お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 65件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2020-03-02
16:55
愛知 名古屋大学 東山キャンパス 「教育・学習データ利活用ポリシー」のひな型の策定について
上田 浩法政大)・緒方広明京大)・山田恒夫放送大SITE2019-93 IA2019-71
教育・学習活動に係るデータが様々な形で電子的に記録されるようになった現在,記録されているデータを分析し教育支援に活かすこ... [more] SITE2019-93 IA2019-71
pp.51-57
ET 2019-10-19
10:20
沖縄 琉球大学 議論の場における参加者の表出自動推定のための他者ラベリングと自己申告評価およびセンサによる評価との関係調査
近藤杏祐神戸大)・加藤 浩放送大)・大西鮎美寺田 努神戸大)・葛岡英明東大)・久保田善彦玉川大)・鈴木栄幸茨城大)・塚本昌彦神戸大ET2019-34
 [more] ET2019-34
pp.9-14
ET 2019-10-19
10:40
沖縄 琉球大学 双方向債務概念に基づく相互援助規則の導入が大学生のプロジェクト型活動に与える影響
鈴木栄幸茨城大)・舟生日出男創価大)・久保田善彦玉川大)・加藤 浩放送大ET2019-35
 [more] ET2019-35
pp.15-20
ET 2018-10-20
13:00
福岡 福岡工業大学 太陽の日周運動と透明半球の理解を支援する天文教育支援ソフトウェアの開発
松岡浩平葛岡英明筑波大)・久保田善彦宇都宮大)・金井 司茂木中)・鈴木栄幸茨城大)・加藤 浩放送大ET2018-43
中学生の科学教育の中でも,天文学習の理解は困難である.本研究では,タブレット上で動作する天文教育ソフトウェアを開発し,天... [more] ET2018-43
pp.29-34
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 高齢者向け体操教室における講師による双方向コミュニケーションが受講者のモチベーションとパフォーマンスに及ぼす効果
和田将典東大)・片桐祥雅NICT)・川原靖弘放送大)・佐藤知正保坂 寛東大)・川崎陽一プレイケア
本研究では,高齢者向け体操教室における,受講者の運動量を向上させることを念頭に,講師による双方向コミュニケーションが受講... [more]
ET 2017-11-11
11:20
東京 上智大学 教育実践研究と教授・学習支援システム開発研究のマッチングプラットフォームの構想
國宗永佳千葉工大)・越智洋司近畿大)・金子大輔北星学園大)・倉山めぐみ函館高専)・小尻智子関西大)・辻 靖彦放送大)・長谷川 忍北陸先端大ET2017-55
著者らは,様々な研究を通して開発されている教授・学習支援システムの教育実践における利用の促進と,教育実践で必要とされるシ... [more] ET2017-55
pp.13-16
MVE 2017-09-21
16:15
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス 遠隔ロボットシステムにおける粘性による安定化制御の効果
力石貴文・○石橋 豊名工大)・黄 平国星城大)・三好孝典豊橋技科大)・大西 仁放送大)・立岩佑一郎名工大)・コスタス プサニスマケドニア大)・渡邉 均東京理科大MVE2017-19
本報告では, 利用者がビデオを見ながら触覚インタフェース装置によって産業用ロボットを遠隔操作することができる遠隔ロボット... [more] MVE2017-19
pp.25-30
NLC 2017-09-07
10:35
東京 成蹊大学 文章自動生成の一考察 ~ 文章生成における文と文とのつながりを課題と方策 ~
太田博三放送大NLC2017-14
(事前公開アブストラクト) 昨今の深層学習の発達が目覚ましく、画像処理の分野だけでなく、自然処理や音声認識の分野にも及ん... [more] NLC2017-14
pp.7-12
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
14:35
北海道 函館コミュニティプラザ IoT活用システムへのゴール指向要求分析の適用に関する考察
岡野道太郎筑波大)・中谷多哉子放送大SS2017-8 KBSE2017-8
多数のセンサーデバイスからのデータを収集し,予測・制御を行うIoT(Internet of Things)技術を活用した... [more] SS2017-8 KBSE2017-8
pp.43-48
EMCJ 2017-03-10
14:25
東京 機械振興会館 選好度付きセットベースデザイン手法の屈曲差動伝送線路設計への適用
萓野良樹上 芳夫石川晴雄肖 鳳超電通大)・井上 浩放送大EMCJ2016-122
 [more] EMCJ2016-122
pp.11-15
KBSE 2017-03-03
15:15
石川 石川県金沢市 ITビジネスプラザ武蔵 研修室1 状態と状態遷移に着目したゴール指向要求分析手法の考察
岡野道太郎筑波大)・中谷多哉子放送大KBSE2016-43
本稿の目的は,システムの目的に沿った達成可能な要求が,ゴール指向要求分析のKAOSを用い,状態に着目した要素分解と状態遷... [more] KBSE2016-43
pp.25-30
KBSE 2017-03-04
13:20
石川 石川県金沢市 ITビジネスプラザ武蔵 研修室1 テキストマイニング手法を用いたヒヤリハット報告に基づくヒュマンエラー分析と考察
水澤信彦富士通エフサス/放送大)・辰己丈夫放送大)・村上祐子東北大)・中谷多哉子放送大KBSE2016-48
本論文は、情報システムに携わるハードウェア保守技術者(以下保守技術者)がお客様先で経験したヒヤリハット報告をテキストマイ... [more] KBSE2016-48
pp.55-60
EMD 2016-11-03
15:00
兵庫 淡路夢舞台国際会議場 Equivalent Circuit Analysis of Transmission Line with F-SIR Type Open-Stub Resonator for Negative Group Delay and Slope Characteristics
Yoshiki KayanoUEC)・Hiroshi InoueThe Open Univ.EMD2016-54
 [more] EMD2016-54
pp.23-28
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2016-10-20
13:25
宮城 東北大学 導体シールドを実装した差動伝送FPCの伝送特性のシールド厚み依存性
萓野良樹電通大)・井上 浩放送大EMCJ2016-66 MW2016-98 EST2016-62
 [more] EMCJ2016-66 MW2016-98 EST2016-62
pp.35-40
EMCJ, EMD
(共催)
2016-07-15
16:00
東京 機械振興会館 負の群遅延特性を持つ多層F-SIR型伝送線路構造に関する一検討 (その2)
萓野良樹電通大)・井上 浩放送大EMCJ2016-48 EMD2016-21
 [more] EMCJ2016-48 EMD2016-21
pp.25-29
EMCJ, IEE-EMC, IEE-MAG
(連催)
2016-06-02
14:45
海外 NTU (台湾) Identifying Dominant Factor of EMI of Asymmetrical Differentia-Paired Lines with Different Termination Condition
Yoshiki KayanoUEC)・Hiroshi InoueThe Open Univ.EMCJ2016-32
 [more] EMCJ2016-32
pp.47-52
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2015-12-18
13:50
愛知 豊田中央研究所 複数のLED電球が接続された異なる配線パターンからの電磁ノイズ量の測定
春日貴志花岡佑飛川上裕武長野高専)・井上 浩放送大EMCJ2015-97
LED電球やLED式シーリングライトなど,LED照明は広く普及している.しかし,LED照明内のインバータ回路から発生する... [more] EMCJ2015-97
pp.45-50
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 屋外環境の温熱快適度推定における皮膚湿潤の利用
田中和哉帝京科学大)・川原靖弘放送大
人が快適に過ごすことの出来る指標として,温熱快適指標が良く用いられている.しかしながら,従来の方法では,日常的に個人の身... [more]
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2015-10-22
14:30
宮城 東北大学 片平キャンパス さくらホール 薄い導体シールドを実装した差動伝送線路の伝送損失についての一検討
萓野良樹秋田大)・井上 浩放送大EMCJ2015-68 MW2015-107 EST2015-78
 [more] EMCJ2015-68 MW2015-107 EST2015-78
pp.53-58
EMCJ, IEE-EMC, IEE-MAG
(連催)
2015-06-25
11:00
海外 KMITL (タイ) A Study on Imbalance Component and EM Radiation from Bent Equi-Length Differential-Paired Lines
Yoshiki KayanoAkita Univ.)・Hiroshi InoueThe Open Univ.EMCJ2015-20
 [more] EMCJ2015-20
pp.11-16
 65件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会