お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EA, ASJ-H, EMM, IPSJ-MUS
(共催) [詳細]
2018-11-21
13:30
石川 ホテルこうしゅうえん(輪島市) Acoustic and articulatory analysis and synthesis of shouted vowels
Yawen XUEJAIST)・Michael MarxenTUD)・Masato AkagiJAIST)・Peter BirkholzTUDEA2018-76 EMM2018-76
 [more] EA2018-76 EMM2018-76
pp.77-82
SIP, EA, SP
(共催)
MI
(併催) [詳細]
2018-03-20
12:30
沖縄 石垣島 ホテルミヤヒラ 発話音声を用いた骨導音声の伝達特性の分析
鳥谷輝樹北陸先端大)・Peter Birkholzドレスデン工科大)・鵜木祐史北陸先端大EA2017-167 SIP2017-176 SP2017-150
本稿では,骨導音声の伝達特性を明らかにするために,側頭骨・外耳道に到達する骨導音声成分のスペクトル特徴を調べた.まず,5... [more] EA2017-167 SIP2017-176 SP2017-150
pp.355-360
HIP, ASJ-H
(共催)
2018-03-04
09:00
沖縄 那覇市IT創造館 加振信号を用いた骨導音声の伝達特性の分析
鳥谷輝樹北陸先端大)・Peter BirkholzTU Dresden)・鵜木祐史北陸先端大
 [more] HIP2017-107
pp.65-70
SR, SRW, RCS
(併催)
(第二種研究会)
2017-10-23
- 2017-10-24
海外 Grand Hotel Palatino, Rome, Italy [Invited Talk] Efficient Gradient-Based Beam Alignment for Low-Cost mmW Devices
Tobias KadurHisao-Lan ChiangGerhard FettweisTU Dresden
Increasing demand for higher data rate in mobile communicati... [more]
SR, AN, USN, RCS
(併催)
2012-10-17
13:55
福岡 福岡大学 Improved CR Spectrum Sensing Performance with Lower ACLR GFDM Signals
Rohit DattaGerhard FettweisTU DresdenSR2012-46
Generalized Frequency Division Multiplexing (GFDM)
with its... [more]
SR2012-46
pp.61-66
SR, AN, USN, RCS
(併催)
2012-10-17
15:45
福岡 福岡大学 Multi-Antenna LTE detection for Dynamic Spectrum Access: A Proof of Concept
Nicola MichailowTU Dresden)・David DepierreTHALES)・Gerhard FettweisTU DresdenSR2012-50
Detection of occupied frequency bands is the foundation for ... [more] SR2012-50
pp.87-91
EA, SP, SIP
(共催)
2012-05-24
11:10
大阪 大阪大学中之島センター 変調伝達関数に基づいたパワーエンベロープ回復処理における音声区間検出の検討
鵜木祐史北陸先端大)・ル シュガンNICT)・ペトリック リコドレスデン工科大)・森田翔太赤木正人北陸先端大)・ホフマン ルディガードレスデン工科大EA2012-2 SIP2012-2 SP2012-2
本論文では,残響環境における,代表的な音声区間検出(VAD)法の頑健性について検討した.ここでは,信号パワーに関する閾値... [more] EA2012-2 SIP2012-2 SP2012-2
pp.7-12
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2011-11-18
13:45
東京 早稲田大学 HDD狭隘部乱流のレーザープロファイルセンサーによる速度計測
白井克明ドレスデン工科大)・志賀信雄慶大)・ラース ビュットナーユルゲン チャルスケドレスデン工科大)・○小尾晋之介慶大MR2011-19
ハードディスク(HDD)内の流れに関してモデルを用いた実験を行った。モデルはシュラウド開口部およびデータ読み書きのための... [more] MR2011-19
pp.1-8
EA, SIP, SP
(共催)
2011-05-12
13:00
大阪 立命館大学 雑音残響環境下での変調伝達関数に基づくパワーエンベロープ回復処理と音声認識への応用
森田翔太北陸先端大)・ルー シュガンNICT)・鵜木祐史赤木正人北陸先端大)・ホフマン ルディガードレスデン工科大EA2011-7 SIP2011-7 SP2011-7
著者らは,これまでに,雑音残響音声から変調伝達関数(MTF)に基づくパワーエンベロープ回復法を提案してきた.提案法は,室... [more] EA2011-7 SIP2011-7 SP2011-7
pp.37-42
ED 2009-04-23
14:50
宮城 東北大学電気通信研究所 [特別講演]Doped organic semiconductors -- Physics and applications --
Karl LeoTohoku Univ. TU DresdenED2009-4
In the recent years, devices based on organic semiconductors... [more] ED2009-4
pp.15-16
SP 2008-07-17
- 2008-07-19
岩手 岩手県大 頑健で正確なF0推定における室内残響特性の影響について
鵜木祐史北陸先端大)・Rico Petrickドレスデン工科大)・Anish MittalIndian Inst. of Tech.)・Ruediger Hoffmannドレスデン工科大SP2008-43
本論文では,室内音響特性が音声の基本周波数の推定にどのような悪影響を与えるかについて議論する.ここでは,室内音響測定とそ... [more] SP2008-43
pp.1-6
SP 2008-07-17
- 2008-07-19
岩手 岩手県大 残響に頑健な音声認識のための前処理:音声特有の特徴の利用
Rico Petricドレスデン工科大)・Xugang Lu・○鵜木祐史赤木正人北陸先端大)・Ruediger Hoffmannドレスデン工科大SP2008-44
本論文では,残響環境に頑健な音声認識のための二つの前処理法を提案する.従
来法では,残響除去を行うために室内インパルス... [more]
SP2008-44
pp.7-12
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会