電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 343件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA 2018-09-04
15:40
北海道 北海道大学学術交流会館 The Equal Longest Path First Reboot: Rebooting Network Edge Switches in a Campus Network
大森幹之東野正幸鳥取大
 [more]
SRW 2018-08-20
14:00
岡山 岡山大学 ウェアラブル生体センサを用いた心電波形推定における体動ノイズの除去
上月翔平中川匡夫鳥取大
 [more]
MBE, BioX
(共催)
2018-07-26
14:15
鳥取 鳥取境港・みなとさかい交流館 身体動揺を用いた人物対応付けにおける立ち位置変動の影響調査
神谷卓也安形俊輝吉村宏紀西山正志岩井儀雄鳥取大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] BioX2018-8 MBE2018-16
pp.5-10
MBE, BioX
(共催)
2018-07-26
16:00
鳥取 鳥取境港・みなとさかい交流館 [招待講演]人とのインタラクションを目指したセンシング研究
岩井儀雄鳥取大
 [more] BioX2018-11 MBE2018-19
pp.23-26
MBE, BioX
(共催)
2018-07-27
10:00
鳥取 鳥取境港・みなとさかい交流館 適応ノッチフィルタ及びCSDによる非接触心拍推定に関する一検討
湖山将裕家森成哉笹岡直人鳥取大)・高原大介シャープ)・伊藤良生鳥取大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] BioX2018-13 MBE2018-21
pp.33-38
MBE, BioX
(共催)
2018-07-27
13:00
鳥取 鳥取境港・みなとさかい交流館 知覚できない視覚刺激を用いた誘発脳波による個人認証に向けて ~ ウェーブレット変換による特徴抽出 ~
金城希望中西 功鳥取大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] BioX2018-16 MBE2018-24
pp.51-55
MBE, BioX
(共催)
2018-07-27
13:30
鳥取 鳥取境港・みなとさかい交流館 知覚できない聴覚刺激による誘発脳波を用いた生体認証 ~ 識別性能向上に関する試み ~
神戸健太圓岡岳泰・○中西 功鳥取大
 [more] BioX2018-17 MBE2018-25
pp.57-62
R 2018-05-25
15:30
愛知 愛知工業大学 本山キャンパス 離散化NHPPモデルに基づくベイズ理論を用いたソフトウェアの最適リリース時刻の区間推定
井上真二関西大)・山田 茂鳥取大
実際のソフトウェア開発工程でのテスト工程における離散的なフォールト発見数データの収集方法と整合性を保ち,高精度なソフトウ... [more] R2018-4
pp.19-24
BioX, ITE-ME, ITE-IST
(連催)
2018-05-25
11:15
石川 金沢大学西町サテライトプラザ 手のひら伝搬信号による個人認証の研究 ~ 振幅と位相スペクトル特徴の融合 ~
石本雄也中西 功鳥取大
本研究では,システムの利用中での継続した認証を想定し,手のひら伝搬信号を用いた個人認証の検討を行っている.手のひら上に二... [more] BioX2018-5
pp.45-50
BioX, ITE-ME, ITE-IST
(連催)
2018-05-25
11:45
石川 金沢大学西町サテライトプラザ 知覚できない振動刺激による誘発脳波に関する検討
神藤義明竹村昌寛中西 功鳥取大
一般的なバイオメトリクス認証は,体表面に露出した情報を用いており,また,一度きりの認証であるため,詐称や認証後の成りすま... [more] BioX2018-6
pp.51-55
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-02
11:45
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 広帯域OFDMの周波数依存性IQインバランスに対するconstant norm algorithmを利用したブラインド補償
濱邊亮人中川匡夫鳥取大)・李 斗煥加保貴奈NTT
無線通信のさらなる高速化を実現するための信号周波数の広帯域化は,直交変調器・復調器の位相誤差・振幅誤差(IQインバランス... [more] SRW2017-90
pp.105-108
PRMU, CNR
(共催)
2018-02-19
11:00
和歌山 和歌山大学 課題毎の視線マップを用いた特徴抽出による人物属性認識
松本 陸吉村宏紀西山正志岩井儀雄鳥取大
 [more] PRMU2017-148 CNR2017-26
pp.19-24
PRMU, CNR
(共催)
2018-02-19
10:00
和歌山 和歌山大学 深層畳み込みニューラルネットワークによる単一距離画像とその法線マップを用いた物体識別
大西友貴小山田雄仁三柴 数近藤克哉鳥取大
近年,3次元物体識別への畳み込みニューラルネットワーク(CNN)の利用が注目されている.3次元ボリュームデータや3次元点... [more] PRMU2017-150 CNR2017-28
pp.31-36
PRMU, CNR
(共催)
2018-02-19
13:50
和歌山 和歌山大学 秘匿化された人物対応付けのための準同型暗号の利用
森田一成原山雅樹吉村宏紀西山正志岩井儀雄鳥取大
本稿では, 準同型暗号を取り入れた複数カメラ間での人物対応付け手法を提案する. 準同型暗号は暗号化された特徴量を用いて復... [more] PRMU2017-154 CNR2017-32
pp.53-58
ITE-IDY, IEE-EDD
(共催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2018-01-26
09:00
静岡 静岡大学 浜松キャンパス 溶液合成法により作製したZnS:Cu分散型EL素子
上田祥平田中聡士猿田航己石垣 雅大観光徳鳥取大
分散型無機EL素子の発光特性を改善すべく、ZnS:Cuナノ粒子の溶液合成におけるCuの高濃度付活、ならびに同ナノ粒子の熱... [more] EID2017-37
pp.49-52
ITE-IDY, IEE-EDD
(共催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2018-01-26
09:10
静岡 静岡大学 浜松キャンパス ZnS:Cu分散型EL素子における駆動電圧低減の検討 ~ ウィスカー形状粒子による電界集中の効果 ~
永山 凌金田太地石垣 雅大観光徳鳥取大
 [more] EID2017-38
pp.53-56
ITE-IDY, IEE-EDD
(共催)
IEIJ-SSL, SID-JC
(共催)
EID
(連催) [詳細]
2018-01-26
09:20
静岡 静岡大学 浜松キャンパス CuAlS2:Mn蛍光体薄膜を用いた電流注入型EL素子 ~ ITO、ZnO、ZnS上に作製した薄膜ならびにEL素子特性 ~
林 翔太植田翔伍石垣 雅大観光徳鳥取大
 [more] EID2017-39
pp.57-60
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-01-18
11:50
大阪 大阪府立大学 トップダウン要因とボトムアップ要因を用いた顕著性マップにおける比較評価
足立翔一白岩 史鳥取大)・李 仕剛広島市大
ヒトは,複雑な景色をリアルタイムに解析出来る能力を持っていることが知られている.この能力を基にして目立ちやすさ (顕著度... [more] PRMU2017-120 MVE2017-41
pp.75-80
NLC, IPSJ-NL
(連催)
SP, IPSJ-SLP
(連催)
(併催) [詳細]
2017-12-20
17:20
東京 早稲田大学グリーン・コンピューティング・システム研究開発センター 強化学習による車載器への命令発話文解析の試み
徳久雅人木村周平鳥取大
本稿では,車載器に音声で命令するための発話文解析に,強化学習を用いたことを報告する.車載器は観光ガイド,音楽,気象報告等... [more] NLC2017-38
pp.55-60
SIS 2017-12-14
10:30
鳥取 鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館) IIR型サブバンド適応ノッチフィルタの収束特性に関する一検討
衣笠保智・○中岡智樹松江高専)・笹岡直人伊藤良生鳥取大)・小林正樹中部大
広帯域信号に埋もれた複数の狭帯域信号を取り除くノッチフィルタにおいて,2次全域通過フィルタを用いる多重適応ノッチフィルタ... [more] SIS2017-33
pp.1-4
 343件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会