お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RECONF 2022-06-07
16:45
茨城 筑波大学計算科学研究センター
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
FPGAクラスタESSPERにおけるFPGA間通信速度の予備評価
境 琳太郎中原康宏熊本大/R-CCS))・佐野健太郎R-CCS)・飯田全広熊本大/R-CCS)RECONF2022-11
本研究では FPGA クラスタ ESSPER を想定した FPGA 間での通信速度を評価する.ESSPER は高性能計
... [more]
RECONF2022-11
pp.48-49
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-24
16:45
ONLINE オンライン開催 FPGAクラスタ向けCNN推論用アクセラレータの一検討
境 琳太郎中原康宏熊本大/理研R-CCS)・佐野健太郎理研R-CCS)・飯田全広熊本大/理研R-CCSVLD2021-60 CPSY2021-29 RECONF2021-68
本研究ではFPGAクラスタ上でCNNの処理を高速化するCNNアクセラレータを提案する.FPGA毎に処理を分散,並列化する... [more] VLD2021-60 CPSY2021-29 RECONF2021-68
pp.61-66
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2022-01-25
14:05
ONLINE オンライン開催 Initial Design and Evaluation of RIKEN CGRA: Data-Driven Architecture for Future HPC
Boma AdhiCarlos CortesYiyu TanR-CCS)・Takuya KojimaTokyo Univ.)・Artur PodobasKTH)・Kentaro SanoR-CCSVLD2021-71 CPSY2021-40 RECONF2021-79
 [more] VLD2021-71 CPSY2021-40 RECONF2021-79
pp.126-131
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-25
09:50
ONLINE オンライン開催 FDTD法による音響シミュレーションのためのストリーム計算ハードウェアの設計と評価
多田大希北陸先端大)・上野知洋小柴篤史佐野健太郎理研)・河野隆太井口 寧北陸先端大VLD2020-41 CPSY2020-24 RECONF2020-60
FDTD(Finite Difference Time Domain)法は、電磁界解析や音響シミュレーションなどに広く使... [more] VLD2020-41 CPSY2020-24 RECONF2020-60
pp.13-18
RECONF 2020-09-10
13:55
ONLINE オンライン開催 Stratix 10 FPGAクラスタにおける格子ボルツマン法のパイプライン並列化と性能評価
小柴篤史上野知洋佐野健太郎理研RECONF2020-20
我々はハイエンドFPGAであるIntel Stratix 10を用いたFPGAクラスタの研究開発および大規模計算の高速化... [more] RECONF2020-20
pp.7-12
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2019-01-31
15:55
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 Lattice-Boltzmann MethodのIntel Programmable Accelerator Cardへの実装と評価
宮島敬明上野知洋佐野健太郎理研VLD2018-92 CPSY2018-102 RECONF2018-66
我々は複数の FPGA を用いた高性能ストリーム計算のための共通プラットフォームの構築を目指し、研究開発を行っている。 ... [more] VLD2018-92 CPSY2018-102 RECONF2018-66
pp.125-130
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会