お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 402件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITS, WBS, RCC
(共催)
2020-12-15
09:30
ONLINE オンライン開催 超広帯域レーダを用いた深層学習に基づくドローンの識別手法の検討
川口大貴中村僚兵葉玉寿弥防衛大
 [more]
AP
(第二種研究会)
2020-12-10
09:35
沖縄 大濱信泉記念館 多目的ホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
2周波偏波共用リフレクトアレーのバイスタティックRCS測定
グェン コンワイ松林一也道下尚文森下 久防衛大)・松野宏己伊藤智史林 高弘中野雅之KDDI総合研究所
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-25
09:25
ONLINE オンライン開催 誘電体で被覆したダイポールアンテナの表面リアクタンスを制御したマントルクロークアンテナ
グェン タインビン道下尚文森下 久防衛大)・宮崎輝規田所眞人横浜ゴムAP2020-73
現在,無線端末の小型化や無線システムの多様化と伴い,狭い空間において様々なシステム用のアンテナが近接に配置されることが多... [more] AP2020-73
pp.1-6
EA, ASJ-H, EMM
(共催)
2020-11-20
09:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]時間シフトを用いた角周波数の算出によるウェーブレット-シンクロスクイージング変換の改良
角谷 暁松原 隆岩井啓輔黒川恭一防衛大EA2020-21 EMM2020-36
音響信号の分析には主に時間周波数解析が利用される.Allen による短時間フーリエ変換や,Grossmann らによる連... [more] EA2020-21 EMM2020-36
pp.1-5
LOIS, ISEC, SITE
(共催)
2020-11-06
10:55
ONLINE オンライン開催 視覚秘密分散に対する情報理論的評価
レ タン タイ ビン田中秀磨防衛大ISEC2020-33 SITE2020-30 LOIS2020-13
 [more] ISEC2020-33 SITE2020-30 LOIS2020-13
pp.7-12
OFT 2020-10-08
09:10
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]カスケード型長周期光ファイバグレーティングの作製とひずみへの依存性
マヌエル グテレス *ソアレス福嶋匡謙仲矢光希和田 篤田中 哲防衛大)・伊藤文彦島根大OFT2020-11
我々はこれまで,特殊な長周期光ファイバグレーティング(LPG)であるカスケード型チャープ長周期光ファイバグレーティング(... [more] OFT2020-11
pp.8-12
OFT 2020-10-08
10:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]三角波を変調波形に用いた電流変調半導体レーザによる低反射率FBG-FPI多点振動センシングの試み
仲矢光希福嶋匡謙マヌエル グテレス ソアレス和田 篤田中 哲防衛大OFT2020-14
 [more] OFT2020-14
pp.21-26
MW, AP
(併催)
2020-09-25
09:00
ONLINE オンライン開催 無給電素子を用いた2素子のPIFAのデカップリング手法と特性モード解析による考察に関する検討
フン クァン クァン道下尚文防衛大)・佐藤 浩小柳芳雄パナソニック)・森下 久防衛大AP2020-59
近年,Massive MIMO(Multiple-Input Multiple-Output)が次世代通信の要素技術とし... [more] AP2020-59
pp.116-120
MW, AP
(併催)
2020-09-25
09:25
ONLINE オンライン開催 偶奇モード解析による対称構造アンテナ間の電磁結合低減検討
佐藤 浩パナソニック)・フン クァン クァン防衛大)・江口和弘小柳芳雄パナソニック)・森下 久防衛大AP2020-60
近年の情報端末には,大容量データを安定して通信すべく,複数のアンテナを使用するMIMO技術が多く使用される.また情報端末... [more] AP2020-60
pp.121-126
US 2020-08-26
13:50
ONLINE オンライン開催 ドプラーシフトを利用した音速プロファイル取得手法の検討
吉口将人小笠原英子森 和義防衛大US2020-22
海洋中の音波伝搬を計算する上で不可欠な海洋の音速分布を取得するために,コストや手軽さの観点から,現在は水温をExpend... [more] US2020-22
pp.11-15
AP
(第二種研究会)
2020-08-24
14:35
ONLINE オンライン開催 折返し構造ボウタイアンテナを小型化及び広帯域化するスリット形状の検討
瀧澤 洸松林一也道下尚文森下 久防衛大
小型で広帯域なアンテナの一つとして折返し構造ボウタイアンテナが報告されている.折返し構造ボウタイアンテナはスリットを装荷... [more]
AP 2020-08-21
09:00
ONLINE オンライン開催 クロスダイポールとパッチ素子を用いた2周波偏波共用リフレクトアレー
グェン コンワイ道下尚文森下 久防衛大)・松野宏己伊藤智史林 高弘中野雅之KDDI総合研究所AP2020-23
 [more] AP2020-23
pp.1-4
AP 2020-05-21
13:00
沖縄 沖縄県男女共同参画センターてぃるる
(開催中止,技報発行なし)
クロスダイポールとパッチ素子を用いた2周波偏波共用リフレクトアレー
グェン コンワイ道下尚文森下 久防衛大)・松野宏己伊藤智史林 高弘中野雅之KDDI総合研究所
 [more]
OFT 2020-05-15
09:00
青森 青森県観光物産館アスパム
(開催中止,技報発行あり)
カスケード型チャープ長周期光ファイバグレーティングを用いたEDFリングレーザによる温度センシング
福嶋匡謙ブイ クォック ハン仲矢光希マヌエル グテレス ソアレス和田 篤田中 哲防衛大)・伊藤文彦島根大OFT2020-1
本研究では,カスケード型チャープ長周期光ファイバグレーティング(C-CLPG)を波長選択素子としたエルビウム添加光ファイ... [more] OFT2020-1
pp.1-4
AP 2020-04-24
09:40
三重 神宮会館(伊勢)
(開催中止,技報発行あり)
特性モード解析を用いた直方導体上スロットによる放射効率の改善
西目 匠道下尚文森下 久防衛大AP2020-4
 [more] AP2020-4
pp.19-22
ISEC, IT, WBS
(共催)
2020-03-11
09:30
兵庫 兵庫県立大学 神戸情報科学キャンパス(神戸ポートアイランド)
(開催中止,技報発行あり)
超広帯域レーダによる各種ドローンの識別に関する基礎検討
水嶋 巧中村僚兵葉玉寿弥防衛大IT2019-115 ISEC2019-111 WBS2019-64
近年,ドローン技術は急速に発展しており,軍事,産業,インフラ管理等様々な分野で利用されている.また,安価で高性能な民生用... [more] IT2019-115 ISEC2019-111 WBS2019-64
pp.171-176
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2020-02-28
10:55
沖縄 沖縄県市町村自治会館 低反射率光ファイバ・ブラッグ・グレーティングで構成したファブリ・ペロー干渉計による多点同時固体振動計測
和田 篤ブイ クォック ハン仲矢光希田中 哲防衛大OFT2019-66 OPE2019-108
(事前公開アブストラクト) 光ファイバ・ブラッグ・グレーティング(FBG)は特定の波長の光を反射するファイバ型デバイスで... [more] OFT2019-66 OPE2019-108
pp.35-38(OFT), pp.51-54(OPE)
AP, WPT
(併催)
2020-01-23
11:10
香川 サンポートホール高松 無給電素子を有する3共振球状小形アンテナ
瀧澤 洸橋本隆宏西目 匠グエン コン ワイ道下尚文森下 久防衛大AP2019-156
電気的小形アンテナの物理的限界を追求したアンテナとして球状小形アンテナが報告されている.本稿では球状小形アンテナに新たな... [more] AP2019-156
pp.37-41
AP, WPT
(併催)
2020-01-23
16:00
香川 サンポートホール高松 金属円筒上のRFIDタグ用円形折り返しダイポールアンテナ
橋本隆宏道下尚文森下 久防衛大)・越 隆之コマツAP2019-162
近年,自動車の消耗部品を無線で管理するために, UHF (Ultra-High Frequency) RFID (Rad... [more] AP2019-162
pp.67-72
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
RECONF, VLD, CPSY
(共催)
(連催) [詳細]
2020-01-24
11:25
神奈川 慶応義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 CUDAを用いたハッシュ関数Keccakに対応するレインボーテーブル生成の高速化
グェン ダット トゥオン岩井啓輔松原 隆黒川恭一防衛大VLD2019-84 CPSY2019-82 RECONF2019-74
本稿では,GPU用統合開発環境CUDAを用いたハッシュ関数Keccakに対応するレインボーテーブル生成の高速化実装を提案... [more] VLD2019-84 CPSY2019-82 RECONF2019-74
pp.181-186
 402件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会