電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SANE 2019-11-28
15:25
大阪 大阪工業大学梅田キャンパス ドローンや航空機を用いた斜面レーザ計測の実施例
佐藤洋平森島啓行原 弘井原伸浩JRC
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] SANE2019-73
pp.17-21
SSS 2019-06-25
15:15
東京 日本大学理工学部駿河台キャンパス タワー・スコラ6階 S620会議室 STAMP/STPAの鉄道信号システムへの応用
高野友佑川野 卓JR東日本
現在,安全解析手法としては,FTAやFMEAが代表的であり,多くの開発で活用されている.しかし,ソフトウェアを主体とした... [more] SSS2019-10
pp.13-16
SSS 2019-06-25
15:50
東京 日本大学理工学部駿河台キャンパス タワー・スコラ6階 S620会議室 列車接近警報システムのSTAMP/STPA分析とSafety 2.0
北村 知杉浦弘人川野 卓JR東日本
MITのLeveson教授により提唱され、ソフトウェア集約型の複雑システムの安全分析や安全設計に有効と言われているSTA... [more] SSS2019-11
pp.17-20
SSS 2019-04-23
13:35
東京 機械振興会館 ヒューマンファクターに基づいた事故解析手法に関する研究
三友信夫日大)・橋本淳史JR東日本
本研究では、ヒューマファクターを要因とする事故解析手法の提案を目的とし、PRAの手順を取り入れた事故解析手法について検討... [more] SSS2019-2
pp.5-8
ITS, IPSJ-ITS, IEE-ITS
(連催)
2018-08-30
15:30
神奈川 神奈川工科大学 [招待講演]新幹線列車無線システムの現状と展望
洞井裕介中村亮介領木慎一柴原大樹阿部文俊国藤 隆JR東日本
新幹線列車無線システムでは、アナログ空間波方式、アナログLCX(Leaky CoaXial cable:漏洩同軸ケーブル... [more] ITS2018-7
p.29
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-11
13:10
北海道 函館アリーナ 鉄道分野での活用を想定した無線トモグラフィによるプライバシーに配慮した物体検知システムの開発
原田 諭坂本憲靖JR東日本)・五十嵐悠一中野 亮高橋政俊日立
 [more] ASN2018-22
pp.37-42
SSS 2018-06-20
13:00
東京 機械振興会館 地下3階3号室 13:00~17:00 鉄道信号システムへの合理性診断の適用 ~ 閉そく信号機への適用 ~
高野友佑川野 卓JR東日本
鉄道信号システムは、列車の衝突や脱線などを防止し列車の安全・安定輸送を支えるためのシステムである。そのため、JR東日本で... [more] SSS2018-7
pp.1-4
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-02
16:35
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 新幹線列車無線システムに適用可能な要素技術に関する一検討
中村亮介服部鉄範JR東日本
東北・上越新幹線列車無線システムは,2002年から順次,アナログ方式からデジタル方式への切替が行われ,これから数年後に次... [more] RCS2017-403
pp.469-474
SANE 2017-10-05
17:10
東京 日仏会館(東京) 地中レーダーを使用した鉄道構造物検査 ~ トンネル覆工と鉄道路盤検査の精度向上と効率化 ~
森島啓行ジェイアール東日本コンサルタンツ)・窪島智樹JR東日本
これまでのトンネルや路盤等の鉄道構造物の検査は、検査員が夜間、列車運行の停止した時間帯に、徒歩による目視検査を主体に実施... [more] SANE2017-62
pp.101-106
RCS 2017-06-23
09:40
沖縄 石垣商工会館 市販の音響電子機器を用いたオフラインソフトウェア音響モデムとそのフィールド評価結果
竹村真志森田宗一郎湯本菜々瀬村山陽寛立命館大)・近藤 拡JR東日本)・久保博嗣立命館大
 [more] RCS2017-78
pp.167-172
RCS 2017-06-23
09:50
沖縄 石垣商工会館 M系列信号を用いた音響通信用チャネルサウンダの性能改善手法
中塚真衣中務光基森田宗一郎村山陽寛立命館大)・近藤 拡JR東日本)・久保博嗣立命館大
 [more] RCS2017-79
pp.173-178
SSS 2017-06-20
15:50
東京 日大駿河台キャンパス ソフトウェア主体鉄道信号保安システムの安全解析におけるSTAMP理論の適用に関する一考察
岡田明正阿満利仁国藤 隆JR東日本
現在、安全解析手法としては、FTAやFMEAが代表的であり、多くの開発で有効である。しかし、ソフトウェアを主体としたシス... [more] SSS2017-11
pp.19-23
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2016-12-15
13:00
東京 産総研臨海副都心センター 触地図の分割数と探索時間の関係 ~ 視覚障害者を対象として ~
秋山優太新潟大)・三科 緑JR東日本)・加賀大嗣渡辺哲也新潟大
触地図の周囲に目盛りを付与し,触地図を分割することにより,触知記号の探索時間を短くする手法が提案・実証されているが,探索... [more] WIT2016-58
pp.75-80
SSS 2016-05-19
15:10
東京 日大駿河台キャンパス 列車制御システムにおける安全性と信頼性
川野 卓松本雅行JR東日本
 [more] SSS2016-4
pp.13-17
SSS 2016-03-10
15:50
東京 機械振興会館 [依頼講演]鉄道信号システムにおけるRAMS規格について
松本雅行JR東日本
 [more] SSS2015-34
pp.19-22
RCS, IT, SIP
(共催)
2016-01-18
13:40
大阪 関西学院大学(大阪梅田) 非可聴周波数帯音響通信の駅構内実環境評価結果
吉田成利三浦和人安部哲也JR東日本)・村山陽寛森田宗一郎湯本菜々瀬市川貴英宮崎律子久保博嗣立命館大
本報告では,JR東日本駅構内における,非可聴帯域を利用した超音波音響通信の実環境評価結果について論じる.JR東日本の駅構... [more] IT2015-72 SIP2015-86 RCS2015-304
pp.143-148
DC 2015-12-18
17:00
新潟 クリエート村上(村上市) 自律分散制御鉄道信号システムにおけるアシュアランス技術の応用と効果について
川野 卓松本雅行JR東日本)・平尾裕司長岡技科大
この論文は,自律分散制御方式を採用した鉄道信号システムにおけるアシュアランス技術の応用について述べている.アシュアランス... [more] DC2015-84
pp.57-63
IN 2015-10-16
13:55
大阪 大阪大学 次世代WEBプロトコルにおける並列転送の効果とQoSの関係
長谷川治久日本女子大)・石川千尋三菱UFJインフォメーションテクノロジー)・来海有希子JR東日本)・伊東みなみネットワンシステムズ)・坂本実功富士ゼロックス東京
WEBページの複雑化と大容量化による表示時間の長延化を解決するSPDYプロトコルが提案された。その後、IETFは従来のH... [more] IN2015-60
pp.41-46
MWP 2015-05-25
15:45
東京 機械振興会館 鉄道軌道面におけるミリ波の反射損失に関する一検討
中村一城川崎邦弘山口大介川村智輝鉄道総研)・服部鉄範栗田 明JR東日本)・吉田正太朗JRSEC
鉄道環境におけるミリ波の伝搬特性については,主に50GHz帯を対象として,国鉄時代から種々の実験やシミュレーションが行わ... [more] MWP2015-8
pp.41-44
AP, RCS
(併催)
2014-11-13
10:25
山形 山形大 米沢キャンパス 鉄道における対列車ミリ波通信の伝搬試験
服部鉄範栗田 明殖栗英介工藤 司JR東日本)・塚本 薫岡崎彰浩三菱電機
近年,鉄道分野における地上・車上間の大容量通信の実現を目指し,40GHz帯ミリ波に関する検討が進められている.ミリ波通信... [more] RCS2014-210
pp.79-84
 29件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会