催)
2016-11-18
15:05
宮城 東北大学 到達運動の準備に関連したβ帯の事象関連脱同期
上川侑祐田中聡久東京農工大
到達運動は運動前にターゲットとエフェクタの情報を処理する必要がある.ターゲットやエフェクタの情報は右のときは左半球で,左... [more] MBE2016-49
pp.9-14
 277件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会