お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NC, NLP
(併催)
2021-01-21
12:05
ONLINE オンライン開催 大気変数を用いた降水量推定の検討
伊藤隆徳尼崎太樹石田 桂木山真人飯田全広熊本大NC2020-34
本論文では,ConvLSTMを使用したSR用モデルを作成し,降水量データの高解像度化を行った.
関連研究のSRCNNを... [more]
NC2020-34
pp.13-17
EA, ASJ-H
(共催)
2020-07-20
13:00
ONLINE オンライン開催 機械学習による非可聴音通信システムにおける信号音識別に関する一検討
尾関剛成青木直史穴沢早紀土橋宜典北大)・池田研一安田 寛スマート・ソリューション・テクノロジーEA2020-1
本研究では,音信号の非可聴域である高周波帯域に情報を埋め込み,データ通信を行うシステムを提案している.音通信で扱う信号は... [more] EA2020-1
pp.1-6
EA, ASJ-H
(共催)
2020-07-20
13:50
ONLINE オンライン開催 U-Netを用いた非可聴音通信システムにおける雑音低減に関する一検討
穴沢早紀青木直史尾関剛成土橋宜典北大)・池田研一安田 寛スマート・ソリューション・テクノロジーEA2020-3
本研究は,人間の聴覚では聞こえない高周波帯域を使って2値符号を伝送する音波通信における雑音低減の一手法として,機械学習に... [more] EA2020-3
pp.13-17
SANE 2018-08-24
16:15
東京 電子航法研究所 [特別講演]宇宙旅行産業が要求する広範囲な技術開発
パトリック コリンズ日本宇宙旅行協会SANE2018-43
 [more] SANE2018-43
pp.57-60
MSS, NLP
(併催)
2018-03-13
13:00
大阪 大阪大学豊中キャンパス 2重巻ネイマルク・サッカー分岐と2つの2-トーラスの共存part 3
池上知毅明大)・関川宗久宇都宮大)・スタンケヴィチ ナタリアSSTU)・稲葉直彦遠藤哲郎明大NLP2017-105
筆者らは,前報告において,不変3次元トーラスを発生する離散力学系において,アーノルドタンが不変1次元トーラスアーノルドタ... [more] NLP2017-105
pp.19-24
SITE, EMM, ISEC, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2017-07-15
14:15
東京 内田洋行東京本社ショールーム 次世代シーケンサーデータへの情報埋め込み
高木基成SSTISEC2017-34 SITE2017-26 ICSS2017-33 EMM2017-37
本研究では,次世代シーケンサー(Next Generation Sequencer:NGS)と呼ばれる生命情報解析機器か... [more] ISEC2017-34 SITE2017-26 ICSS2017-33 EMM2017-37
pp.253-258
RCS, RCC, ASN, NS, SR
(併催)
2016-07-22
11:40
愛知 名古屋工業大学 ソーシャル推薦システムにおける次数分布に基づく友人推奨方式
張 錦程上海理工大)・浦山康洋橘 拓至福井大NS2016-71
Amazonなどのオンラインサービスに関して, ソーシャルネットワーク上の友人関係に基づいてユーザへ商品を推薦するソーシ... [more] NS2016-71
pp.109-112
IBISML 2010-06-15
15:25
東京 東大武田ホール New Feature Selection Method for Reinforcement Learning -- Conditional Mutual Information Reveals Implicit State-Reward Dependency --
Hirotaka HachiyaMasashi SugiyamaTokyo Insst. of Tech.IBISML2010-21
Model-free reinforcement learning (RL) is a machine learning... [more] IBISML2010-21
pp.139-146
SS 2009-03-03
10:00
佐賀 佐賀大学本庄キャンパス x86版DRACULAのバグ修復と予備評価
大菅星哉東工大)・田原貴光NEC)・権藤克彦東工大SS2008-55
 [more] SS2008-55
pp.43-48
US 2008-11-27
16:30
静岡 東海大学(清水校舎1号館2階会議室B) [招待講演]SAWストリーミングの研究 ~ SAWによる液体流動・飛翔・霧化・発熱 ~
塩川祥子SAW&SPR-Tech)・近藤 淳静岡大US2008-66
20年前に我々は、Rayleighタイプの弾性表面波(R-SAW)伝搬面上に水を負荷すると水が流動、飛翔、霧化することを... [more] US2008-66
pp.29-34
IA 2007-07-19
17:15
京都 京都女子大学 J校舎5階会議室1 (J501) モバイルPANにおける高速メディアストリーム制御の実現
峰野博史静岡大)・福家義英STNet)・吉田瑞輝水野忠則静岡大IA2007-20
昨今,NGN や固定系端末と移動系端末の通信を連携するFMC が注目されている.本稿では,ブロードバンドで接続されたホー... [more] IA2007-20
pp.61-66
MBE 2007-05-25
13:45
富山 富山大学工学部 筋疲労状態の推移を評価するグラフィカルユーザインタフェースの開発
市島洋輔木竜 徹新潟大MBE2007-9
本研究では,スクワット運動とマシン負荷を用いた屈曲伸展運動を計測対象とし,この2種類の運動中の表面筋電図を計測した.表面... [more] MBE2007-9
pp.33-36
MBE 2007-05-25
14:50
富山 富山大学工学部 ウエアラブルユニットによる運動中の生体機能のオンサイト評価
渡邉大輔木竜 徹新潟大MBE2007-11
近年,健康志向の高まりにより様々な健康増進機器の開発がされている.それに伴い,生体信号の計測機能と健康増進機器の負荷やア... [more] MBE2007-11
pp.41-44
MBE 2007-05-25
15:15
富山 富山大学工学部 自己組織化マップを用いた評価によるアシスト比可変自転車の生体機能への効果
大滝将司木竜 徹新潟大MBE2007-12
現在のアシスト付き自転車はトルクや車両速度といった車両情報のみによる制御であり,生体情報を考慮していない.そこで,本研究... [more] MBE2007-12
pp.45-48
EMCJ 2005-09-08
15:00
京都 京都大学吉田キャンパス 30MHzから1000MHzにおける測定用EUT設置台の影響
宮田邦行富士通)・村松秀則NECアクセステクニカ)・河野次郎VCCI協会
卓上型の電子機器の放射雑音測定では、 非伝導机にEUTを設置し測定することが定義されているが、この非伝導机 (EUT設置... [more] EMCJ2005-61
pp.13-17
EMCJ 2005-09-08
15:35
京都 京都大学吉田キャンパス 放射妨害波測定に用いるVHF帯用擬似電源回路網の調査
村松秀則NECアクセステクニカ)・山口正徳富士通経営研修所)・河野次郎VCCI協会
放射妨害波測定場における供試装置用電源の各相と金属大地面のインピーダンスは、周波数により大きく変化しており、供試装置の電... [more] EMCJ2005-62
pp.19-24
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会