お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1~20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
KBSE 2022-01-21
13:00
ONLINE オンライン開催(Zoom) キーワードと文法解析を用いた日本語要求関連文書からのソフトウェア要求文の抽出
小川貴史大森隆行大西 淳立命館大KBSE2021-39
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] KBSE2021-39
pp.20-25
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2021-07-09
11:25
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 日本語要求文書からの非機能要求の抽出と検証
木下貴文大森隆行大西 淳立命館大SS2021-9 KBSE2021-21
要求文書中の非機能要求を抽出し,要求の誤りを判定する.非機能要求の抽出法は,キーワードを 設定し,要求文書に適用して,... [more] SS2021-9 KBSE2021-21
pp.46-51
MI 2020-09-03
11:45
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]Coarse-to-Fine Cephalometric Landmark Detection Using a Deep Learning Method
Yu SongRitsumeikan Univ.)・Xu QiaoSDU.)・Yutaro IwamotoYen-wei ChenRitsumeikan Univ.MI2020-26
 [more] MI2020-26
pp.39-41
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2018-03-06
09:00
栃木 鬼怒川温泉ホテル 改正通信傍受法が定める傍受装置の暗号利用の不整合および改善されたシステムの提案
小坂谷 聡上原哲太郎立命館大SITE2017-70 IA2017-81
 [more] SITE2017-70 IA2017-81
pp.137-140
MI, MICT
(共催)
2016-09-16
09:20
東京 東京農工大学 小金井キャンパス 科学博物館3F 講堂 Deep CNNsにおけるKサポート階層的プーリング法およびHEp-2細胞認識への応用
韓 先花産総研)・陳 延偉立命館大MICT2016-33 MI2016-47
 [more] MICT2016-33 MI2016-47
pp.1-6
SS 2016-03-10
09:50
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 シナリオ部品の統合化とシナリオ作成支援
高木庫平・○大西 淳立命館大SS2015-78
シナリオを用いてシステムの要求獲得を行う場合,多くのシナリオが必要となる.シナリオの品質と生産性を向上させるため,シナリ... [more] SS2015-78
pp.13-18
SS, MSS
(共催)
2016-01-25
13:35
石川 しいのき迎賓館 セミナールームB 機能要求部品を用いた要求仕様作成支援ツールの開発
小島賢也大森隆行糸賀裕弥大西 淳立命館大MSS2015-42 SS2015-51
ソフトウェア開発を円滑に進めるためには要求仕様が正確,効率的に作成される必要がある.先行研究において,部品を組み合わせる... [more] MSS2015-42 SS2015-51
pp.41-46
SS 2013-01-11
09:00
沖縄 沖縄県石垣市民会館 ソフトウェア文書の抽象化に関する一考察
里中真人伊豫田善隆・○大西 淳立命館大
開発済の高品質なソフトウェア文書を再利用することによって,新規に開発するソフトウェア文書の生産性を向上させるとともに,文... [more] SS2012-53
pp.43-48
KBSE 2012-11-22
16:40
石川 金沢大学 (角間キャンパス) 要求仕様の部品化による要求仕様作成支援手法
伊豫田善隆大西 淳立命館大KBSE2012-48
ソフトウェア開発において,要求仕様は効率よく作成される必要がある.しかし,開発するシステムの規模が大きくなると,要求仕様... [more] KBSE2012-48
pp.61-66
KBSE, SS
(共催)
2012-07-27
13:00
北海道 公立はこだて未来大学 例外イベント列の正常シナリオへの組み込み支援手法
大西 淳立命館大SS2012-12 KBSE2012-14
シナリオを用いた要求獲得では開発対象システムの振舞いを明らかにするために,正常な振舞いだけでなく,例外時の振舞いもシナリ... [more] SS2012-12 KBSE2012-14
pp.13-18
SS 2012-03-13
09:50
沖縄 てんぶす那覇 日本語シナリオからのシーケンス制御プログラム生成支援
塩田英二・○大西 淳立命館大SS2011-59
シーケンス制御プログラムは工作機械,組み立て機械,ベルトコンベアシステムなどの産業機器の制御や,自動販売機,信号システム... [more] SS2011-59
pp.13-18
SS 2011-03-07
15:20
沖縄 沖縄県青年会館 差分シナリオを用いたシナリオ検索支援
吉田裕作・○大西 淳立命館大SS2010-64
シナリオを利用したシステム開発では,システム全体の振る舞いを明確にするために多くのシナリオを作成する必要がある.過去に作... [more] SS2010-64
pp.67-72
KBSE 2008-11-27
15:15
福岡 福岡工業大学 要求オントロジーを用いた要求の品質特性の向上支援
Dang Viet Dzung大西 淳立命館大KBSE2008-27
要求オントロジーを利用した要求獲得手法REOを提案しているが,獲得した要求の品質が分析者の能力に依存するという問題があっ... [more] KBSE2008-27
pp.25-30
KBSE 2007-11-19
13:30
福岡 九州産業大学 ビジュアルな要求の変更管理支援
金森祐紀大西 淳立命館大KBSE2007-27
データフロー要求を視覚的にわかりやすく記述したビジュアルな要求の変更管理手法を提案する.ビジュアルな要求のリビジョン間の... [more] KBSE2007-27
pp.1-6
KBSE 2007-11-19
14:10
福岡 九州産業大学 シナリオの部品化とそれを用いたシナリオ作成支援
鎌石 翼大西 淳立命館大KBSE2007-28
部品化したシナリオを用いたシナリオの作成支援手法を提案する.本手法は(1)既存のシナリオからシナリオ部品を作成するプロセ... [more] KBSE2007-28
pp.7-12
KBSE 2007-09-11
11:20
海外 クアラルンプール 要求オントロジーを用いた要求仕様化支援
杉本晃一小笠原 潔・○大西 淳立命館大KBSE2007-23
特定の問題領域に属するソフトウェア要求に関する知識を体系化した要求オントロジーを用いて,要求を獲得する手法REO(Req... [more] KBSE2007-23
pp.49-54
SS 2007-08-02
15:15
北海道 北海道大学 シナリオ分類支援ツール:シナリオマップ
柳川 覚・○大西 淳立命館大SS2007-19
シナリオを用いたシステム開発では,システムの振舞いを明らかにするためにシナリオが用いられる.システムには,通常複数の正常... [more] SS2007-19
pp.19-24
KBSE 2006-11-24
15:40
沖縄 琉球大学工学部 オントロジーを用いた要求獲得手法の評価
大西 淳立命館大)・加藤潤三フリーコンサルタント
特定分野に属するソフトウェア要求に関する知識を体系化したオントロジーを用いて,要求を獲得する手法を紹介し,比較実験を通し... [more] KBSE2006-36
pp.25-30
SS 2005-04-21
14:10
和歌山 和歌山県立情報交流センター オントロジーを用いた要求獲得支援手法:REO
友田英孝・○大西 淳立命館大
ソフトウェア要求の質は要求分析者の能力や対象分野の知識(以降,ドメイン知識)の程度に依存し,ドメイン知識を十分に持たない... [more] SS2005-3
pp.13-18
SS 2005-03-14
15:15
石川 北陸先端大 情報棟5Fコラボ7 AHPを用いたゴール指向要求分析支援
井上陽晴・○大西 淳立命館大
ゴール指向要求分析は,システムが達成すべき目標を徐々に詳細化し要求を獲得する手法であり,ステイクホルダの目標を満たす要求... [more] SS2004-60
pp.25-30
 20件中 1~20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会