電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-01
14:00
大阪 大阪大学 吹田キャンパス 射影格子上のDeepBKZ基底簡約とLWE問題の求解への応用
中邑聡史立岩斉明九大)・金城皓羽NTT)・池松泰彦安田雅哉九大ISEC2019-68 SITE2019-62 LOIS2019-27
近年提案されている格子暗号の多くの方式の安全性は Learning with Errors(LWE)問題の求解困難性に基... [more] ISEC2019-68 SITE2019-62 LOIS2019-27
pp.41-48
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2019-03-07
16:15
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター ユーザを欺く国際化ドメイン名の解析法
千葉大紀長谷川彩子小出 駿NTT)・澤部祐太後藤滋樹早大)・秋山満昭NTTICSS2018-76
国際化ドメイン名(Internationalized Domain Name(IDN))が悪用され,正規ブランドのドメイ... [more] ICSS2018-76
pp.47-52
IBISML 2019-03-05
17:00
東京 理研AIP コネクテッドカーサービスに対する虚偽情報混入攻撃の強化学習による自動生成の検討
彈 雄一郎長谷川慶太原田貴史鷲尾知暁大嶋嘉人NTTIBISML2018-109
2025年にはコネクテッドカーの普及が予測される一方,新たなサイバー攻撃の出現が懸念される.本研究では,特に,車から収集... [more] IBISML2018-109
pp.31-38
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
17:10
沖縄 沖縄県青年会館 IoTデバイスに対するセキュアな遠隔管理機能の検討
白石将浩伊藤宏樹岡部恵一NTTVLD2018-136 HWS2018-99
本稿では,IoTデバイスのセキュア化に向けて,遠隔管理機能の付与について検討した結果を報告する.IoTサービスは多様な形... [more] VLD2018-136 HWS2018-99
pp.255-260
QIT
(第二種研究会)
2018-11-26
13:30
東京 東京大学 [ポスター講演]グラフ畳み込みを用いたトポロジカル表面符号のデコーディング
ダワースレン アマルサナー東大)・鈴木泰成NTT)・藤井啓介京大)・中村泰信東大
フォールトトレラントな量子計算の実現には量子誤り訂正符号が不可欠である。そのためには、符号化したエラーを高精度かつ高速に... [more]
ICSS 2018-11-22
11:15
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) [招待講演]コネクティッドカーにおけるサイバーセキュリティの概観
高橋順子NTTICSS2018-63
本稿では、近年の自動車セキュリティの研究を基に、コネクティッドカーに対するサイバーセキュリティの概観を述べる。近年、自動... [more] ICSS2018-63
pp.55-59
HWS, ICD
(共催)
2018-10-29
16:00
大阪 神戸大 梅田インテリジェントラボラトリ OSS-RSAからのキャッシュリークの取得容易性評価
森 隼人上野 嶺東北大)・高橋順子NTT)・林 優一奈良先端大)・本間尚文東北大HWS2018-53 ICD2018-45
近年,RSA 暗号に対する新たなキャッシュ攻撃として,SWL(SWL: Sliding Windows Leak)と
... [more]
HWS2018-53 ICD2018-45
pp.35-40
HWS, ICD
(共催)
2018-10-29
16:50
大阪 神戸大 梅田インテリジェントラボラトリ 車載通信プロトコルFlexRayにおける攻撃手法の実装評価
高橋順子田中政志NTTHWS2018-55 ICD2018-47
本稿では、既存研究で提案された車載通信プロトコルFlexRay 上の攻撃の容易性や脅威を整理した上で、その中で最も現実的... [more] HWS2018-55 ICD2018-47
pp.47-52
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-25
13:10
北海道 札幌コンベンションセンター [招待講演]Tightly-Secure Key-Encapsulation Mechanism in the Quantum Random Oracle Model (from EUROCRYPT 2018)
Tsunekazu SaitoKeita Xagawa・○Takashi YamakawaNTTISEC2018-22 SITE2018-14 HWS2018-19 ICSS2018-25 EMM2018-21
本講演では, 2018年4月から5月にイスラエル・テルアビブで開催されたEUROCRYPT 2018において発表した論文... [more] ISEC2018-22 SITE2018-14 HWS2018-19 ICSS2018-25 EMM2018-21
p.89
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-25
13:40
北海道 札幌コンベンションセンター [招待講演]Obfustopia Built on Secret-Key Functional Encryption (from EUROCRYPT 2018)
Fuyuki KitagawaTokyo Tech)・Ryo NishimakiNTT)・Keisuke TanakaTokyo TechISEC2018-23 SITE2018-15 HWS2018-20 ICSS2018-26 EMM2018-22
 [more] ISEC2018-23 SITE2018-15 HWS2018-20 ICSS2018-26 EMM2018-22
p.91
HWS, ISEC, SITE, ICSS, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-07-25
15:25
北海道 札幌コンベンションセンター 特異曲線圧縮点展開攻撃のビットコイン用楕円曲線への応用
髙橋 彰京大)・ティブシ メディ阿部正幸NTTISEC2018-28 SITE2018-20 HWS2018-25 ICSS2018-31 EMM2018-27
本講演ではペアリングフレンドリーな曲線に対するフォールト攻撃手法としてBlömerとGüntherによって提案された「特... [more] ISEC2018-28 SITE2018-20 HWS2018-25 ICSS2018-31 EMM2018-27
pp.149-153
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-08
09:45
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター ユーザ操作が起点となるWeb上の攻撃の収集
小出 駿千葉大紀高田雄太秋山満昭八木 毅波戸邦夫NTTICSS2017-66
近年,Webページ内のコンテンツがユーザを欺いて操作を誘導し,マルウェア感染やオンライン詐欺に導くソーシャルエンジニアリ... [more] ICSS2017-66
pp.91-96
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-08
11:35
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター 更新履歴を用いたWebサイト悪用の予測
高田雄太秋山満昭八木 毅波戸邦夫NTT)・後藤滋樹早大ICSS2017-73
管理者が更新を放棄したWebサイトを悪用する攻撃の脅威が増大している.
そこで本稿では,Webサイトを構成するソフトウ... [more]
ICSS2017-73
pp.133-138
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2018-03-08
14:15
北海道 沖縄北部雇用能力開発総合センター HTTPS対応の進行に影響を与える要因の調査
奥田哲矢千葉直子秋山満昭岡野裕樹NTTICSS2017-80
近年,世界的にWebサイト全体のHTTPS対応が進んでいる.しかし,国内の普及率は2017年10月時点で55%に留まって... [more] ICSS2017-80
pp.187-192
ISEC, COMP
(共催)
2017-12-22
10:15
高知 高知工科大学永国寺キャンパス ノンスに偏りのあるSchnorr型署名に対するBleichenbacher攻撃の最適化
髙橋 彰京大)・ティブシ メディ阿部正幸岡本龍明NTTISEC2017-84 COMP2017-38
Bleichenbacher攻撃とは, 署名生成時に使用される一時乱数(ノンス)の一部ビット偏りを利用して, Schno... [more] ISEC2017-84 COMP2017-38
pp.83-88
ICSS 2017-11-21
11:45
大分 別府国際コンベンションセンター DNSキャッシュサーバログのグラフ分析による感染端末検知の検討
神谷和憲長谷川彩子SC研)・関谷勇司岡田和也東大ICSS2017-47
 [more] ICSS2017-47
pp.53-58
QIT
(第二種研究会)
2017-11-16
13:50
埼玉 埼玉大学 [ポスター講演]暗号学的ハッシュ関数の多重衝突を求める量子アルゴリズムについて
細山田光倫佐々木 悠草川恵太NTT
 [more]
ICTSSL, IN
(併催)
2017-10-10
15:50
静岡 静岡県 地震防災センター「ないふるホール」 [招待講演]統合的な危機対応マネジメント支援に向けた取組み
爰川知宏NTTIN2017-38
自然災害だけでなく,サイバー攻撃など様々な危機のリスクが高まるなか,危機が発生した際には,危機の種類にかかわらず迅速果断... [more] IN2017-38
pp.19-24
ICTSSL 2017-07-13
14:50
香川 香川大学 大規模国際スポーツイベントにおける危機対応体制構築と情報共有システムの運用について ~ 冬季アジア札幌大会における危機対応共同実験の取組み ~
小山 晃小阪尚子倉 恒子吉田芳浩岸 晃司NTT)・丸山公禎高松幸一SAWGOCICTSSL2017-21
2020東京オリパラを控えテロ,サイバー攻撃,自然災害など様々な危機が懸念されている.これらの危機に対応し安全・円滑に大... [more] ICTSSL2017-21
pp.21-26
MoNA, LOIS, IPSJ-DC
(連催)
2017-07-06
14:30
東京 凸版印刷 印刷博物館 大規模国際スポーツイベント運営と危機対応における情報共有と組織間連携
小阪尚子小山 晃倉 恒子岸 晃司NTT)・丸山公禎高松幸一第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会MoNA2017-11 LOIS2017-9
大規模な国際的スポーツイベントでは,開催地の環境にも依存して様々なリスクが想定される.大会運営組織の主要業務は,大会を滞... [more] MoNA2017-11 LOIS2017-9
pp.21-26
 28件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会