お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SITE, ISEC, LOIS
(共催)
2021-11-12
13:50
ONLINE オンライン開催 復号制御付IDベース暗号の安全性に関する考察
宮永英和藤岡 淳佐々木太良神奈川大)・岡野裕樹NTT)・鈴木幸太郎豊橋技科大)・米山一樹茨城大ISEC2021-43 SITE2021-37 LOIS2021-26
近年,1人のユーザが複数のデバイスを所持する機会が増えており,IDベース暗号でも1つのIDで複数のデバイスで暗号化などを... [more] ISEC2021-43 SITE2021-37 LOIS2021-26
pp.13-17
QIT
(第二種研究会)
2021-05-24
09:00
ONLINE オンライン開催 [招待講演]量子計算の効率的な古典検証
山川高志NTT
 [more]
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-05
13:30
ONLINE オンライン開催 攻撃者のふるまいを利用したセキュリティ情報検索
川口雄己山嵜麿与NTTIT2020-154 ISEC2020-84 WBS2020-73
セキュリティインシデントの対応現場において、調査の迅速化や漏れをなくすため、関連する攻撃事例の
情報が求められている。... [more]
IT2020-154 ISEC2020-84 WBS2020-73
pp.257-264
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-01
10:00
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) DNS Cookieの普及・運用状況の実態調査と今後の展望
矢島雅紀早大)・千葉大紀NTT)・米谷嘉朗日本レジストリサービス)・森 達哉早大/NICTICSS2020-28
DNSキャッシュポイズニング攻撃が再び着目されている.
こうした攻撃への対策手法として,2016年に DNS Cook... [more]
ICSS2020-28
pp.13-18
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-01
09:10
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) Exposure Notification Frameworkがもたらすプライバシーリスクの評価と対策
野本一輝早大)・秋山満昭NTT)・衛藤将史NICT)・猪俣敦夫阪大)・森 達哉早大/NICTICSS2020-34
Exposure Notification Frameworkとは,端末が生成する Bluetooth Low Ener... [more] ICSS2020-34
pp.49-54
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-01
14:55
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 適応的サンドボックスによる持続感染型IoTマルウェアの動的解析
井上貴弘横浜国大)・原 悟史横浜国大/富士ソフト)・榊 博史岡田晃市郎横浜国大/レインフォレスト)・塩治榮太朗秋山満昭NTT)・佐々木貴之田辺瑠偉吉岡克成中尾康二松本 勉横浜国大ICSS2020-41
脆弱なIoT機器に感染するマルウェアの高度化が進みつつある.従来のIoTマルウェアとは異なり,機器の再起動後も永続的に感... [more] ICSS2020-41
pp.90-95
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
14:05
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) Voice Assistant アプリの対話型解析システムの開発
刀塚敦子早大)・飯島 涼早大/NICT)・渡邉卓弥秋山満昭NTT)・酒井哲也早大)・森 達哉早大/NICTICSS2020-48
Voice Assistant サービスでは,公式もしくはサードパーティ製のVoice Assistant アプリ(以下... [more] ICSS2020-48
pp.132-137
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
09:10
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) フィッシングサイトのリンクプレビュー機能対応状況の調査
大森敬仁早大)・古谷諭史渡邉卓弥芝原俊樹秋山満昭NTT)・森 達哉早大ICSS2020-54
オンラインコンテンツにアクセスする手段は検索エンジンだけではない.その手段の一つでもあるSNSが普及するようになって,悪... [more] ICSS2020-54
pp.166-171
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-02
10:00
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 複数アンチウイルスエンジンにおける検出結果の不確実性の評価
野村和也早大)・秋山満昭NTT)・神薗雅紀デロイト トーマツ サイバー)・笠間貴弘NICTICSS2020-56
VirusTotalは複数のアンチウイルスエンジンの検出結果を得られるオンラインサービスであり,企業でのセキュリティオペ... [more] ICSS2020-56
pp.178-183
ICD, HWS
(共催) [詳細]
2020-10-26
13:50
ONLINE オンライン開催 光コンピューティングのモデルにおけるセキュリティリスクと対策
高橋順子千田浩司坂本 健NTTHWS2020-33 ICD2020-22
本稿では、All-Photonics Network (APN) 時代における光コンピューティングのモデルに対する新たな... [more] HWS2020-33 ICD2020-22
pp.48-53
ISEC 2020-05-20
16:05
ONLINE オンライン開催 IoT機器向けIDベース認証鍵交換と不正なPKGに対する安全性
割木寿将佐々木太良藤岡 淳神奈川大)・鈴木幸太郎豊橋技科大)・富田潤一NTTISEC2020-12
近年,IoT機器の普及が進み,それら向けのIDベース認証鍵交換(IBAKE)方式が
多く提案されている.その一つに,S... [more]
ISEC2020-12
pp.55-61
HWS 2020-04-07 ONLINE オンライン開催 TLBを対象としたサイドチャネル攻撃におけるタイミング情報取得手法の検討
松本侑紀九大)・彈 雄一郎高橋順子NTT)・小野貴継九大HWS2020-6
Translation Look-aside Buffer (TLB) に対するサイドチャネル攻撃を実装するにあたり,タ... [more] HWS2020-6
pp.29-34
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
13:30
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
ファームウェアに着目したIoT機器のセキュリティ機能の調査
白石周碁福本淳文岡山大)・塩治榮太朗秋山満昭NTT)・山内利宏岡山大/JSTさきがけICSS2019-74
IoT機器の利用の広まりに伴い,IoT機器を標的とした攻撃が増加している.ここ数年では,脆弱なパスワードを狙った攻撃が多... [more] ICSS2019-74
pp.37-42
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-03
11:00
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
様相μ計算によるRNNのモデル検査
青島達大碓井利宣NTTICSS2019-88
機械学習モデルは,自動運転やロボティクス,工場の作業自動化など,様々なサイバーフィジカルシステムへ適用されている.しかし... [more] ICSS2019-88
pp.119-124
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-01
14:00
大阪 大阪大学 吹田キャンパス 射影格子上のDeepBKZ基底簡約とLWE問題の求解への応用
中邑聡史立岩斉明九大)・金城皓羽NTT)・池松泰彦安田雅哉九大ISEC2019-68 SITE2019-62 LOIS2019-27
近年提案されている格子暗号の多くの方式の安全性は Learning with Errors(LWE)問題の求解困難性に基... [more] ISEC2019-68 SITE2019-62 LOIS2019-27
pp.41-48
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2019-03-07
16:15
沖縄 NICT沖縄電磁波技術センター ユーザを欺く国際化ドメイン名の解析法
千葉大紀長谷川彩子小出 駿NTT)・澤部祐太後藤滋樹早大)・秋山満昭NTTICSS2018-76
国際化ドメイン名(Internationalized Domain Name(IDN))が悪用され,正規ブランドのドメイ... [more] ICSS2018-76
pp.47-52
IBISML 2019-03-05
17:00
東京 理研AIP コネクテッドカーサービスに対する虚偽情報混入攻撃の強化学習による自動生成の検討
彈 雄一郎長谷川慶太原田貴史鷲尾知暁大嶋嘉人NTTIBISML2018-109
2025年にはコネクテッドカーの普及が予測される一方,新たなサイバー攻撃の出現が懸念される.本研究では,特に,車から収集... [more] IBISML2018-109
pp.31-38
HWS, VLD
(共催)
2019-03-01
17:10
沖縄 沖縄県青年会館 IoTデバイスに対するセキュアな遠隔管理機能の検討
白石将浩伊藤宏樹岡部恵一NTTVLD2018-136 HWS2018-99
本稿では,IoTデバイスのセキュア化に向けて,遠隔管理機能の付与について検討した結果を報告する.IoTサービスは多様な形... [more] VLD2018-136 HWS2018-99
pp.255-260
QIT
(第二種研究会)
2018-11-26
13:30
東京 東京大学 [ポスター講演]グラフ畳み込みを用いたトポロジカル表面符号のデコーディング
ダワースレン アマルサナー東大)・鈴木泰成NTT)・藤井啓介京大)・中村泰信東大
フォールトトレラントな量子計算の実現には量子誤り訂正符号が不可欠である。そのためには、符号化したエラーを高精度かつ高速に... [more]
ICSS 2018-11-22
11:15
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) [招待講演]コネクティッドカーにおけるサイバーセキュリティの概観
高橋順子NTTICSS2018-63
本稿では、近年の自動車セキュリティの研究を基に、コネクティッドカーに対するサイバーセキュリティの概観を述べる。近年、自動... [more] ICSS2018-63
pp.55-59
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会