お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICD 2008-04-17
15:20
東京 機械振興会館 [パネル討論]大容量フラッシュメモリの可能性を探る ~ 進行するフラッシュ革命のインパクト ~
梶谷一彦エルピーダメモリ)・篠崎直治Spansion)・柿原俊男日立グローバルストレージテクノロジーズ)・神田和重東芝)・小林三千夫Spansion)・佐圓 真日立)・杉林直彦NEC)・竹内 健東大)・塚澤寿夫東芝ICD2008-7
今やフラッシュメモリはDRAMに代わって半導体微細加工技術を牽引し、その結果得られたビットコストの低減と、大規模な投資に... [more] ICD2008-7
pp.37-38
ICD, VLD
(共催)
2007-03-09
13:00
沖縄 メルパルク沖縄 Java言語をベースにしたオブジェクト指向によるLSI設計手法の提案
枡岡正悟寺井裕幸小山 学近畿大)・中原和彦スパンションジャパン)・山田晃久シャープ)・神戸尚志近畿大
近年、RTレベルより抽象度の高い言語を用いたハードウェア設計が広まり、一方でJava言語が組み込みシステムの分野で世界的... [more] VLD2006-147 ICD2006-238
pp.39-44
ICD 2006-04-13
13:50
大分 大分大学 [特別招待講演]金属酸化物抵抗変調型NVM技術
田口眞男スパンシオン
あらまし 物質の抵抗変化現象を用いた不揮発性メモリ技術、特にReRAMと総称される絶縁薄膜の抵抗スイッチ現象を用いた技... [more]
ICD 2006-04-13
16:40
大分 大分大学 [パネル討論]新メモリとSoC,今何をすべきか?
日高秀人ルネサステクノロジ)・田口眞男SPANSION JAPAN)・河原尊之日立)・高島大三郎東芝)・上野修一ルネサステクノロジ)・高田雅史金沢大)・高橋真史東芝
2000年以降、新型メモリ開発ラッシュが続いているが、それらの比較や適するアプリケーションの議論は、ほとんどが単体メモリ... [more] ICD2006-9
p.49
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会