お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 267件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP 2020-09-10
13:50
ONLINE オンライン開催 周波数差のある発振器で構成される完全二部グラフネットワークに生じる振動停止現象
水上慎祐小西啓治阪府大)・杉谷栄規茨城大)・原 尚之阪府大NLP2020-27
 [more] NLP2020-27
pp.30-31
NLP 2020-09-10
14:15
ONLINE オンライン開催 結合方向の時間的変化を伴う格子状ネットワークにおける遅延結合発振器群の振動抑制
岩本 哲小西啓治阪府大)・杉谷栄規茨城大)・原 尚之阪府大NLP2020-28
 [more] NLP2020-28
pp.32-33
CCS, NLP
(共催)
2020-06-05
16:15
ONLINE オンライン開催 Koopman Mode Decomposition of 3D Temperature-field Data in a Room
Alexandre Ratieuville-OgierOsaka Pref. Univ.)・Yoshihiko SusukiOsaka Pref. Univ./JST PRESTO)・Atsushi IshigameOsaka Pref. Univ.NLP2020-21 CCS2020-11
 [more] NLP2020-21 CCS2020-11
pp.49-54
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2020-03-02
11:00
愛知 名古屋大学(IB電子情報館) 眼鏡型ウェアラブルデバイスを用いた「ながら学習」における集中力の調査
前田和樹菅野正嗣阪府大SeMI2019-120
最近の学生は音楽を聴きながら勉強をする「ながら学習」を行っている者が多い。ながら学習による 影響には様々な意見があげられ... [more] SeMI2019-120
pp.13-17
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2020-03-02
14:50
愛知 名古屋大学(IB電子情報館) VRとモーションセンサを活用した上肢位置感覚のリハビリテーションの検証
小倉真緒菅野正嗣阪府大)・谷 隆博関本充史桑原英生竹島隆太かなえるリンク)・高畑進一中岡和代阪府大SeMI2019-125
 [more] SeMI2019-125
pp.107-112
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2020-03-02
15:15
愛知 名古屋大学(IB電子情報館) 眼球運動の向上を目指した視線追跡を用いたVRアプリケーションの開発
小野明大菅野正嗣阪府大)・谷 隆博関本充史桑原英生竹島隆太かなえるリンク)・高畑進一中岡和代阪府大SeMI2019-126
 [more] SeMI2019-126
pp.113-117
SeMI, IPSJ-MBL, IPSJ-UBI
(連催)
2020-03-03
14:05
愛知 名古屋大学(IB電子情報館) エナジーハーベストを活用したセンサネットワークアーキテクチャの検討
杵川翔太菅野正嗣阪府大SeMI2019-139
エナジーハーベストとは,周囲の環境からエネルギーを獲得することである.この技術を使ったワイヤレスセンサネットワークは,従... [more] SeMI2019-139
pp.281-286
ED 2019-11-22
09:25
東京 機械振興会館 放射線環境下のセンサ出力を伝送する線路において生成するガンマ線励起電流の評価
後藤康仁京大)・奥野泰希原子力機構)・佐藤信浩京大)・秋吉優史阪府大)・今泉 充JAXA)・小林知洋理研)・岡本 保木更津高専ED2019-69
 [more] ED2019-69
pp.39-42
ED 2019-11-22
11:40
東京 機械振興会館 ガンマ線照射下におけるFEAの特性測定装置とそれを用いた電子放出特性の評価
後藤康仁森藤瑛之半田裕典京大)・長尾昌善産総研)・佐藤信浩京大)・秋吉優史阪府大)・高木郁二京大)・岡本 保木更津高専ED2019-74
 [more] ED2019-74
pp.59-62
IE, EMM, LOIS
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME, IPSJ-AVM
(共催)
(連催) [詳細]
2019-09-19
15:35
新潟 新潟大学 駅南キャンパス 位置検出に深層学習を利用した印刷物用電子透かし法
今川寛之岩田 基黄瀬浩一阪府大LOIS2019-12 IE2019-25 EMM2019-69
本稿では深層学習によるセマンティックセグメンテーションを利用した位置検出法を用いた,印刷物用電子透かし法を提案する.
... [more]
LOIS2019-12 IE2019-25 EMM2019-69
pp.31-36
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
11:15
宮城 東北大学 電気通信研究所 DNSトンネリング検知のためのキャッシュ特性に基づく特徴量
石倉直武近藤大嗣戸出英樹阪府大NS2019-93
多くの企業が標的型攻撃による情報漏洩の脅威にさらされており,近年ではその流出ルートにDNSトンネリングが利用されている.... [more] NS2019-93
pp.25-30
NS, IN, CS, NV
(併催)
2019-09-06
15:45
宮城 東北大学 電気通信研究所 相互干渉する複数のIEEE 802.11ax無線LAN環境における競合局数と送信バッファリング量に着目した上りOFDMA伝送法
高橋良一谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2019-98
近年,無線LANが広く普及し,多くの無線LANが相互干渉するほど近接して配置される環境が増加している.また,無線LANに... [more] NS2019-98
pp.53-58
OME, IEE-DEI
(連催)
2019-07-06
09:30
新潟 トキ交流会館(新潟県佐渡市) [招待講演]溶液プロセスにより形成される自己組織化構造を利用した有機トランジスタの高性能化と機能性有機デバイスの開発
永瀬 隆小林隆史内藤裕義阪府大OME2019-13
塗布,印刷法等の溶液プロセスを用いた有機電界効果トランジスタ (有機FET) のキャリア移動度や安定性の改善は次世代のフ... [more] OME2019-13
pp.31-34
LQE, LSJ
(共催)
2019-05-31
09:55
滋賀 琵琶湖コンファレンスセンター 量子トモグラフィを用いた量子もつれ分光法の開発
大畠悟郎辻 貴弘三宅剛洋溝口幸司阪府大LQE2019-17
量子もつれは量子情報技術にとって不可欠であるだけでなく,生体物質を含む様々な物性研究にも重要な要素であることがわかりつつ... [more] LQE2019-17
pp.23-26
OFT 2019-05-16
14:00
大阪 I-siteなんば [ポスター講演]被増幅信号数変化がクラッド励起マルチコアファイバ増幅器の増幅特性に与える影響
豊嶋啓太宮川翔太吉村政士池田佳奈美小山長規阪府大)・小野浩孝NTT)・山田 誠阪府大OFT2019-8
長距離マルチコア光ファイバ伝送システムを実現するために,クラッド励起を採用したマルチコアEr添加ファイバ増幅器の研究開発... [more] OFT2019-8
pp.33-36
OFT 2019-05-17
10:10
大阪 I-siteなんば [招待講演]大阪府立大学 電気情報システム分野における研究について
山田 誠阪府大OFT2019-21
大阪府立大学工学研究科 電気・情報系 電気情報システム工学分野の概要,特長,研究概要と,本分野で行っている通信技術に関す... [more] OFT2019-21
pp.89-92
NS 2019-04-19
11:15
鹿児島 天文館ビジョンホール カバレッジの異なる異種無線ネットワーク間連携における端末局と基地局の接続制御法
永吉涼佑谷川陽祐戸出英樹阪府大NS2019-14
無線LANは使用料や使用契約が不要であるという利点をもつため,スマートフォンやタブレット端末等のユーザの多くは,無線LA... [more] NS2019-14
pp.79-84
CCS 2019-03-27
10:30
東京 NICT(小金井) [招待講演]クープマン作用素による非線形ダイナミカルシステムの解析と制御
薄 良彦阪府大CCS2018-56
クープマン作用素とは、非線形力学系に対して定義される線形作用素である。この線形という性質に着目し、クープマン作用素のスペ... [more] CCS2018-56
p.55
PRMU, BioX
(共催)
2019-03-18
10:45
東京 電気通信大学 画像分類精度を向上させる追加タスクの検討
山田良博岩村雅一黄瀬浩一阪府大BioX2018-55 PRMU2018-159
画像中に含まれる物体を分類する画像分類技術において,Convolutional Neural Network (CNN)... [more] BioX2018-55 PRMU2018-159
pp.155-160
EMCJ, MICT
(併催)
2019-03-15
11:55
東京 機械振興会館 採血技術実施時の脳の活動に関する一考察 ~ 脳血流量からの視点 ~
玉井臣人真嶋由貴惠阪府大)・川野常夫摂南大MICT2018-70
熟練した看護技術は暗黙性が高く,次世代へ伝承するための有効な手法は確立されていない.そこで本研究では熟練看護師の持つ技術... [more] MICT2018-70
pp.11-15
 267件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会