お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 4件中 1~4件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
R, LQE, OPE, CPM, EMD
(共催)
2020-08-28
16:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]テラヘルツ波検出素子の新展開:フェルミレベル制御バリアダイオード
伊藤 弘北里大)・石橋忠夫NELテクノR2020-18 EMD2020-17 CPM2020-10 OPE2020-30 LQE2020-10
広帯域で低雑音な動作を実現するための新たなテラヘルツ波検出器,「フェルミレベル制御バリア(FMB)ダイオード」を開発した... [more] R2020-18 EMD2020-17 CPM2020-10 OPE2020-30 LQE2020-10
pp.43-46
LQE 2018-02-23
09:35
神奈川 古河電工横浜事業所 [特別招待講演]受光素子内の超高速キャリア輸送
石橋忠夫NTTエレクトロニクステクノLQE2017-151
受光素子の応答は,光注入キャリアの非平衡効果に伴う多様な振る舞いを示す。観測される特性が,移動度,飽和速度,拡散係数など... [more] LQE2017-151
pp.1-6
OPE 2017-12-08
11:55
沖縄 まりんぴあみやこ 600-GHzコヒーレントテラヘルツ波合成
周 洋坂野豪紀山中友輔九大)・伊藤 弘北里大)・石橋忠夫NTTエレクトロニクステクノ)・加藤和利九大OPE2017-115
将来の無線通信速度向上に向けて、テラヘルツ波を用いる通信技術が注目されている。しかし、従来の無線通信用キャリアに比べて、... [more] OPE2017-115
pp.131-134
ED 2016-12-19
16:30
宮城 東北大通研ナノ・スピン棟 直列アレイ化とレンズ集積による非対称二重格子ゲート高電子移動度トランジスタのテラヘルツ波受光効率向上
細谷友崇糟谷文月谷口弘樹渡辺隆之末光哲也尾辻泰一東北大)・瀧田佑馬伊藤弘昌南出泰亜理研)・石橋忠夫NTTエレクトロニクステクノ)・清水 誠NEL)・佐藤 昭東北大ED2016-84
室温動作可能、高速応答可能なテラヘルツ受光デバイスとして、非対称二重格子ゲート高電子移動度トランジスタ(ADGG-HEM... [more] ED2016-84
pp.23-28
 4件中 1~4件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会