電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 34件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITS, WBS, RCC
(共催)
2017-12-14
10:00
沖縄 てぃるる/沖縄県市町村自治会館 [ポスター講演]立ち乗り型PMDにおける走行中のDistracted Drivingの時間について
佐藤健太金 帝演鶴岡高専)・橋本尚久富田康治宮腰清一瀧浪雄介松本 治産総研WBS2017-38 ITS2017-15 RCC2017-54
 [more] WBS2017-38 ITS2017-15 RCC2017-54
pp.17-20
ASN 2017-11-16
13:00
山形 鶴岡市先端研究産業支援センター 無人航空機による鳥獣検出および追い払いに関する基礎的検討
金 帝演土門祐貴神田和也鶴岡高専ASN2017-66
 [more] ASN2017-66
pp.25-28
ITS 2017-06-21
13:35
埼玉 埼玉大学 立ち乗り型PMDにおけるDistractionが走行軌跡に与える影響について
佐藤健太金 帝演鶴岡高専)・橋本尚久富田康治宮腰清一瀧浪雄介松本 治産総研ITS2017-2
 [more] ITS2017-2
pp.7-11
CPSY, DC, IPSJ-ARC
(連催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-05-24
10:15
北海道 登別温泉第一滝本館 劣化検出のための短周期テストパタンを用いた決定論的パス遅延測定法
加藤健太郎森 祐海鶴岡高専CPSY2017-12 DC2017-12
短周期テストパタンは決め打ちしたパスを短い時間間隔で連続して活性化することができる.この特性を用いて,可変クロックを用い... [more] CPSY2017-12 DC2017-12
pp.69-74
ITS, IEE-ITS
(連催)
2017-03-07
10:10
京都 京都大学 回転翼型無人航空機の自動給電について
金 帝演鶴岡高専ITS2016-77
本稿では,回転翼型無人航空機用自動給電装置と着陸時の位置特定手法を提案する.具体的には簡易なメンテナンス,着陸時の位置特... [more] ITS2016-77
pp.1-5
SDM, EID
(共催)
2016-12-12
10:00
奈良 奈良先端科学技術大学院大学 SrTa2O6によるIGZO薄膜トランジスタの高性能化要因解析
及川賢人藤井茉美Bermundo Juan Paolo奈良先端大)・内山 潔鶴岡高専)・石河泰明浦岡行治奈良先端大
 [more]
ET 2016-11-18
15:45
静岡 プラザ ヴェルデ GPS,E-メール,クリック操作を用いた半自動出欠管理システム
加藤健太郎帯谷主馬佐藤壮真鶴岡高専ET2016-64
本研究ではGPS, E-メール, クリック操作を用いた半自動出欠管理システムを提案する.提案システムはクライアントとして... [more] ET2016-64
pp.53-56
ASN 2016-11-18
09:50
愛知 名古屋大学 無人航空機による農業用環境情報モニタリング ~ メモリ機能付きセンサモジュールの改良 ~
折笠佳樹金 帝演神田和也鶴岡高専ASN2016-56
 [more] ASN2016-56
pp.85-89
DC 2016-06-20
15:40
東京 機械振興会館 部分並列時間領域リードソロモン展開器
加藤健太郎鶴岡高専)・Somsak ChoomchuayKMITLDC2016-15
本研究では復号に要する時間の短縮のための部分並列時間領域リードソロモン(RS) 展開器の提案を行う.
提案する展開器に... [more]
DC2016-15
pp.31-36
ITS 2016-05-28
16:15
北海道 北海道大学 無人航空機の自律飛行による農業用環境情報モニタリングについて
金 帝演須貝優磨石黒康平鶴岡高専ITS2016-4
電源確保が困難な場所で農業用環境情報を安定的に取得するために無人航空機(Unmanned Aerial Vehicle ... [more] ITS2016-4
pp.19-24
WIT, HI-SIGACI
(連催)
2015-12-09
11:40
東京 産総研臨海副都心センター(東京) 疾走用下腿義足の最適アライメント推定法の提案 ~ 複数の多軸センサを用いた動作解析 ~
高橋素彦三村宣治新潟大)・小野寺良二鶴岡高専)・須田裕紀前田 雄霜鳥大希新潟医療福祉大)・古俣 創新潟大WIT2015-76
義足適合の一つであるアライメントは,ソケットと義足足部の相対的位置関係を指し,義肢装具士による観察と使用者の主観的評価が... [more] WIT2015-76
pp.87-90
CPM 2015-11-06
13:20
新潟 まちなかキャンパス長岡 非真空プロセスによる銅ハライド透明薄膜の作製
田尾翔子原田大雅田中久仁彦長岡技科大)・森谷克彦鶴岡高専CPM2015-84
非真空プロセスであるゾルゲル法により,バンドギャップ可変透明p型半導体として,CuBr1-xIx薄膜の作製を行った.Cu... [more] CPM2015-84
pp.5-8
WBS, ITS
(併催)
2014-12-18
12:30
熊本 熊本大学 [ポスター講演]立ち乗り型パーソナルモビリティデバイス用ナビゲーションシステムの構築
佐藤尚希金 帝演鶴岡高専)・橋本尚久富田康治松本 治産総研ITS2014-22
 [more] ITS2014-22
pp.13-17
WBS, ITS
(併催)
2014-12-18
12:30
熊本 熊本大学 [ポスター講演]立ち乗り型パーソナルモビリティデバイスの安全性に関する一検討
石黒康平金 帝演鶴岡高専)・橋本尚久富田康治松本 治産総研ITS2014-23
快適な移動手段として立ち乗り型パーソナルモビリティデバイス(Personal Mobility Device; PMD)... [more] ITS2014-23
pp.19-24
EMCJ, EST
(共催)
2014-09-12
13:50
北海道 北見工業大 透明溶液を用いた電波吸収材料の複素誘電率の解析
三浦 収安齋弘樹鶴岡高専EMCJ2014-38 EST2014-52
本研究では合わせガラスに透明電波吸収溶液を注入することによって、電波の減衰が実現されている。透明電波吸収体に使用する透明... [more] EMCJ2014-38 EST2014-52
pp.41-46
SIS, IPSJ-AVM
(連催)
2014-09-12
10:00
山形 庄内産業振興センター(山形県鶴岡市) 組込み向け高性能計算プラットフォームの評価
佐藤 淳鶴岡高専)・太田昌文伊藤忠テクノソリューションズSIS2014-62
組込みシステムではマルチコアの利用が進み,さらにGPGPUやメニーコア等の高速計算プラットフォームも提供されつつある.こ... [more] SIS2014-62
pp.73-76
ITS 2014-06-07
14:10
宮城 東北工業大学 GPSの相対位置関係を用いた新たな位置特定手法に関する一検討
石黒康平金 帝演鶴岡高専ITS2014-3
本稿では,ビル街などで電波が反射することにより発生するGPS測位の誤差を考慮し,歩行者などを目的地まで正確に案内をするた... [more] ITS2014-3
pp.17-22
ITS 2014-06-07
14:35
宮城 東北工業大学 屋内外におけるハンドル型電動車いす用ナビゲーションシステムに関する検討
佐藤尚希金 帝演鶴岡高専ITS2014-4
本稿では,高齢者の快適なモビリティ環境確保のために,直感的でわかりやすいハンドル型電動車いす用ナビゲーションシステムを構... [more] ITS2014-4
pp.23-27
EMCJ 2014-03-14
13:35
東京 機械振興会館 ETC隣接レーン用桟形電波吸収体の研究
伊藤凌介安齋弘樹鶴岡高専EMCJ2013-132
 [more] EMCJ2013-132
pp.1-6
DC 2013-12-13
13:50
石川 和倉温泉観光会館 TDCによる高速オンチップ遅延時間測定を用いた高品質遅延故障テストセット構成法
加藤健太郎鶴岡高専)・小林春夫群馬大DC2013-70
汎用プロセッサ,システムLSIといった高速かつ低消費電力なディジタルLSIは,今日のあらゆる分野において必要不可欠である... [more] DC2013-70
pp.13-16
 34件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会