お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 274件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2021-03-04
14:55
ONLINE オンライン開催 局所領域に着目したMulti-stream Neural Networksによる手話単語認識
丸山瑞己阪府大)・Shuvozit GhoseIIT)・井上勝文阪府大)・Partha Pratim RoyIIT)・岩村雅一吉岡理文阪府大PRMU2020-78
近年,手話認識に関する研究が広く行われおり,様々なアプローチが提案されている.中でも,行動認識のタスクのために提案された... [more] PRMU2020-78
pp.53-58
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
SeMI
(連催) [詳細]
2021-03-02
14:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]VR空間内でTrail Making Testを実現する注意機能測定アプリケーションの提案と評価
中村弓夏菅野正嗣中岡和代内藤泰男阪府大SeMI2020-67
代表的な注意機能検査法であるTrail Making Test (TMT)は紙と鉛筆のみで簡易に検査できる利点がある一方... [more] SeMI2020-67
pp.57-62
IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(共催)
SeMI
(連催) [詳細]
2021-03-02
14:30
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]VRを用いた視空間認知機能改善のためのお絵描きアプリの提案
山本純佳菅野正嗣中岡和代内藤泰男阪府大SeMI2020-69
認知症や脳卒中などの中枢神経障害でよく見られる視空間認知障害は、視力が障害されていないにもかかわらず、顔や物品の認識や物... [more] SeMI2020-69
pp.67-70
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2021-02-19
17:00
ONLINE オンライン開催 マルチコアファイバリンクにおける光中継器の消費電力
小野浩孝湘南工科大)・山田 誠阪府大OCS2020-48 OPE2020-97
 [more] OCS2020-48 OPE2020-97
pp.26-31(OCS), pp.100-105(OPE)
NS, NWS
(併催)
2021-01-22
13:30
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]ステルス性の高いDNS水責め攻撃に対する検知・防御手法の提案
長谷川圭太近藤大嗣戸出英樹阪府大NS2020-116
Distributed Denial of Service (DDoS) 攻撃は大きな社会問題であり,実際の攻撃事例の ... [more] NS2020-116
pp.31-36
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2020-12-10
14:30
ONLINE オンライン開催 視覚障害者への3D模型提供サービス ~ サービス利用とアンケートの分析 ~
渡辺哲也新潟大)・南谷和範大学入試センター)・岩村雅一阪府大WIT2020-19
視覚障害者が知りたいものをいつでもどこでも自由に手に入れ触れられる社会」の実現の一環として,視覚障害者の要望に応じた3D... [more] WIT2020-19
pp.7-12
LQE, CPM, ED
(共催)
2020-11-27
15:40
ONLINE オンライン開催 プラズモニックナノ共振器による高効率発光と量子デバイスへの応用
岡本晃一垣内晴也島ノ江考平村尾文弥松山哲也和田健司阪府大)・船戸 充川上養一京大ED2020-25 CPM2020-46 LQE2020-76
金属ナノ構造によるプラズモニックナノ共振器と共鳴することで,励起子の自然放出速度が増加し高効率発光が得られる.表面プラズ... [more] ED2020-25 CPM2020-46 LQE2020-76
pp.95-98
NLP 2020-09-10
13:50
ONLINE オンライン開催 周波数差のある発振器で構成される完全二部グラフネットワークに生じる振動停止現象
水上慎祐小西啓治阪府大)・杉谷栄規茨城大)・原 尚之阪府大NLP2020-27
 [more] NLP2020-27
pp.30-31
NLP 2020-09-10
14:15
ONLINE オンライン開催 結合方向の時間的変化を伴う格子状ネットワークにおける遅延結合発振器群の振動抑制
岩本 哲小西啓治阪府大)・杉谷栄規茨城大)・原 尚之阪府大NLP2020-28
 [more] NLP2020-28
pp.32-33
CCS, NLP
(共催)
2020-06-05
16:15
ONLINE オンライン開催 Koopman Mode Decomposition of 3D Temperature-field Data in a Room
Alexandre Ratieuville-OgierOsaka Pref. Univ.)・Yoshihiko SusukiOsaka Pref. Univ./JST PRESTO)・Atsushi IshigameOsaka Pref. Univ.NLP2020-21 CCS2020-11
 [more] NLP2020-21 CCS2020-11
pp.49-54
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2020-03-02
11:00
ONLINE オンライン開催 眼鏡型ウェアラブルデバイスを用いた「ながら学習」における集中力の調査
前田和樹菅野正嗣阪府大SeMI2019-120
最近の学生は音楽を聴きながら勉強をする「ながら学習」を行っている者が多い。ながら学習による 影響には様々な意見があげられ... [more] SeMI2019-120
pp.13-17
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2020-03-02
14:50
ONLINE オンライン開催 VRとモーションセンサを活用した上肢位置感覚のリハビリテーションの検証
小倉真緒菅野正嗣阪府大)・谷 隆博関本充史桑原英生竹島隆太かなえるリンク)・高畑進一中岡和代阪府大SeMI2019-125
 [more] SeMI2019-125
pp.107-112
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2020-03-02
15:15
ONLINE オンライン開催 眼球運動の向上を目指した視線追跡を用いたVRアプリケーションの開発
小野明大菅野正嗣阪府大)・谷 隆博関本充史桑原英生竹島隆太かなえるリンク)・高畑進一中岡和代阪府大SeMI2019-126
 [more] SeMI2019-126
pp.113-117
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2020-03-03
14:05
ONLINE オンライン開催 エナジーハーベストを活用したセンサネットワークアーキテクチャの検討
杵川翔太菅野正嗣阪府大SeMI2019-139
エナジーハーベストとは,周囲の環境からエネルギーを獲得することである.この技術を使ったワイヤレスセンサネットワークは,従... [more] SeMI2019-139
pp.281-286
ED 2019-11-22
09:25
東京 機械振興会館 放射線環境下のセンサ出力を伝送する線路において生成するガンマ線励起電流の評価
後藤康仁京大)・奥野泰希原子力機構)・佐藤信浩京大)・秋吉優史阪府大)・今泉 充JAXA)・小林知洋理研)・岡本 保木更津高専ED2019-69
 [more] ED2019-69
pp.39-42
ED 2019-11-22
11:40
東京 機械振興会館 ガンマ線照射下におけるFEAの特性測定装置とそれを用いた電子放出特性の評価
後藤康仁森藤瑛之半田裕典京大)・長尾昌善産総研)・佐藤信浩京大)・秋吉優史阪府大)・高木郁二京大)・岡本 保木更津高専ED2019-74
 [more] ED2019-74
pp.59-62
IE, EMM, LOIS
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME, IPSJ-AVM
(共催)
(連催) [詳細]
2019-09-19
15:35
新潟 新潟大学 駅南キャンパス 位置検出に深層学習を利用した印刷物用電子透かし法
今川寛之岩田 基黄瀬浩一阪府大LOIS2019-12 IE2019-25 EMM2019-69
本稿では深層学習によるセマンティックセグメンテーションを利用した位置検出法を用いた,印刷物用電子透かし法を提案する.
... [more]
LOIS2019-12 IE2019-25 EMM2019-69
pp.31-36
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
11:15
宮城 東北大学 電気通信研究所 DNSトンネリング検知のためのキャッシュ特性に基づく特徴量
石倉直武近藤大嗣戸出英樹阪府大NS2019-93
多くの企業が標的型攻撃による情報漏洩の脅威にさらされており,近年ではその流出ルートにDNSトンネリングが利用されている.... [more] NS2019-93
pp.25-30
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
15:45
宮城 東北大学 電気通信研究所 相互干渉する複数のIEEE 802.11ax無線LAN環境における競合局数と送信バッファリング量に着目した上りOFDMA伝送法
高橋良一谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2019-98
近年,無線LANが広く普及し,多くの無線LANが相互干渉するほど近接して配置される環境が増加している.また,無線LANに... [more] NS2019-98
pp.53-58
OME, IEE-DEI
(連催)
2019-07-06
09:30
新潟 トキ交流会館(新潟県佐渡市) [招待講演]溶液プロセスにより形成される自己組織化構造を利用した有機トランジスタの高性能化と機能性有機デバイスの開発
永瀬 隆小林隆史内藤裕義阪府大OME2019-13
塗布,印刷法等の溶液プロセスを用いた有機電界効果トランジスタ (有機FET) のキャリア移動度や安定性の改善は次世代のフ... [more] OME2019-13
pp.31-34
 274件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会