お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-07
10:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 複数周波数帯利用無線LANの分担センシングを用いたチャネル選択に関する一検討
矢野一人滕 睿江頭直人ATR)・ウェバー ジュリアンATR/阪大)・臼井 誠鈴木義規ATRRCS2018-314
無線LANトラヒックは増加の一途を辿っており,周波数利用効率の向上は急務である.そのため,筆者らは複数周波数帯に散在する... [more] RCS2018-314
pp.169-174
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-07
10:55
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 3周波数帯同時伝送無線LANの試作装置開発および伝送実験評価
江頭直人矢野一人ATR)・ウェバー ジュリアンATR/阪大)・臼井 誠ATR)・周東雅之杉谷敦彦雨澤泰治モバイルテクノ)・鈴木義規ATRRCS2018-315
近年の無線LAN(WLAN)やIoT/M2M機器の利用拡大により急増するトラヒックの収容に向けて,筆者らは単一端末で複数... [more] RCS2018-315
pp.175-180
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
09:50
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク A Study on Joint Probability Distribution Property of Busy/Idle Duration and its Impact on the Performance of Auto-regressive Based Predictor over Real Environmental Channel
Yafei HouOkayama Univ.)・Kazuto YanoATR)・Satoshi DennoOkayama Univ.)・Yoshinori SuzukiATRSR2018-137
 [more] SR2018-137
pp.89-96
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-02-01
10:50
大阪 大阪大学 中之島センター Autoregressiveモデルに基づくBusy/Idle状態継続時間予測における継続時間履歴に基づくカテゴライズに関する一検討
田中佑典侯 亜飛田野 哲岡山大)・鈴木義規ATRIT2018-56 SIP2018-86 RCS2018-263
周波数利用効率の向上のため,チャネルの利用状況に応じて複数の周波数帯を活用するコグニティブ無線技術が注目されている.これ... [more] IT2018-56 SIP2018-86 RCS2018-263
pp.121-126
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-01
10:00
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク Random Clustering Scheme with Connectivity-Threshold Based Cluster Head Selection for Multi-Layered Wireless Robotic Networks
Rui TengKazuto YanoTomoaki KumagaiATRRCS2017-363
 [more] RCS2017-363
pp.247-251
ISEC, WBS, IT
(共催)
2017-03-10
11:45
東京 東海大学 高輪キャンパス IEEE 802.11無線LANに適した畳み込み符号化OFDM伝送のビット誤り率予測
菅 宣理江頭直人矢野一人熊谷智明ATRIT2016-125 ISEC2016-115 WBS2016-101
本稿では無線LAN(local area network)環境を想定したCOFDM(coded orthogonal f... [more] IT2016-125 ISEC2016-115 WBS2016-101
pp.167-172
SANE, SAT
(併催)
2015-02-18
13:40
沖縄 沖縄県市町村自治会館 小型無人超音速実験機に搭載する1.2GHz帯テレメトリ用アンテナ
北沢祥一ATR)・上羽正純室蘭工大SAT2014-53
 [more] SAT2014-53
pp.13-18
AP
(第二種研究会)
2015-01-09
11:35
海外 PTIT, Ho Chi Minh City, Vietnam Sequentially Switched Antenna Array Receiver for High Speed Vehicles
Satoshi TsukamotoTakahiro MaedaLu ShanJulian WebberMasayuki AriyoshiTomoaki KumagaiATR
In recent years, it becomes an interesting challenge to prov... [more]
MW
(第二種研究会)
2014-11-26
- 2014-11-28
海外 KMITL, Bangkok, Thailand Proposal of Sequentially Switched Antenna Array Receiver on High Speed Vehicles Entrance
Satoru AikawaRyosuke BabaShinichiro YamamotoUniv. of Hyogo)・Satoshi TsukamotoJulian WebberMasayuki AriyoshiATR
The traffics from many smartphones in a bullet train are inc... [more]
MW
(第二種研究会)
2014-11-26
- 2014-11-28
海外 KMITL, Bangkok, Thailand A Study of Combine Effect to Multiple Elements in Sequentially Switched Antenna Array Receiver
Ryosuke BabaShinichiro YamamotoSatoru AikawaUniv. of Hyogo)・Satoshi TsukamotoJulian WebberMasayuki AriyoshiATR
The traffics from many smartphones in a bullet train are inc... [more]
AP
(第二種研究会)
2014-01-09
16:50
海外 Le Quy Don Technical University (Hanoi) Performance Evaluation of 2x2 MIMO System with Single Leaky Coaxial Cable
Satoshi TsukamotoTakahiro MaedaSusumu AnoYafei HouHiroshi BanMasayuki AriyoshiKiyoshi KobayashiATR
This paper proposes a novel 2x2 multiple-input multiple-outp... [more]
MW
(ワークショップ)
2013-12-02
- 2013-12-04
海外 KMUTNB, Thailand Congestion Avoidance with Extra Transmission Wait for Simultaneous-Triggered M2M Wireless Devices under Limited Radio Resources Conditions
Satoshi TsukamotoTakahiro MaedaTomohiro MiyasakaHiroshi BanMasayuki AriyoshiKiyoshi KobayashiATR Wave Engineering Laboratories
Machine-to-Machine (M2M) communication system is widely used... [more]
MW
(ワークショップ)
2012-08-08
- 2012-08-10
海外 Chulalongkorn University, Thailand An Experimental 8$B!_(B8 MU-MIMO System with Block Diagonalized Vector Perturbation
Satoshi TsukamotoSatoshi SonobeTakahiro MaedaShoichi KitazawaMasahiro UnoHiroshi BanKiyoshi KobayashiATR Wave Engineering Lab.
This paper presents an experimental 8$B!_(B8 (eight transm... [more]
MW
(ワークショップ)
2012-08-08
- 2012-08-10
海外 Chulalongkorn University, Thailand The Impact of Modulo Boundary Setting Error on the Performance of Block Diagonalized Vector Perturbation MU-MIMO Systems
Satoshi SonobeSatoshi TsukamotoKazuto YanoMasahiro UnoHiroshi BanKiyoshi KobayashiATR
This paper shows the impact of modulo boundary setting in a ... [more]
RCS 2012-04-20
14:15
京都 京都大学 ブロック対角化vector perturbationを用いた非線形マルチユーザMIMOの屋内伝送実験
薗部聡司塚本悟司北沢祥一前田隆宏阿野 進伴 弘司宇野雅博小林 聖ATRRCS2012-18
筆者らはLTE-Advanced 下りリンクへの適用に向けた非線形MU-MIMOの実機評価のため,VP アルゴリズムをブ... [more] RCS2012-18
pp.103-108
AP, RCS
(併催)
2011-11-18
09:45
愛知 名古屋国際会議場 次世代移動通信に向けた非線形マルチユーザMIMO実験装置の開発
塚本悟司・○薗部聡司北沢祥一伴 弘司宇野雅博小林 聖ATRRCS2011-218
セルラシステムにおいてはセルあたりの通信容量とユーザあたりの伝送速度の両方を同時に高める技術としてマルチユーザMIMO ... [more] RCS2011-218
pp.173-177
MW, AP
(併催)
2011-09-09
14:30
大阪 大阪大学 (豊中キャンパス) 環境電波のハーベスティングに関する一検討
北沢祥一阿野 進伴 弘司ATR)・上羽正純室蘭工大MW2011-83
身の周りの環境に存在する電波のハーベスティング手法とその電力源としての可能性について検討した結果を報告する.国内でごく一... [more] MW2011-83
pp.27-32
RCS, MoNA, SR
(併催)
2011-03-02
16:40
神奈川 YRP DSAシステムのセンシングストラテジの違いが無線LANとBluetoothに与える影響
中本成洋矢野一人鈴木康夫相河 聡宇野雅博上羽正純ATRSR2010-98
筆者らはISM帯における効率的な無線リソース利用に向けたダイナミックスペクトラムアクセス(DSA)システムの検討を行って... [more] SR2010-98
pp.69-76
SR 2010-07-29
14:20
京都 ATR (京都) 無線LANとBluetooth共存環境での高トラフィック時のリソース使用状況測定 ~ ISM帯における電波資源利用状況解明にむけて ~
塚本悟司宮坂朋宏矢野一人上羽正純ATRSR2010-20
ISM帯では多数の無線システムが運用されており,システム毎の自律分散的なチャネル配置や占有帯域幅の差異などにより周波数的... [more] SR2010-20
pp.25-30
AP 2010-06-10
12:30
東京 機械振興会館 ICT機器内の狭空間における電波伝搬の解明
北沢祥一ATR)・大平昌敬ATR/埼玉大)・馬場隆行ATR/三菱電機)・伴 弘司上羽正純ATRAP2010-32
我々はICT機器の配線の削減による低CO2化を目指して,メカトロニクスICT機器内に多数配置されているセンサと制御ボード... [more] AP2010-32
pp.1-6
 43件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会