お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
LOIS, ICM
(共催)
2012-01-20
10:30
熊本 崇城大学 長期のセンサデータに基づくオフィスワーカーの固有行動パターンの獲得とその分析
佐藤裕作岡田将吾東工大)・神谷祐樹NEC)・新田克己東工大)・國枝和雄山田敬嗣NECICM2011-37 LOIS2011-62
本研究では, オフィス内に設置されたセンサー群から得られる, ワーカーの活動の実データから, オフィスにおけるワーカーの... [more] ICM2011-37 LOIS2011-62
pp.33-38
NS 2011-01-21
13:25
香川 香川大学 [奨励講演]SNSを活性化させるインセンティブ報酬付与メカニズム
與語一史新熊亮一京大)・小西 琢板谷聡子土井伸一山田敬嗣NEC)・高橋達郎京大NS2010-157
コンテンツアップロードとリンク形成の2つの要素で構成される,SNS(Social Networking Services... [more] NS2010-157
pp.85-90
HPB
(第二種研究会)
2010-06-15
15:55
東京 東大本郷 生理情報計測のためのセンサウェア
八木美紗帆加藤真理子奈良女子大)・坂尾要祐山口智治山田敬嗣NEC)・才脇直樹奈良女子大
 [more]
MoNA, IPSJ-MBL, IPSJ-DPS
(連催)
2010-05-20
14:20
沖縄 沖縄産業支援センター [奨励講演]ソーシャルネットワーク上の情報伝播において応答時間を短縮する報酬付与手法
橋本 遼高田善規新熊亮一京大)・田仲理恵板谷聡子土井伸一山田敬嗣NEC)・高橋達郎京大MoMuC2010-7
情報発信者が人々に情報を受信させるための手法として,人をノード,友人関係のつながりをリンクとしたソーシャルグラフを経路と... [more] MoMuC2010-7
pp.81-86
LOIS, IPSJ-DC, IPSJ-FI
(併催)
2010-03-04
14:10
沖縄 沖縄県青年会館 Web質問紙とセンサデータに基づくオフィスワーカーの心理状態と活動状態の相関分析
神谷祐樹河合英紀NEC)・石村郁夫東京成徳大)・小玉正博筑波大)・國枝和雄山田敬嗣NECLOIS2009-83
本稿では,経験抽出法とライフログを用いたオフィスワーカーの心理状態と活動状態の相関分析実験について報告する.
個人の... [more]
LOIS2009-83
pp.25-30
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2010-03-02
14:25
宮城 作並温泉一の坊(宮城県) ライフログサービスのデータ取得・管理方法と利用者の抵抗感の関係
伊藤宏比古河合英紀國枝和雄山田敬嗣NECSITE2009-72 IA2009-124
近年ライフログサービスの展開が家庭・オフィスを問わず活発になっている.ライフログサービスのデータを取得する組織や閲覧可能... [more] SITE2009-72 IA2009-124
pp.299-304
PRMU 2009-12-17
14:20
栃木 藤原総合文化会館(日光・鬼怒川) [特別講演]Grand Challenge: 30年後の社会を創造する研究
山田敬嗣NECPRMU2009-140
 [more] PRMU2009-140
p.25
NS 2009-10-16
12:05
熊本 熊本県立大学 ソーシャルグラフを成長させるサービスにおけるインセンティブ付与方法の検討
與語一史新熊亮一京大)・小西 琢田仲理恵板谷聡子土井伸一山田敬嗣NEC)・高橋達郎京大NS2009-102
SNSをはじめとするソーシャルグラフを形成するサービスは,新たな情報流通プラットフォームとして注目されている.しかし,そ... [more] NS2009-102
pp.145-150
CQ, MoNA, IPSJ-AVM
(連催)
2009-07-10
14:25
北海道 小樽市民会館 インセンティブ報酬付与による情報伝播制御可能性の検証
橋本 遼新熊亮一京大)・小西 琢田仲理恵板谷聡子土井伸一山田敬嗣NEC)・高橋達郎京大MoMuC2009-24
情報通信技術の発達により,情報発信のコストは小さくなった一方で,受信者には多くの不要な情報も届くようになり,発信者側が情... [more] MoMuC2009-24
pp.77-82
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会