お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2016-04-22
13:35
青森 弘前市・星と森のロマントピア Experiment of Massive MIMO Beamforming in High Mobility Environment for 5G Super Wideband Transmission Using 28 GHz Band
Tatsunori ObaraYuki InoueNTT DOCOMO)・Yuuichi AokiSamsung Electronics)・Satoshi SuyamaNTT DOCOMO)・Jaekon LeeSamsung Electronics)・Yukihiko OkumuraNTT DOCOMORCS2016-19
 [more] RCS2016-19
pp.105-110
RCS 2015-04-17
14:25
大分 湯布院・湯布郷館 Experimental Trial for 5G Systems Using 28 GHz Band -Part I-
Tatsunori ObaraTatsuki OkuyamaNTT DOCOMO)・Yuuichi AokiSamsung Electronics)・○Satoshi SuyamaJiyun ShenNTT DOCOMO)・Jaekon LeeSamsung Electronics)・Yukihiko OkumuraNTT DOCOMORCS2015-20
 [more] RCS2015-20
pp.107-112
RCS 2015-04-17
14:50
大分 湯布院・湯布郷館 Experimental Trial for 5G Systems Using 28 GHz Band -Part II-
Tatsunori Obara・○Tatsuki OkuyamaNTT DOCOMO)・Yuuichi AokiSamsung Electronics)・Satoshi SuyamaJiyun ShenNTT DOCOMO)・Jaekon LeeSamsung Electronics)・Yukihiko OkumuraNTT DOCOMORCS2015-21
 [more] RCS2015-21
pp.113-118
RCS 2014-10-16
14:15
神奈川 慶應義塾大学 [依頼講演]5G Mobile Communications for 2020 and Beyond -- Vision and Key Enabling Technologies --
Yuuichi AokiSamsungRCS2014-169
サムスンは,第5世代移動体通信のキープレイヤーとなるべく,2011年から5G技術の研究を開始した.本講演では,我々の5G... [more] RCS2014-169
pp.75-80
MoNA 2014-07-30
11:20
愛知 愛知工科大学 CSKを応用したディスプレイ-カメラ間通信システムの試作と性能評価
水野宏基サムスン日本研)・チェ サンオンサムスン電子)・横井敦也サムスン日本研MoNA2014-27
CSK(Color Shift Keying)は,2011年にIEEE802.15.7で標準化された可視光通信の変調方式... [more] MoNA2014-27
pp.63-68
SDM, ED
(共催)
(ワークショップ)
2012-06-27
08:50
沖縄 沖縄県青年会館 [基調講演]TCAD challenges and opportunities for predictive development
Yongwoo Kwon・○Dae Sin KimYoung-Kwan ParkSamsung Electronics
 [more]
SDM, ED
(共催)
(ワークショップ)
2012-06-29
10:15
沖縄 沖縄県青年会館 Novel Tunneling Field-Effect Transistor with Sigma-shape Embedded SiGe Sources and Recessed Channel
Min-Chul SunSNU and SEC)・○Sang Wan KimGaram KimHyun Woo KimHyungjin KimJong-Ho LeeHyungcheol ShinByung-Gook ParkSNU
A novel tunneling field-effect transistor (TFET) featuring t... [more]
ED, SDM
(共催)
2010-06-30
17:00
東京 東工大 大岡山キャンパス A Sub-Harmonic RF Transmitter Architecture with Simultaneous Power Combination and LO Leakage Cancellation
Bongsub SongSogang Univ.)・Dohyung KimSamsung Electronics)・Jinwook BurmSogang Univ.ED2010-74 SDM2010-75
 [more] ED2010-74 SDM2010-75
pp.101-104
ICD, VLD
(共催)
2007-03-07
15:40
沖縄 メルパルク沖縄 ハードウェア設計における設計資産の仕様記述およびその検証手法
石川悠司東大)・SeongWoon Kangサムスン)・李 蓮福東大)・GiLark Parkサムスン)・渡邊翔太瀬戸謙修小松 聡東大)・浜村博史サムスン)・藤田昌宏東大
 [more] VLD2006-113 ICD2006-204
pp.43-48
ICD, VLD
(共催)
2007-03-07
16:00
沖縄 メルパルク沖縄 設計再利用のためのIPライブラリ検索システム
李 蓮福東大)・GiLark ParkSAMSUNG)・石川悠司東大)・SeongWoon KangSAMSUNG)・渡邊翔太瀬戸謙修小松 聡東大)・浜村博史SAMSUNG)・藤田昌宏東大
 [more] VLD2006-114 ICD2006-205
pp.49-54
SR 2006-11-30
10:20
北海道 北海道大学 ミキサのIQインバランスを改善するための一検討
岸 孝彦佐藤隆裕杉浦 毅サムスン)・李 ウヨンサムスン電子SR2006-52
無線通信の高速化に伴いフロントエンドにおける信号劣化の低減が求められ,特にIQ インバランスの改善が着目されている.Ze... [more] SR2006-52
pp.75-81
ICM, NS, CQ
(併催)
2005-11-18
15:45
島根 くにびきメッセ(松江市) ホームネットワークサービス向けサービスシナリオ記述フレームワークのエミュレータ開発
山崎達也NICT)・Dongseop KwonSAMSUNG)・沢田篤史美濃導彦京大/NICT
これまで我々は家電,センサ,ロボットなどのアプライアンスがその機能を互いに協調させてサービス構築を行うメカニズムを提供す... [more] CQ2005-78
pp.61-66
AI 2005-10-21
15:10
京都 アピカルイン京都 Checking Liveness Properties of Concurrent Systems by Using Reinforcement Learning
Tadashi AraragiNTT)・Seung Mo ChoSamsung
 [more] AI2005-19
pp.25-30
ICD 2005-04-14
10:00
福岡 福岡システムLSI 総合開発センター A 256Mb Synchronous Burst DDR SRAM using Single-crystal Silicon Thin Film Transisitor (SSTFT) SRAM cell
Youngho SuhHyouyoun NamYoungdae LeeHungiun AnSangbeom KangByunggil ChoiHoon LimChoongkeun KwakHyunguen ByunSamsung
 [more] ICD2005-3
pp.13-17
ICD 2005-04-14
14:00
福岡 福岡システムLSI 総合開発センター A 196-mm2, 2-Gb DDR2 SDRAM using an 80-nm Triple Metal Technology
Jeong Hoon kookKyehyun KyungChiwook KimJaeyoung LeeSamsung
 [more] ICD2005-7
pp.35-36
ICD 2005-04-14
15:15
福岡 福岡システムLSI 総合開発センター Improved write methods for 64Mb Phase-change Random Access Memory (PRAM)
Hyung-rok OhBeak-hyung ChoWoo Yeong ChoSangbeom KangByung-gil ChoiHye-jin KimKi-sung KimDu-eung KimChoong-keun KwakHyun-geun ByunGi-tae JeongHong-sik JeongKinam KimSamsung
 [more] ICD2005-9
pp.43-45
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会