お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 75件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2020-12-20
14:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]学習環境のデザイン:人間の望ましい学びを引き出すために
望月俊男専修大TL2020-14
 [more] TL2020-14
pp.11-16
EA 2020-12-14
11:10
ONLINE オンライン開催 マルチコプター型ドローンに装着した小型マイクロホンにおける同軸2極ナルビームフォーミングの可能性と性能検証 ~ 安価で軽量な収音方法の試み ~
金子 格名古屋市大)・諏訪部翔平佐々木一樹専修大EA2020-50
マルチコプター型ドローンに装着したマイクロホンを用いた収音で、ローター音を低減する方法を検討している.マイクロホンをドロ... [more] EA2020-50
pp.25-30
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-30
17:35
ONLINE オンライン開催 双曲空間を利用した未学習クラスデータの検出
田足井昇太専修大)・芦原佑太日大/Glia Computing)・青木賢治Glia Computing)・大澤正彦日大/専修大NC2020-27
多くのDeep Learningの手法は,訓練データセットと,テストデータセットが同じクラス空間からサンプリングされるこ... [more] NC2020-27
pp.100-105
HCS 2020-01-26
12:00
大分 J:COM ホルトホール大分 407会議室 (大分県大分市) 言語レジスター理解の発達メカニズムの検討
池田彩夏専修大)・白野陽子自治医科大)・浅田晃佑白鴎大)・池田尚広山形崇倫平井真洋自治医科大HCS2019-74
私たちは、自分が置かれた状況に適した言動を取ることを求められている。その行動調整の1つが相 手に合わせた話し方(i.... [more] HCS2019-74
pp.117-122
HCS 2020-01-26
14:00
大分 J:COM ホルトホール大分 407会議室 (大分県大分市) 自閉症スペクトラム障害児を対象とした社会的相互作用中のライブ視線反応計測
白野陽子自治医科大)・直井 望国際基督教大)・池田彩夏専修大)・浅田晃佑白鴎大)・皆川泰代慶大)・池田尚広山形崇倫平井真洋自治医科大
 [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) カワウソの移動軌跡に基づくインタラクションの予備的な検討
戸田優斗小堀雄貴天野亮太傳田匠吾阪電通大)・大北 碧澤 幸祐専修大)・高橋英之阪大)・恩田紀代子土井啓行海遊館)・小森政嗣阪電通大
動物園で飼育されている3頭のコツメカワウソ(Aonyxcinerea)の移動軌跡をもとに,3匹の行動の影 響関係を検討... [more]
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2019-05-17
15:10
沖縄 沖縄産業支援センター 裏切り者は左側を向けて笑う
大久保街亜石川健太専修大HCS2019-23 HIP2019-23
裏切り者は,左顔を相手に見せることで見た目の信頼感を上昇させることがこれまでの研究で示されてきた.本研究では,裏切り者が... [more] HCS2019-23 HIP2019-23
pp.197-200
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-07
10:20
東京 電気通信大学 f-ダイバージェンスを誤差尺度とした二次情報源Resolvabilityレート
野村 亮専修大IT2018-91 ISEC2018-97 WBS2018-92
 [more] IT2018-91 ISEC2018-97 WBS2018-92
pp.97-102
TL 2018-07-28
16:40
東京 慶応大学 [ポスター講演]Acquisition of passive sentences by Japanese children -- An eye-tracking study of 2-3-year-olds --
Reiko OkabeSenshu Univ.)・Miwa IsobeTUA)・Yukino KobayashiNTUT)・Tomoko MonouMejiro Univ.)・Shigeto KawaharaKeio Univ.TL2018-31
 [more] TL2018-31
pp.93-97
TL 2018-07-29
11:40
東京 慶応大学 Acquisition of the takete-maluma effects by Japanese speaker: A cross-sectional study
Yukino KobayashiNTUT)・Miwa IsobeTUA)・Shigeto KawaharaKeio Univ.)・Tomoko MonouMejiro Univ.)・Reiko OkabeSenshu Univ.)・Kazuhiro AbeYasuyo MinagawaKeio Univ.TL2018-36
 [more] TL2018-36
pp.115-116
IT 2018-07-20
14:20
奈良 やまと会議室 f-ダイバージェンスの部分クラスと情報源Resolvability
野村 亮専修大IT2018-25
情報源Resolvability問題とは,任意に与えられた情報源に対して,可能な限り小さなサイズの一様乱数を用いてその情... [more] IT2018-25
pp.73-78
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2018-05-22
13:00
沖縄 沖縄産業支援センター 勝利者の横顔 ~ 表彰場面におけるポーズの左右差 ~
大久保街亜専修大HCS2018-23 HIP2018-23
感情を強く表出するように求められると顔の左側を観察者に向けるのに対し,感情を隠すように求められると顔の右側を向けるポーズ... [more] HCS2018-23 HIP2018-23
pp.153-156
EMD 2017-11-17
10:05
東京 電気通信大学 A Study of a Transient Current Switch Circuit Device of DC48V/100A for Suppressing Electrical Surge and Arc Ignition with Large Inductive Loads
Hiroaki TamuraShigeaki ShingyochiNIDEC COPAL ELECTRONICS)・Noboru WakatsukiIshinomaki Senshu Univ.EMD2017-43
We fabricated the TCS circuit device that could perform curr... [more] EMD2017-43
pp.1-6
NLP 2017-11-06
15:40
宮城 東北大学電気通信研究所 ナノ・スピン総合研究棟 カンファレンスルーム A40 カオス・ニューラルネットワークを用いた乱数発生器のAndroid端末への実装
劉 忠達石巻専修大)・村上 武川村 暁吉田等明岩手大NLP2017-84
 [more] NLP2017-84
pp.107-112
IT 2017-09-08
10:50
山口 セントコア山口 微少な誤り確率を許容する可変長符号化における楽観的符号化定理
野村 亮専修大)・八木秀樹電通大IT2017-42
 [more] IT2017-42
pp.21-26
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2017-05-16
14:55
沖縄 沖縄産業支援センター どちらの顔が魅力的か? ~ 左右、文脈、表情の効果 ~
大久保街亜石川健太専修大HCS2017-10 HIP2017-10
 [more] HCS2017-10 HIP2017-10
pp.91-94
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-10
12:10
東京 東海大学 高輪キャンパス 微少な誤り確率を許容する可変長符号化におけるオーバーフロー確率について
野村 亮専修大)・八木秀樹電通大IT2016-126 ISEC2016-116 WBS2016-102
可変長符号化において符号長が与えられたしきい値を超える確率はオーバーフロー確率と呼ばれ,従来オーバーフロー確率に関する種... [more] IT2016-126 ISEC2016-116 WBS2016-102
pp.173-178
IA 2016-11-03
14:45
海外 台北(台湾) Raspberry Gateの設計と実装 ~ IoT時代に資するセキュリティゲートウェイの構築 ~
大野浩之金沢大)・鈴木裕信専修大)・北口善明金沢大IA2016-30
(準備中) [more] IA2016-30
pp.21-26
EMD 2016-11-04
09:30
兵庫 淡路夢舞台国際会議場 A circuit device of 400V/30A for suppressing electrical surge and arc ignition
Hiroaki TamuraShigeaki ShingyochiCOPAL ELECTRONICS)・Hironari SyojiKentaro OhashiNippon Chemi-Con)・Noboru WakatsukiIshinomaki Senshu Univ.EMD2016-58
 [more] EMD2016-58
pp.47-51
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2016-05-18
10:25
沖縄 沖縄産業支援センター 選択的セロトニン再取り込み阻害薬服用履歴が日内活動量パタンに及ぼす影響の予備的検討
小窪久美子阪電通大)・田中恒彦新潟大)・岩佐和典就実大)・澤 幸祐専修大)・角谷 寛滋賀医科大)・小森政嗣阪電通大HCS2016-6 HIP2016-6
これまでの研究から,鬱病と双極性障害の違いは日内活動量パタンと関連していることが示されている.このことは,活動量パタンが... [more] HCS2016-6 HIP2016-6
pp.29-34
 75件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会