お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EST 2019-05-17
15:40
愛知 名古屋工業大学 [招待講演]シミュレーションデータを利用する TMSコイルによる脳内誘導電界の実時間推定器の構築
本谷秀堅牧 豊大横田達也名工大)・ラークソ イルッカアールト大)・平田晃正名工大EST2019-7
TMS (Transcranial Magnetic Stimulation)コイルを頭部表面に配置することにより脳に局... [more] EST2019-7
p.29
EST, MW, EMCJ
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2018-10-18
10:45
青森 八戸商工会館(青森県八戸市) 様々なコイルを用いたdTMSによる脳内誘導電界評価
濱坂厚志ホセ ゴメス タメス平田晃正名工大)・イルッカ ラークソアールト大)・マイ ルー蘭州交通大)・上野照剛東大EMCJ2018-35 MW2018-71 EST2018-57
 [more] EMCJ2018-35 MW2018-71 EST2018-57
pp.7-10
EST, MW, EMCJ
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2018-10-18
11:10
青森 八戸商工会館(青森県八戸市) In situ Electric Fields in Human Models Exposed to Spatially Uniform Magnetic Fields
Katsuaki AgaAkimasa HirataNITech)・Ilkka LaaksoAalto Univ.)・Hiroo TaraoNIT, Kagawa)・Yingliang DiaoSCAU)・Takahiro ItoNITech)・Yoichi SekibaDCC)・Kenichi YamazakiCRIEPIEMCJ2018-36 MW2018-72 EST2018-58
IEEE C95.1 (radio frequency) and C95.6 (low frequency) stand... [more] EMCJ2018-36 MW2018-72 EST2018-58
pp.11-16
EMT, EST, LQE, MWP, OPE, PN
(共催)
PEM, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2018-01-25
15:40
兵庫 姫路西はりま地場産業センター TMSによる神経刺激のためのモデル構築
青沼新大酒井隆志名工大)・ラークソ イルッカアールト大)・平田晃正名工大PN2017-64 EMT2017-101 OPE2017-142 LQE2017-124 EST2017-100 MWP2017-77
近年,医療分野において脳組織を非侵襲的かつ局所的に刺激することに関心が高まっている.その方法の一つとしてTMS(経頭蓋磁... [more] PN2017-64 EMT2017-101 OPE2017-142 LQE2017-124 EST2017-100 MWP2017-77
pp.143-148
EMT, IEE-EMT
(連催)
2017-11-09
13:10
山形 山形県天童温泉天童ホテル ctDCSによる小脳内誘導電界の解析
山上智義伊藤孝弘ゴメスタメス ホセ名工大)・ラークソ イルッカアールト大)・平田晃正名工大EMT2017-50
近年,医療分野において非侵襲的かつ局所的に脳を刺激し脳活動を修飾することへの関心が高まっている.その方法の一つとして,t... [more] EMT2017-50
pp.55-58
MW, EMCJ, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2017-10-19
14:35
秋田 あきた芸術村 温泉ゆぽぽ バンケットホール紫苑 Electromagnetic Simulation for Peritumoral Brain Mapping by TMS
Shinta AonumaJose Gomez-TamesNagoya Inst. of Tech.)・Ilkka LaaksoAalto Univ.)・Akimasa HirataNagoya Inst. of Tech.)・Tomokazu TakakuraManabu TamuraYoshihiro MuragakiTWMUEMCJ2017-35 MW2017-87 EST2017-50
近年,脳組織への非侵襲的かつ局所的な刺激に関心が高まっている.TMSはこの手法の一つであり,運動に関する脳機能のマッピン... [more] EMCJ2017-35 MW2017-87 EST2017-50
pp.51-54
MWP, OPE, EMT, MW, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2017-07-20
15:30
北海道 帯広商工会議所 TMSにおける刺激条件の差異による脳内誘導電界の検討
濱坂厚志ゴメスタメス ホセ名工大)・ラークソ イルッカアールト大)・平田晃正名工大EMT2017-13 MW2017-38 OPE2017-18 EST2017-15 MWP2017-15
近年,医療分野において,脳を非侵襲的に刺激することに関心が高まっている.その方法の一つとしてTMS(経頭蓋磁気刺激法)が... [more] EMT2017-13 MW2017-38 OPE2017-18 EST2017-15 MWP2017-15
pp.41-44
QIT
(第二種研究会)
2017-05-29
15:00
京都 立命館大学 朱雀キャンパス [ポスター講演]Controlled microwave absorption in superconducting electric circuit system based on NIS junctions
Shumpei MasudaTMDU)・Kuan Yen TanMatti PartanenMatti SilveriAalto Univ.)・Hermann GrabertUniv. of Freiburg)・Mikko MöttönenAalto Univ.
 [more]
EMT, IEE-EMT
(連催)
2016-11-19
10:20
和歌山 白浜古賀の井リゾート&スパ(南紀白浜) 標準脳を用いたTMSコイルの差異による脳内誘導電界のばらつき評価
岩橋真宏ゴメスタメス ホセ名工大)・ラークソ イルッカアールト大)・平田晃正名工大EMT2016-69
 [more] EMT2016-69
pp.201-204
OPE, MW, EMT, MWP, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2016-07-21
13:55
北海道 網走 オホーツク・文化交流センター(エコーセンター2000) TMSによる運動野の高分解能位置推定
青沼新大ゴメスタメス ホセ名工大)・ラークソ イルッカアールト大)・平田晃正名工大)・高倉朋和田村 学村垣善浩東京女子医科大EMT2016-19 MW2016-50 OPE2016-31 EST2016-20 MWP2016-21
近年,医療分野において脳組織を非侵襲的かつ局所的に刺激することに関心が高まっている.その方法の一つとしてTMS(経頭蓋磁... [more] EMT2016-19 MW2016-50 OPE2016-31 EST2016-20 MWP2016-21
pp.77-80
SR, RCC, MICT, RCS, SRW
(併催)
(第二種研究会)
2016-05-16
- 2016-05-17
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]An Ultrawideband Conformal Loop Antenna for Wireless Capsule Endoscope System
Miah Md SuzanKatsuyuki HanedaClemens IchelnAfroza KhatunAalto Univ.)・Ken-ichi TakizawaNICT
In this paper, an ultra wideband loop antenna is presented f... [more]
SR, SRW
(併催)
2016-05-17
14:00
海外 Hotel Lasaretti, Oulu, Finland [ポスター講演]Performance Evaluation of User Scheduling in Full-Duplex Cellular Networks
Takuya OhtoKoji YamamotoKyoto Univ.)・Katsuyuki HanedaAalto Univ.)・Takayuki NishioMasahiro MorikuraKyoto Univ.SR2016-15 SRW2016-12
Full-duplex (FD) communication has attracted research attent... [more] SR2016-15 SRW2016-12
pp.55-56(SR), pp.43-44(SRW)
EA, SP, SIP
(共催)
2016-03-29
09:00
大分 別府国際コンベンションセンター B-ConPlaza [ポスター講演]Majorisation-minimization based composite autoregressive system optimization with a glottal source model prior
Lauri JuvelaAalto Univ.)・Hirokazu KameokaTokyo Univ.)・Junichi YamagishiNIIEA2015-115 SIP2015-164 SP2015-143
声帯音源逆フィルタリングにより音声から声帯音源波形を高精度に推定することができればパラメトリッ ク音声合成における駆動音... [more] EA2015-115 SIP2015-164 SP2015-143
pp.273-278
NS, RCS
(併催)
2015-12-18
15:40
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 全二重セルラネットワークにおけるユーザスケジューリング特性解析
大戸琢也山本高至京大)・羽田勝之アールト大)・西尾理志守倉正博京大RCS2015-268
周波数利用効率の向上のため,
基地局が同一周波数で送信と受信を同時に行う
全二重セルラネットワーク(FDC:Full... [more]
RCS2015-268
pp.145-150
RCS 2015-06-25
10:53
北海道 北海道大学 帯域内全二重セルラネットワークにおける重み付きPFスケジューリングの評価
大戸琢也山本高至京大)・羽田勝之アールト大)・西尾理志守倉正博京大RCS2015-71
帯域内全二重(IBFD:In-Band Full-Duplex)通信では,無線機が送信と受信を同一周波数で同時に行うこと... [more] RCS2015-71
pp.149-154
AP 2015-06-11
14:25
東京 機械振興会館 同一チャネル全二重無線通信向け平面アンテナの寄生共振器に関する一検討
岩元 啓東大)・Mikko Heino羽田勝之Aalto Univ.)・森川博之東大AP2015-35
同一チャネル全二重無線通信によって無線通信における帯域利用効率を飛躍的に高めることが期待できる.同一チャネル全二重無線通... [more] AP2015-35
pp.19-24
SDM, ED
(共催)
2015-02-06
11:30
北海道 北海道大学(百年記念会館) フレキシブルカーボンナノチューブ集積回路の動作速度改善
三善利忠名大)・カスケラ アンティライホ パトリックナシブリン アルバートアールト大)・岸本 茂名大)・カウピネン エスコアールト大)・大野雄高名大ED2014-151 SDM2014-160
カーボンナノチューブ(CNT)薄膜をチャネルとするCNT薄膜トランジスタにおいて、動作速度向上のため、遅延要因となる寄生... [more] ED2014-151 SDM2014-160
pp.75-79
AP, SAT
(併催)
2014-07-25
16:00
岐阜 下呂市民会館 Antenna de-embedding and antenna-channel recombination of MIMO system: feasibility investigation in spherical wave domain
Yang MiaoJun-ichi TakadaTokyo Inst. of Tech.)・Katsuyuki HanedaAalto Univ.)・Minseok KimNiigata Univ.AP2014-71 SAT2014-24
 [more] AP2014-71 SAT2014-24
pp.131-134(AP), pp.69-72(SAT)
MICT, RCC
(共催)
2014-05-30
11:35
東京 機械振興会館 Human Movement Classification using Signal Level Fluctuation in WBAN at 403.5 MHz and 2.45 GHz
Sukhumarn ArchasantisukTakahiro AoyagiTokyo Inst. of Tech.)・Tero UusitupaAalto Univ.RCC2014-15 MICT2014-15
 [more] RCC2014-15 MICT2014-15
pp.73-78
SDM, ED
(共催)
(ワークショップ)
2012-06-29
11:30
沖縄 沖縄県青年会館 [招待講演]Carbon nanotube-based plastic electronics
Yutaka OhnoNagoya Univ., Aalto Univ.)・Dong-ming SunKentaro HiguchiNagoya Univ.)・Marina Y. TimmermansAntti KaskelaAlbert G. NasibulinAalto Univ.)・Shigeru KishimotoNagoya Univ.)・Esko I. KauppinenAalto Univ.)・Takashi MizutaniNagoya Univ.
 [more]
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会