電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 254件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
LQE, LSJ
(共催)
2019-05-31
09:55
滋賀 琵琶湖コンファレンスセンター 量子トモグラフィを用いた量子もつれ分光法の開発
大畠悟郎辻 貴弘三宅剛洋溝口幸司阪府大
 [more]
OFT 2019-05-16
14:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]被増幅信号数変化がクラッド励起マルチコアファイバ増幅器の増幅特性に与える影響
豊嶋啓太宮川翔太吉村政士池田佳奈美小山長規阪府大)・小野浩孝NTT)・山田 誠阪府大
 [more]
OFT 2019-05-17
10:10
大阪 I-siteなんば [招待講演]大阪府立大学 電気情報システム分野における研究について
山田 誠阪府大
 [more]
NS 2019-04-19
11:15
鹿児島 天文館ビジョンホール カバレッジの異なる異種無線ネットワーク間連携手法
永吉涼佑谷川陽祐戸出英樹阪府大
 [more]
CCS 2019-03-27
10:30
東京 NICT(小金井) [招待講演]クープマン作用素による非線形ダイナミカルシステムの解析と制御
薄 良彦阪府大
クープマン作用素とは、非線形力学系に対して定義される線形作用素である。この線形という性質に着目し、クープマン作用素のスペ... [more] CCS2018-56
p.55
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-18
10:45
東京 電気通信大学 画像分類精度を向上させる追加タスクの検討
山田良博岩村雅一黄瀬浩一阪府大
画像中に含まれる物体を分類する画像分類技術において,Convolutional Neural Network (CNN)... [more] BioX2018-55 PRMU2018-159
pp.155-160
EMCJ, MICT
(併催)
2019-03-15
11:55
東京 機械振興会館 採血技術実施時の脳の活動に関する一考察 ~ 脳血流量からの視点 ~
玉井臣人真嶋由貴惠阪府大)・川野常夫摂南大
熟練した看護技術は暗黙性が高く,次世代へ伝承するための有効な手法は確立されていない.そこで本研究では熟練看護師の持つ技術... [more] MICT2018-70
pp.11-15
OPE
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-02-15
09:30
福岡 リファレンス 大博多貸会議室 空孔付きマルチコアファイバにおける長手方向クロストークの評価
野添紗希NTT)・福本良平フジクラ)・辻川恭三半澤信智NTT)・竹永勝宏フジクラ)・大橋正治阪府大)・愛川和彦フジクラ)・中島和秀NTT
(事前公開アブストラクト) マルチコアファイバの製造法であるクラッド一括合成法を用いて、125μm径の単一モード4コアフ... [more] OFT2018-76 OPE2018-202
pp.31-34(OFT), pp.51-54(OPE)
ITE-IDY, IEE-EDD
(共催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2019-01-25
09:30
鹿児島 鹿児島大学 稲盛会館 量子ドット発光ダイオードの作製と発光機構評価
佐野翔一高田 誠阪府大)・永瀬 隆小林隆史内藤裕義阪府大/阪府大分子エレクトロニックデバイス研
表面を化学修飾した量子ドット(QD)は塗布プロセスでのデバイス作製が可能な無機半導体材料である。そのため、量子発光ダイオ... [more] EID2018-9
pp.61-64
NLP, NC
(併催)
2019-01-24
09:30
北海道 北海道大学 百年記念会館 遅延結合した非同一のStuart-Landau発振器に振動停止を誘発する結合パラメータの設計
幸田嵩裕テキ博偉阪府大)・杉谷栄規茨城大)・小西啓治原 尚之阪府大
遅延結合された2つの同一発振器には振動停止現象が生じる.この振動停止を誘発する結合強度と遅延時間の設計手順はSugita... [more] NLP2018-109
pp.71-75
MI 2019-01-22
13:20
沖縄 沖縄県青年会館 [ポスター講演]深層学習を用いたグリオーマ病理組織像からの遺伝子発現同定法
檜作彰良中山良平立命館大)・児玉良典京都府立医科大/国立病院機構大阪医療センター)・眞能正幸吉岡絵麻兼松大介正札智子金村米博国立病院機構大阪医療センター
 [more] MI2018-66
pp.31-34
PN, EMT, OPE, EST, MWP, LQE
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2019-01-18
14:45
大阪 大阪大学中之島センター CdSe/ZnS量子ドット薄膜の表面プラズモン共鳴による発光増強
中村俊樹村尾文弥松山哲也和田健司岡本晃一阪府大
CdSe/ZnS量子ドットのスピンコート膜による青色発光は,銀及びアルミニウム薄膜上の表面プラズモン共鳴によって増強する... [more] PN2018-64 EMT2018-98 OPE2018-173 LQE2018-183 EST2018-111 MWP2018-82
pp.183-186
MSS, SS
(共催)
2019-01-16
10:50
沖縄 沖縄県青年会館 最適速度交通流モデルに基づく並列多段工程を有する生産ラインの分配パラメータ設計
佐野 徹小西啓治阪府大)・伊藤岳大若山永哉NEC
最近の「製品寿命の低下」「消費者ニーズの多様化」などに伴う需要の変化に対応する生産システムの構 築が望まれている.本報告... [more] MSS2018-70 SS2018-41
pp.85-90
OME 2018-11-28
15:50
兵庫 じばさんビル502室(姫路) インピーダンス分光法による有機薄膜太陽電池の2分子再結合過程の評価
布引達也高田 誠阪府大)・永瀬 隆小林隆史内藤裕義阪府大/RIMED
 [more] OME2018-33
pp.29-32
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催)
(連催) [詳細]
2018-11-09
11:10
岡山 倉敷市芸文館 リングコアEDFの2~5-LPモード増幅特性
宮川翔太吉村政士池田佳奈美小山長規山田 誠阪府大)・小野浩孝NTT
長距離モード多重伝送の実現に向けて我々は,フューモードファイバ増幅器の開発を進めている.これまでに,増幅器の増幅媒体にリ... [more] OFT2018-60
pp.73-76
CAS, NLP
(共催)
2018-10-19
10:55
宮城 東北大学 トポロジの低速な切り替えによるリング型遅延結合発振器ネットワークの振動抑制
岩本 哲阪府大)・杉谷栄規茨城大)・小西啓治原 尚之阪府大
本報告では,遅延結合発振器ネットワークにおける,ネットワークトポロジの低速な切り替えが誘発する収束現象の詳しい調査を行う... [more] CAS2018-52 NLP2018-87
pp.81-86
CAS, NLP
(共催)
2018-10-19
15:35
宮城 東北大学 一対のStuart-Landau発振器に最小結合強度で振動停止を誘発する遅延時間
幸田嵩裕テキ博偉阪府大)・杉谷栄規茨城大)・小西啓治原 尚之阪府大
2つの同一のStuart-Landau発振器を遅延結合すると,各発振器の振動を停止させることができる.本報告では,遅延時... [more] CAS2018-60 NLP2018-95
pp.127-132
NLP 2018-04-27
09:30
熊本 熊本大学 障害物に衝突する興奮波の振る舞いとPI制御器のゲインとの関係
山本行馬小西啓治原 尚之阪府大
興奮性媒体を伝搬するパルス波は,スパイラルや時空カオスなどのパターンに発展しうる.Katsumataらはパルス波の幅を目... [more] NLP2018-14
pp.65-69
MSS, NLP
(併催)
2018-03-14
14:15
大阪 大阪大学豊中キャンパス 最適速度交通流モデルに基づく分岐型生産ラインの分配パラメータ設計
佐野 徹小西啓治阪府大)・伊藤岳大若山永哉NEC
 [more] MSS2017-94
pp.89-94
COMP 2018-03-05
15:30
大阪 大阪府立大学 媒介中心性のグラフ分解を用いた効率的な計算およびその実ネットワークへの適用
伊野波竜矢阪府大)・定兼邦彦東大)・宇野裕之阪府大)・米林悠真東大
媒介中心性はグラフの中でどの頂点が中心的な役割を果たしているかを測る中心性とよばれる指標のうち, 最もよく用いられる重要... [more] COMP2017-51
pp.35-42
 254件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会