電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 481件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCC, MICT
(共催)
2019-05-29
15:30
東京 東京ビッグサイト [ポスター講演]運動者のリアルタイム生体情報モニタリング ~ 移動対応無線通信プロトコル ~
濱上卓磨川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・四方博之関西大)・島崎拓則ソリトンシステムズ
 [more]
RCC, MICT
(共催)
2019-05-29
15:30
東京 東京ビッグサイト [ポスター講演]運動者のリアルタイム生体情報モニタリング ~ 無線生体センサノードのハードウェア構成 ~
島崎拓則阪市大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・原 晋介阪市大
 [more]
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2019-05-16
15:10
沖縄 沖縄産業支援センター 韻律と視線が指示性解釈に及ぼす影響 ~ 対格WH語を伴う日本語修辞疑問文を用いた検討 ~
髙木幸子常磐大)・坂本暁彦東京電機大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS 2019-05-16
17:45
東京 工学院大学 新宿キャンパス [招待講演]データ主導社会での無線ネットワークプロトコル開発
川本康貴濱上卓磨OKI)・四方博之関西大)・宮本龍介明大)・原 晋介阪市大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
EMCJ 2019-04-11
16:30
沖縄 沖縄産業支援センター [特別講演]デジタル無線通信における様々な多層・複合材料による電波遮蔽
知念幸勇GLEX)・石原杏奈知名紗也加金城伊智子沖縄高専
 [more] EMCJ2019-8
pp.39-44
EMCJ, MICT
(併催)
2019-03-15
11:05
東京 機械振興会館 生体データ収集システムにおける無線センサノードの装着位置が伝送特性に与える影響
丸尾博人小倉裕史原 晋介阪市大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・四方博之関西大
運動している人間にセンサノードを装着し,ワイヤレスを使って生体情報をリアルタイムに収集するシステムでは,運動の妨げになら... [more] MICT2018-68
pp.1-4
EA, SIP, SP
(共催)
2019-03-14
13:30
長崎 アイランド ナガサキ(長崎市) [ポスター講演]敵対的デノイジングオートエンコーダを用いた拡散性雑音除去
田辺ひかり俵 直弘小林哲則早大)・藤枝 大片桐一浩矢頭 隆OKI)・小川哲司早大
本研究ではプレフィルタと敵対的デノイジングオートエンコーダ(aDAE)を組み合わせたモデルによる拡散性雑音除去を試みた.... [more] EA2018-125 SIP2018-131 SP2018-87
pp.155-160
HCS 2019-03-08
11:45
北海道 北星学園大学 スマートスピーカーによるフィラーとポーズを伴う返答に対するアニマシー知覚
檜山貴義坂本暁彦・○髙木幸子常磐大
近年,Amazon EchoやGoogle HomeといったAIアシスタントが搭載されたスマートスピーカーが一般家庭に浸... [more] HCS2018-82
pp.87-92
IN, NS
(併催)
2019-03-04
09:40
沖縄 沖縄コンベンションセンター 大量運動者からのマルチホップ生体情報収集における複数経路を用いたリンク切断抑制法
山口慎太郎四方博之関西大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・河端隆志関西大
 [more] NS2018-201
pp.45-50
IN, NS
(併催)
2019-03-04
10:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター アナログメーターのデータ収集システムにおける画像解析方式の検討
古川貴仁迫水和仁福井 潔OKI
画像解析を用いた、アナログメーター(以下、計器)のデータ収集システムにおいて、省電力な組込み機器でも動作する画像解析方式... [more] IN2018-98
pp.85-90
IN, NS
(併催)
2019-03-05
16:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター エッジ端末で実行可能な深層学習を用いた適応的データ圧縮法
関根理敏伊加田恵志OKI
実世界の情報をセンシングし,多様なアプリケーションで活用するため,センサデータの効率的な収集が重要となる.アプリケーショ... [more] NS2018-293
pp.575-580
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-19
11:45
北海道 北海道大学 ヒヨコを用いた色恒常性の研究
竹内 愛石塚雅貴・○鈴木雅洋常磐大)・内川惠二神奈川工科大
人間の色恒常性成立メカニズムを解明するための動物実験について検討した.人間の色恒常性に関するこれまでの研究によると,色恒... [more]
EMCJ 2019-01-18
10:50
大阪 大阪大学 EMCラウンドロビンテストにおけるエミッションおよびイミュニティ試験 ~ その3伝導イミュニティラウンドロビンテスト実験結果 ~
奥田徳嗣KEC関西電子工業振興センター)・志田浩義トーキンEMCエンジニアリング)・二宮 寿ローランド)・臼井 崇ヤマハ)・奥村美紀生オムロン)・小林一洋アイピーエス)・舞島光良浜松ホトニクス)・和田修己京大
 [more] EMCJ2018-100
pp.1-5
MSS, SS
(共催)
2019-01-16
14:30
沖縄 沖縄県青年会館 機械学習とBLE信号による移動物体の位置推定
當間 南佐次田新泰琉球大)・金城秀樹沖縄大)・名嘉村盛和琉球大)・崎間 顕国建システム
本稿では屋内での位置推定を比較的安価に行う方法の一つとして、蓄積された複数のBLEビーコンのRSSIと機械学習に基づく方... [more] MSS2018-76 SS2018-47
pp.121-125
MICT 2019-01-11
16:15
東京 明治大学 駿河台キャンパス 大量運動者からの分散型チャネル選択を用いたマルチホップ生体データ収集法
新野 淳四方博之関西大)・濱上卓磨柳原健太郎川本康貴OKI)・原 晋介阪市大)・河端隆志関西大
近年、運動者の健康状態や身体能力の把握を科学的に行うために、運動中の人間の生体情報モニタリングへの関心が高まっている。本... [more] MICT2018-64
pp.21-26
MICT 2019-01-11
16:40
東京 明治大学 駿河台キャンパス 適応ノードグルーピングを用いた大量運動者からの集中型マルチホップ生体データ収集法
小倉裕史阪市大)・四方博之関西大)・濱上卓磨川本康貴OKI)・原 晋介阪市大
運動中の複数の人間から生体データをリアルタイムに収集する方法として,フラッディング/TDMA方式が提案されている.この方... [more] MICT2018-65
pp.27-30
SSS 2018-12-18
13:50
東京 筑波大学東京キャンパス文京校舎117教室 空気圧駆動システムにおけるフェールセーフ・インタロックシステムの検証
猪野款聖千葉正伸三橋 郁市川 修原 圭吾職能開発大)・石塚 禎三和工機)・佐々木友宏NITE)・中村瑞穂職能開発大
本研究に用いる空気圧駆動システムは,動力源である圧縮空気を利用した高出力設備として,様々な分野で利用される.しかし,各種... [more] SSS2018-26
pp.5-8
RCS, AP
(併催)
2018-11-22
09:50
沖縄 沖縄産業支援センター ドローンを用いたITS融合ネットワーク無線回線設計
仲栄真一成阿部海人藤井 知沖縄高専)・有本和民岡山県立大)・山内直樹テクノアクセルネットワークス)・木下研作吉川憲昭サイバー創研
 [more] RCS2018-204
pp.149-154
RCS, AP
(併催)
2018-11-22
10:10
沖縄 沖縄産業支援センター ドローン高度適応型高精度着陸システム
有本和民岡山県立大)・藤井 知沖縄高専)・山内直樹テクノアクセルネットワークス)・木下研作吉川憲昭サイバー創研
 [more] RCS2018-205
pp.155-160
MW 2018-11-15
14:30
長崎 福江文化会館 移動無線端末用60GHz帯送信ビームフォーミング制御の検討
武田都子谷藤正一沖縄高専
本研究では,60GHz帯送信用アレーアンテナのビームフォーミングの確認を達成するため,アンテナの検討を行った.60GHz... [more] MW2018-99
pp.41-44
 481件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会