電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
QIT
(第二種研究会)
2020-12-11
17:30
ONLINE オンライン開催 乱数生成による量子コンピュータの出力の独立性解析
田村賢太郎鹿野 豊慶大)・レイモンド ルディー日本IBM
 [more]
SR 2019-11-04
11:00
海外 Rutgers University, NJ, USA [ポスター講演]IBM's mmWave 5G Software Defined Phased Array Radio (SDPAR): A Platform for Fast Channel Measurements, Beam Optimization and Beyond
Arun PaidimarriBodhisatwa SadhuMark FerrissMark YeckXiaoxiong GuAlberto Valdes-GarciaIBM
The forthcoming deployment of mmWave-enabled 5G directional ... [more]
KBSE 2019-01-26
11:45
東京 国立情報学研究所 フレームワークの簡素化のためのホットスポットの統合手法
小野那緒人早大)・小野康一日本IBM)・深澤良彰早大KBSE2018-47
フレームワークは,その利用者であるアプリケーションソフトウェア開発者からの要求変更や利用後のフィードバックを受けて,適宜... [more] KBSE2018-47
pp.25-30
QIT
(第二種研究会)
2018-11-26
17:30
東京 東京大学 Dynamic Boltzmann Machine for Improving Readout Fidelity of Near-Term Intermediate Scale Quantum Devices
Rudy RaymondTakayuki OsogamiTRL
 [more]
QIT
(第二種研究会)
2018-11-26
13:30
東京 東京大学 [ポスター講演]量子回路マッピングにおける量子ビット初期配置手法の実験的性能評価
井床利生今道貴司日本IBM
物理的に接続している量子ビット間にのみ二量子ビットゲートを作用可能という制約を持つ量子コンピュータに対しては,量子回路の... [more]
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
11:05
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス ソーシャルストリームを用いた訪日外国人の趣向を考慮したイベント情報の配信
今井美希工藤瑠璃子お茶の水女子大)・榎木美紀IBM Research)・小口正人お茶の水女子大NS2018-144
近年日本を訪れる外国人観光客は急激に増加しており,2020 年に開催される東京オリンピック・パラリンピックを考慮す... [more] NS2018-144
pp.81-86
SP, IPSJ-SLP
(併催)
2018-07-26
17:15
静岡 舘山寺サゴーロイヤルホテル 異なる決定木に基づくニューラルネットワーク音響モデルからの知識蒸留
福田 隆日本IBM)・サミュエル トーマスIBMSP2018-20
本報告では,ニューラルネットワーク音響モデルの知識蒸留において,異なる決定木を持つ教師ネットワークからの蒸留を行う方法を... [more] SP2018-20
pp.21-24
MoNA 2017-12-21
11:20
東京 お茶の水女子大学 タイムリーな観光情報提示のためのSNSを用いたイベント抽出
工藤瑠璃子お茶の水女子大)・榎 美紀日本IBM)・中尾彰宏山本 周東大)・山口実靖工学院大)・小口正人お茶の水女子大MoNA2017-31
本研究では、SNSからガイドブック等からは容易に取得するのが困難なローカルイベントや今まさに開催されているイベントの情報... [more] MoNA2017-31
pp.19-24
MoNA 2017-12-21
11:45
東京 お茶の水女子大学 ソーシャルストリームに基づくイベント情報配信のための訪日外国人の趣向の解析
今井美希お茶の水女子大)・榎 美紀日本IBM)・小口正人お茶の水女子大MoNA2017-32
近年日本を訪れる外国人観光客は急激に増加している.また2020年に開催される東京オリンピックを考慮すれば更なる増加が見込... [more] MoNA2017-32
pp.25-29
ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
IE
(連催) [詳細]
2017-10-05
13:25
長崎 長崎総合科学大学 イメージ空間に基づいた粒子レンダリング法 ~ 粒子ベースレンダリング法の画質改善 ~
趙 コン日本IBMIE2017-48
 [more] IE2017-48
pp.7-11
NLC, IPSJ-IFAT
(連催)
2017-02-10
13:55
大阪 大阪・梅田 ティーオージー会議室 震災被災者のソーシャルメディア分析を通じたメンタルケアの可能性
青木竜哉東工大)・那須川哲哉吉川克正日本IBM)・高村大也奥村 学東工大NLC2016-48
2016年4月に発生した熊本地震の前後における被災地のTwitterユーザの書き込みの分析を行った.筆者の感情と心理傾向... [more] NLC2016-48
pp.65-70
SP, IPSJ-SLP
(連催)
NLC, IPSJ-NL
(連催)
(併催) [詳細]
2016-12-21
15:25
東京 NTT武蔵野研究開発センタ [依頼講演]国際会議 COLING 2016 参加報告 (1)
鈴木祥子日本IBMNLC2016-34
大阪で開催されたCOLING 2016(the 26th International Conference on Com... [more] NLC2016-34
p.55
IBISML 2015-03-06
10:30
京都 京都大学 人間・機械混在型クラウドソーシングにおける品質管理
渡邉俊大東大)・井床利生齋藤 新小林正朋髙木啓伸日本IBM)・鹿島久嗣京大IBISML2014-91
身体に困難を抱える人でも簡単に利用できるコンテンツの製作では画像認識等の認識エンジンによって効率化が図られることが多いが... [more] IBISML2014-91
pp.47-54
SP 2015-01-22
15:05
岐阜 じゅうろくプラザ 精神疾患診断補助に有効な発話課題と音声特徴に関する検討
和家尚希・○鈴木雅之長野 徹立花隆輝日本IBM)・西村雅史静岡大)・田口高也根本清貴太刀川弘和筑波大SP2014-133
 [more] SP2014-133
pp.37-42
IBISML 2014-11-18
15:00
愛知 名古屋大学 [ポスター講演]疎結合を持つモジュラー型自己連想ニューラルネットワークの特性解析
山根敏志日本IBM)・田中剛平東大)・中野大樹日本IBM)・中根了昌東大)・片山泰尚日本IBMIBISML2014-82
モジュラー・ネットワーク構造を持つ自己連想ニューラルネットワークの特性解析について報告する.
特に,ハードウェア実装を... [more]
IBISML2014-82
pp.351-356
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2014-07-17
14:55
東京 東京工業大学 スパッタ磁気テープにおける面記録密度148Gb/in2の基礎的検証
立花淳一遠藤哲雄平塚亮一井上 悟ソニー)・David BermanPierre-olivier JubertHGST)・Teya TopuriaChie C PoonWayne IwainoIBM AlmadenMR2014-12
ポリマー基板上にCoPtCr-SiO2垂直磁気記録膜を成膜した磁気テープを作製し,市販のハードディスク用のSingle ... [more] MR2014-12
pp.23-28
NLC 2014-06-14
13:30
福岡 九州工業大学(飯塚キャンパス) Twitterを用いた災害情報の早期発見
斎藤翔太東大)・伊川洋平日本IBM)・鈴木秀幸東大)・村上明子日本IBMNLC2014-2
近年普及しているTwitterにおいて,ユーザーによって投稿されている即時的な情報により,実世界の出来事を即時に知ること... [more] NLC2014-2
pp.7-12
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(併催) [詳細]
2012-09-02
13:00
東京 東京農工大 [特別講演]IBMにおける機械学習研究と応用
井手 剛日本IBM
 [more]
NLC 2012-08-31
11:30
神奈川 富士ゼロックス(横浜市) 高齢者の履歴書からの特徴語抽出によるスキルの発見とマッチング
三浦貴大東大)・小林正朋日本IBM)・檜山 敦東大)・高木啓伸日本IBM)・廣瀬通孝東大NLC2012-20
高齢者には知識・経験・技能など若者に無いスキルがあり,社会の推進力となる可能性がある.彼らが持つ膨大なスキルの利用には,... [more] NLC2012-20
pp.55-59
SC 2012-06-11
15:50
東京 国立情報学研究所 サービス・コモンズ
立堀道昭日本IBM
無償提供のWebサービス用の典型的な利用規約の標準化を提案する. [more]
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会