お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 150件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-ARC, IPSJ-SLDM
(共催)
(連催) [詳細]
2021-01-26
09:50
ONLINE オンライン開催(Zoom を利用予定) 自律ロボットのための遠赤外線画像意味的領域分割とそのFPGA実装
丹羽雄一郎防衛装備庁)・藤井大樹イーソルVLD2020-57 CPSY2020-40 RECONF2020-76
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] VLD2020-57 CPSY2020-40 RECONF2020-76
pp.101-106
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-30
09:25
ONLINE オンライン開催 音楽信号生成のための簡素なセルオートマトンの解析
宇田川穂高齋藤利通法政大CAS2020-12 NLP2020-33
基本セルオートマトンは時間,状態,空間が離散的なダイナミカルシステムである.初期値と簡素なルールにより様々な時空パターン... [more] CAS2020-12 NLP2020-33
pp.5-8
NLP 2020-05-15
11:00
ONLINE オンライン開催 FitzHugh-Nagumo方程式は視覚の時間周波数特性を記述できる
長 篤志山口大)・鈴木 将ブラケアジェネティクス)・大高洸輝広島商船高専)・三池秀敏山口学芸大NLP2020-1
ヒトの視覚において,明滅している刺激の周波数によっては明滅が知覚できなくなる.また,移動している対象を観察するとその対象... [more] NLP2020-1
pp.1-5
SANE 2020-04-22 ONLINE オンライン開催 [特別講演]研究開発ビジョン~多次元統合防衛力の実現とその先へ~ ~ 電磁波領域の取組を中心として ~
宇佐美文梨藤田元信防衛装備庁SANE2020-8
近年、電磁波領域は、宇宙領域、サイバー領域と並ぶ安全保障上極めて重要な領域の一つと位置づけられている。令和元年8月に防衛... [more] SANE2020-8
pp.41-46
NC, MBE
(併催)
2020-03-05
11:10
東京 電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
脳波による認知状態のリアルタイム推定
相羽裕子和知靖孝羽田浩一郎防衛装備庁)・荒毛将史防衛医科大
 [more]
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2019-09-27
17:50
東京 フューチャー株式会社 社内コンペティションによるYahoo!ニュースのコメントランキングの改善
田口拓明ヤフー)・藤田綜一郎東工大)・小林隼人ヤフー/理研)・田渕義宗小林 健ヤフー)・村尾一真VISITS Technologies)・Chahine Koleejan増山毅司谷塚太一ヤフー)・奥村 学東工大NLC2019-16
本論文では,Yahoo!ニュースのコメントを建設的な順番に並び変えるモデルの精度改善のために,社内で実施したコンペティシ... [more] NLC2019-16
pp.41-46
ISEC, SITE, ICSS, EMM, HWS, BioX
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-07-24
09:30
高知 高知工科大学 SecureHID: USBインタフェースのセキュリティ
ゲッテ ヤン早大)・矢内直人阪大)・森 達哉早大ISEC2019-35 SITE2019-29 BioX2019-27 HWS2019-30 ICSS2019-33 EMM2019-38
 [more] ISEC2019-35 SITE2019-29 BioX2019-27 HWS2019-30 ICSS2019-33 EMM2019-38
pp.199-206
SANE 2019-04-16
15:45
神奈川 防衛大学校 [特別講演]電子戦の中のステルス化技術
髙萩和宏防衛装備庁SANE2019-12
脅威レーダ電波の反射を抑制し、探知確率や探知距離を低減するステルス化技術は、我の電波諸元を相手に掴ませないという点で電子... [more] SANE2019-12
p.53
KBSE 2019-03-01
17:25
京都 同志社大学寒梅館 教育支援システムのための人物の行動追跡システムの開発
張 斌神奈川大)・中村友昭長井隆行電通大)・大森隆司玉川大)・金子正秀電通大)・林 憲玉神奈川大KBSE2018-61
本稿では,体育やダンスなど行動の多い授業中で,教育者の目線で学生一人一人の行動を疲れなく観察し,フィードバックをする作業... [more] KBSE2018-61
pp.45-49
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-09-20
10:00
福岡 福岡工業大学 深層学習超解像を用いたMRI再構成の検討
北崎自然川喜田雅則實松 豊九大)・久原重英杏林大)・竹内純一九大PRMU2018-39 IBISML2018-16
 [more] PRMU2018-39 IBISML2018-16
pp.21-29
OME, IEE-DEI
(連催)
2018-07-20
11:40
新潟 [19日](株)コロナ 本社 会議室, [20日]まちなかキャンパス長岡301会議室 High-k誘電体上に塗布形成したPS/TIPS-Pentacene垂直層分離薄膜を用いた有機FETの高性能化と面内配向制御
伊東栄次上野純平信州大OME2018-11
 [more] OME2018-11
pp.33-36
HCS 2018-01-27
10:20
鹿児島 第一工業大学 インターネットによる育児情報接触が育児期の女性の感情に与える影響
松井咲子中山満子奈良女子大HCS2017-81
不安感や孤独感が強くなりがちな「育児期の女性」が,インターネットを利用して,いかに育児情報に接触し,それによって育児感情... [more] HCS2017-81
pp.85-90
HCS 2018-01-27
10:40
鹿児島 第一工業大学 インターネット上での情報探索による態度変容 ~ 我々はどのように情報の影響を受けるのか ~
中山満子・○石田希実奈良女子大HCS2017-82
ものごとや対象に対する態度決定を行う際に,インターネットでの情報探索行動がどのように行われ,どのように影響されるのかにつ... [more] HCS2017-82
pp.91-94
ITE-IDY, IEE-EDD
(共催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2018-01-26
10:10
静岡 静岡大学 浜松キャンパス 透明OLED照明インジケーター試作
増田幸信Shim Chang-Hoon菅原隆太郎九大)・八尋正幸九州先端科学技研)・服部励治九大
 [more]
SIP, IT, RCS
(共催)
2018-01-23
11:20
香川 サンポートホール高松 Nonlinear approximation using for audio source separation
Lu WangTomoaki OhtsukiKeio Univ.IT2017-96 SIP2017-104 RCS2017-310
 [more] IT2017-96 SIP2017-104 RCS2017-310
pp.243-248
OME 2017-12-01
14:20
佐賀 サンメッセ鳥栖 [招待講演]溶液プロセスで作製した高移動度ペロブスカイトトランジスタ
松島敏則サンガランゲ ドン アトゥラ サンダナヤカシン センコウ九大)・藤原 隆九州先端科学技研)・安達千波矢九大OME2017-45
有機無機ペロブスカイトをトランジスタの半導体層として用いれば、バンド伝導を利用して高いキャリア移動度が期待される。しかし... [more] OME2017-45
pp.49-51
ICTSSL 2017-07-13
16:15
香川 香川大学 [特別講演]南海トラフ巨大地震への備え ~ 香川大学の防災・危機管理教育研究の取組み ~
白木 渡香川大
 [more]
SR 2017-05-25
14:15
東京 東京ビッグサイト(ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017 会場内) 超ビッグデータ創出のための第5世代M2M/IoT用ワイヤレスネットワーク
原田博司水谷圭一松村 武京大SR2017-8
 [more] SR2017-8
pp.47-54
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2017-03-14
12:20
長崎 長崎県立大学シーボルト校 分散処理によるOpenFlowを用いた端末非依存なネットワーク攻撃検知手法とその評価
宮崎亮輔九州先端科学技研/九大)・川本淳平)・松本晋一九大)・櫻井幸一九州先端科学技研/九大ICSS2016-69
近年,サイバー攻撃の種類は多種多様に渡っており,可能な限り多くの種類の攻撃を検知する技術が必要である.そこで我々は,So... [more] ICSS2016-69
pp.177-182
COMP, ISEC
(共催)
2016-12-21
14:50
広島 広島大学 東広島キャンパス 法人本部棟4階会議室 Sensitivityが3の論理関数について
天野一幸群馬大ISEC2016-77 COMP2016-38
 [more] ISEC2016-77 COMP2016-38
pp.37-42
 150件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会