お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 34件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2020-11-26
16:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]文脈付きバンディット学習に基づく無線LANチャネル選択のための特徴抽出手法
山下皐太京大)・神矢翔太郎ソニー)・山本高至京大)・西尾理志東工大)・守倉正博京大SeMI2020-24
 [more] SeMI2020-24
pp.39-42
SID-JC
(共催)
ITE-IDY, EID
(連催) [詳細]
2019-08-02
15:55
東京 機械振興会館 [依頼講演]写真画質を実現する高精細フルカラーリライタブルシート
貝野由利子栗原研一首藤 綾水野 裕大石雄紀亀井隆広野本和正ソニー
 [more]
SDM 2018-10-18
09:30
宮城 東北大学未来情報産業研究館5F [招待講演]ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング熊本テクノロジーセンターでの熊本震災からの教訓
鈴木裕巳熊本大)・上田康弘ソニーSDM2018-57
ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング(株)熊本テクノロジセンターでは、デジタルカメラなどの画像センサーの開発、製造... [more] SDM2018-57
pp.27-30
CQ 2018-01-18
13:00
東京 国立情報学研究所 [招待講演]効率的なDeep Learning開発を実現するNeural Network Libraries/Console
小林由幸成平拓也ソニーCQ2017-91
 [more] CQ2017-91
pp.35-38
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-09
11:25
東京 東海大学 高輪キャンパス [招待講演]ホワイトボックス暗号化技術について ~ 最新の攻撃と安全な構成方法 ~
五十部孝典ソニーグローバル M&OIT2016-102 ISEC2016-92 WBS2016-78
ホワイトボックス暗号化技術は,ハードウェアサポートがない環境において,ソフトウェアのみで秘密鍵
を守る技術である.20... [more]
IT2016-102 ISEC2016-92 WBS2016-78
p.23
ITE-IDY, EID
(連催)
2011-07-14
10:20
東京 機械振興会館 SID報告会 ~ Active-Matrix Devices-I (S15, S35, S49) ~
諸沢成浩ソニーEID2011-2
5月17日から20日までの4日間、米国ロサンゼルスにてSID2011のシンポジウムが開催された。この中から、Active... [more] EID2011-2
pp.3-5
AN, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2011-03-07
14:55
千葉 東邦大学(習志野キャンパス) IEEE 802.11n無線メッシュネットワークのチャネル構成とテストベッドを用いた性能評価
中島幸平新潟大)・岡田 啓埼玉大)・間瀬憲一新潟大)・佐々木武彦渡邊一弘板倉英三郎ソニーAN2010-73
IEEE 802.11n無線LANはチャネルボンディング機能を有しており,通信帯域を20MHzもしくは40MHzに設定す... [more] AN2010-73
pp.109-114
ITE-IDY, EID
(連催)
2010-07-16
10:45
東京 機械振興会館 SID報告会/Active Matrix II
荒井俊明ソニーEID2010-9
 [more] EID2010-9
pp.7-9
OME, EID
(共催)
ITE-IDY
(連催) [詳細]
2010-07-12
13:00
東京 機械振興会館 [招待講演]有機TFT駆動フレキシブル有機ELディスプレイの開発
野田 真小林典仁勝原真央湯本 昭牛倉信一安田亮一平井暢一湯川 弦八木 巌野本和正ソニー
 [more]
SIS 2009-12-17
11:00
京都 京都商工会議所 第2会議室 HF-RFIDにおける3.4Mbps高速伝送技術
福田伸一・○村松広隆井野浩幸ソニーSIS2009-32
13.56MHzキャリアを用いた近距離無線通信(HF-RFID)は電子決済や入退出管理の用途で普及している.さらにノート... [more] SIS2009-32
pp.7-12
ED 2009-06-11
14:30
東京 東京工業大学 べベルブラシ洗浄プロセスの開発
萩本賢哉岩元勇人ソニーED2009-38
 [more] ED2009-38
pp.11-14
AN 2009-05-22
13:45
東京 電気通信大学 メッシュネットワークのためのIEEE 802.11n無線LANインタフェース基本性能評価
藤原知久新潟大)・岡田 啓埼玉大)・間瀬憲一新潟大)・及川智也佐々木武彦板倉英三郎ソニーAN2009-6
本稿ではIEEE 802.11n Draft2.0の規格に準拠した製品の一つを用い,メッシュネットワークにIEEE 80... [more] AN2009-6
pp.29-34
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-10
13:50
北海道 公立はこだて未来大学(函館) ハッシュ関数ファミリーAURORA
岩田 哲名大)・渋谷香士・○白井太三盛合志帆秋下 徹ソニーIT2008-87 ISEC2008-145 WBS2008-100
本稿では, ハッシュ関数ファミリー AURORA を提案する.
AURORA は出力長 224, 256, 384,... [more]
IT2008-87 ISEC2008-145 WBS2008-100
pp.277-286
EMCJ 2008-12-19
13:50
岐阜 岐阜大学 [特別講演]我々のEMCの課題
前島保仁松谷英信ソニーEMCS
 [more]
IE, SIP, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-10-07
14:25
岩手 岩手県民情報交流センター(通称:アイーナ) 暗号化されたビットストリームを用いたディジタルシネマ向けJPEG2000符号化画像の同定法
飯田知教首都大東京)・渡邊 修拓殖大)・福原隆浩ソニー)・貴家仁志首都大東京SIP2008-121 IE2008-85
本稿は,暗号化したJPEG 2000 符号化画像を,暗号を解除することなく画像同定する方法を提案している.ここで,同定と... [more] SIP2008-121 IE2008-85
pp.83-88
EA 2008-03-07
13:40
東京 NTT武蔵野研究センター ヘッドホンおよびイヤホンに対応した新しい測定法の提案
稲永潔文原 毅ソニー)・ガナー ラスムッセンGRAS)・利光平大利光社)・大賀寿郎芝浦工大)・大平郁夫アシダ音響EA2007-118
従来のヘッドホン/イヤホンの測定に用いるカプラには様々なものがあり、測定を行う者が必要に応じ選択し、用いていた。その結果... [more] EA2007-118
pp.37-42
CPM 2007-09-14
14:25
東京 機械振興会館 マイクロリフレクター方式光ディスク
齊藤公博堀籠俊宏宮本浩孝山津久行田部典宏林 邦彦藤田五郎小林誠司工藤孝夫内山 浩ソニーCPM2007-78
体積型記録媒体中に2本の対向する光を同一焦点へ集光させる事によって、回折限界サイズのマイクロリフレクタ(微小ホログラム)... [more] CPM2007-78
pp.7-12
SR 2007-05-24
13:50
東京 電気通信大学 Modified Direct Insertion/Cancellation Method Based Sample Rate Conversion for Software Defined Radio
Anas Muhamad BostamamKeio Univ.)・Yukitoshi SanadaKeio Univ./Sony CSL)・Hideki MinamiSony Corp.SR2007-3
本報告では、直接挿入・削除方式に基づいた新しい分数間隔サンプルレート変換(SRC)法を提案している。この方式は高いサンプ... [more] SR2007-3
pp.13-19
ICD 2007-04-12
14:50
大分 大分県・湯布院・七色の風 バルク型サイリスタを用いた高速動作SRAMセルの開発
杉崎太郎中村元昭柳田将志本田元就篠原光子生田哲也大地朋和釘宮克尚山本 亮神田さおり山村育弘屋上公二郎小田達治ソニーICD2007-9
65nm世代以降、最も一般的に用いられている6T-SRAMは多くの問題に直面している。そこで、我々は6T-SRAMに代わ... [more] ICD2007-9
pp.47-52
NS, IN
(併催)
2007-03-09
10:50
沖縄 沖縄コンベンションセンター スケーラブル映像配信に向けた予測再送制御方式における品質改善効果
内田祐介京大)・砂原 星板倉英三郎ソニー)・増山博之笠原正治高橋 豊京大NS2006-192
インターネット上での映像配信において,パケットの損失を修復しつつ実時間性を確保する技術として,FEC (Forward ... [more] NS2006-192
pp.179-184
 34件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会