お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SP, EA, SIP
(共催)
2020-03-03
09:00
沖縄 沖縄産業支援センター
(開催中止,技報発行あり)
[ポスター講演]集中治療室での騒音低減を目的とする補助フィルタ法を用いたベッドANCシステム
前田怜央梶川嘉延関西大)・劉 麗川畢 聰智北イリノイ大EA2019-150 SIP2019-152 SP2019-99
 [more] EA2019-150 SIP2019-152 SP2019-99
pp.285-288
LQE, OPE, SIPH
(共催)
2018-12-06
11:30
東京 慶應義塾大学 [招待講演]The Physics and Applications of Non-Hermitian Coherent VCSEL Arrays
Zihe GaoBradley ThompsonHarshil Dave・○Kent ChoquetteUniv. IllinoisOPE2018-99 LQE2018-109 SIPH2018-15
 [more] OPE2018-99 LQE2018-109 SIPH2018-15
pp.11-14
EA, ASJ-H, ASJ-AA
(共催)
2018-07-25
13:40
北海道 北海道大学 周期信号の静的表現のVOCODERへの応用について
河原英紀和歌山大)・森勢将雅山梨大)・フア カンルイリノイ大EA2018-23
ここでは、VOCODER への応用を目的として、有声音のスペクトル包絡を求める方法を提案する。信号の周期 性による干渉を... [more] EA2018-23
pp.135-140
PRMU, SP
(共催)
2018-06-29
10:00
長野 信州大学 Revisiting interference-free power spectral representations of periodic signals
Hideki KawaharaWakayama Univ.)・Masanori MoriseUniv. Yamanashi)・Kanru HuaUniv. IllinoisPRMU2018-29 SP2018-9
信号の周期性による干渉をパワースペクトルから取除く方法は、20年前のlegacy-STRAIGHT、10年前のTANDE... [more] PRMU2018-29 SP2018-9
pp.41-46
TL 2017-07-22
- 2017-07-23
東京 国立国語研究所 What reaction times and think aloud protocols can tell us about formulaic sequences -- Issues of mental representation and depth of knowledge --
Hang ZhengUniv. of Iiilinois
Formulaic sequences (FSs) are prefabricated word bundles tha... [more]
LQE 2015-12-18
13:15
東京 機械振興会館 [招待講演]Physics and Applications of Phased VCSEL Arrays
Kent D. ChoquetteUniv. IllinoisLQE2015-127
 [more] LQE2015-127
p.21
IBISML 2012-11-08
15:00
東京 筑波大学 東京キャンパス文京校舎 変分ベイズ主成分分析の次元推定性能保証について
中島伸一ニコン)・冨岡亮太東大)・杉山 将東工大)・デリン ババカンイリノイ大IBISML2012-66
ベイズ推定の効率的近似手法である変分ベイズ法は,
多くの応用において高い性能を示している.
しかし,その性能は理論的... [more]
IBISML2012-66
pp.229-236
EST, EMCJ
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2012-10-26
13:00
宮城 東北学院大学 多賀城キャンパス レーザ場中におけるナノプレートのマルチフィジックスシミュレーション
大貫進一郎・○竹内 嵩佐甲徳栄芦澤好人中川活二日大)・田中雅宏岐阜大)・Weng Cho Chewイリノイ大EMCJ2012-81 EST2012-65
近年のナノ技術ならびにレーザ技術の発展に伴い,電子と光の相互作用を利用した新しい光デバイスが注目されている.本稿では,F... [more] EMCJ2012-81 EST2012-65
pp.105-108
IBISML 2011-11-09
15:45
奈良 奈良女子大学 ロバスト主成分分析のための行列分解の一般化
中島伸一ニコン)・杉山 将東工大)・デリン ババカンイリノイ大IBISML2011-61
主成分分析は観測行列を低ランク行列で近似する手法であり,
特異成分単位のスパース推定とみなせる.
これを拡張したロバ... [more]
IBISML2011-61
pp.127-134
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2011-09-05
10:00
北海道 はこだて未来大学 行列因子間独立制約における変分ベイズ行列分解の解析解
中島伸一ニコン)・杉山 将東工大)・デリン ババカンイリノイ大PRMU2011-58 IBISML2011-17
変分ベイズ行列分解は,
分解因子間の独立性(行列因子間独立性)を満たす分布によって
ベイズ事後分布を近似する手法であ... [more]
PRMU2011-58 IBISML2011-17
pp.1-8
IBISML 2011-03-29
10:30
大阪 阪大中之島センター 確率的主成分分析における自動次元選択について
中島伸一ニコン)・杉山 将東工大/JST)・デリン ババカンイリノイ大IBISML2010-123
確率的主成分分析における厳密ベイズ推定は計算困難であるため,
種々の近似法が提案されている.
本稿では
部分ベイズ... [more]
IBISML2010-123
pp.131-138
HIP 2009-12-17
11:20
宮城 東北大学電気通信研究所 視覚における刺激出現タイミングの自動的予測 ~ 空間的・時間的特性の検討 ~
有賀敦紀イエラス アレハンドロイリノイ大HIP2009-97
標的検出課題における被験者の成績(検出成功/検出失敗)は,標的呈示前の脳の内発的な活動(振幅や位相)に依存することが,こ... [more] HIP2009-97
pp.11-14
SANE 2009-11-02
09:15
海外 復旦大学(中国・上海) [招待講演]Advancement of Polarimetric SAR and INSAR
Wolfgang-Martin BoernerUniv. of Illinois at ChicagoSANE2009-83
 [more] SANE2009-83
pp.5-8
VLD, IPSJ-SLDM
(共催)
2008-05-09
11:15
兵庫 神戸大学 障害物を考慮した高速配線長推定手法
リ シューティン北九州市大)・ヤン タンUniv. of Illinois at Urbana-Champaign)・○高島康裕村田 洋北九州市大VLD2008-8
IP再利用等においては, 利用するIPの特性を考慮して設計を行なう必要がある.特にフロアプランにおいては,近傍の配線の状... [more] VLD2008-8
pp.7-12
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会