お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2020-10-31
17:00
ONLINE オンライン開催 Extroversion as a predictor of happiness on a posed smile -- A laboratory study --
Ken FujiwaraOsaka Univ. Econ.HCS2020-45
 [more] HCS2020-45
pp.18-21
HCS 2020-08-22
11:30
ONLINE オンライン開催 SenseChairによる意見発散課題におけるコミュニケーションとうなずきの関係性に関する検討
西村賢人伊藤雄一阪大)・藤原 健阪経済大)・藤田和之東北大)・松井裕子彦野 賢原子力安全システム研)・尾上孝雄阪大HCS2020-32
働き方改革が叫ばれ,効率的・効果的な知的生産活動が求められている中,集団の知的生産活動を支援することの重要性は高まってい... [more] HCS2020-32
pp.65-70
HCS 2019-03-08
15:00
北海道 北星学園大学 Interpersonal sensitivity enhances group performance in a brainstorming task -- Comparison with a nominal group --
Ken FujiwaraRyosuke HosoOsaka Univ. of Econ.HCS2018-87
 [more] HCS2018-87
pp.115-118
HCS 2018-03-13
10:30
宮城 東北大学電気通信研究所 本館(片平キャンパス内) Detrimental Effect of Synchrony on Rapport in Small Group Interactions
Ken FujiwaraOsaka Univ. of Econ.HCS2017-93
 [more] HCS2017-93
pp.1-4
HCS 2017-10-27
15:35
広島 東広島芸術文化ホールくらら 観客の声援は誰に届いているのか ~ NBAにおけるホームアドバンテージ ~
藤原 健阪経済大HCS2017-65
 [more] HCS2017-65
pp.31-35
HCS 2017-03-15
10:00
宮城 東北大学片平キャンパス Synchrony increases the accuracy of affective perception in dyadic interaction
Ken FujiwaraOsaka Univ. of Economics)・Ikuo DaiboTokyo Future Univ.HCS2016-90
 [more] HCS2016-90
pp.1-4
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 演奏者の重心移動を用いた演奏連携度と演奏に対する評価
藤原 健阪経済大)・伊藤雄一續 毅海阪大)・高嶋和毅東北大)・尾上孝雄阪大
本研究は,演奏者の重心・重量を用いて演奏者間の演奏連携度を評価することを目的とする.具体的には,我々がこれまで検討を進め... [more]
HCS 2014-08-23
13:30
京都 立命館大学朱雀キャンパス 着座時揺動による会話者の行動の同期性検出に関する検討
宮崎陽平伊藤雄一阪大)・藤原 健阪経済大)・高嶋和毅東北大)・尾上孝雄阪大HCS2014-53
 [more] HCS2014-53
pp.57-62
CS 2013-07-04
10:15
沖縄 複合型公共施設(与那国島) ファジィ数を用いたSIRMsファジィ推論法
三石貴志流通科学大)・本間利通阪経済大)・島田奈美流通科学大CS2013-11
 [more] CS2013-11
pp.21-24
LOIS 2012-03-09
11:25
沖縄 名桜大学 限界積および限界和を用いたSIRMsファジィ推論法
三石貴志島田奈美流通科学大)・本間利通阪経済大LOIS2011-99
単一入力ルール群(SIRMs)上の演算として限界積および限界和を採用したファジィ推論について考察した.
SIRMsファ... [more]
LOIS2011-99
pp.159-164
NC, MBE
(併催)
2010-03-10
13:20
東京 玉川大学 ヒト静止立位時の重心動揺と下腿筋活動の立位条件依存性と制御モデルに基づくその解釈
竹内康浩立山翔太阪大)・野村国彦阪経済大)・浅井義之深田 慶佐古田三郎野村泰伸阪大NC2009-122
開眼,閉眼あるいは視覚的目標追随タスクを含むような種々の立位条件におけるヒト静止立位時の重心動揺(姿勢動揺)およびそのと... [more] NC2009-122
pp.201-206
NC, MBE
(併催)
2010-03-09
14:35
東京 玉川大学 足裏への微小機械刺激がヒト静止立位時の重心動揺に与える影響
小松一貴立山翔太阪大)・野村国彦阪経済大)・浅井義之佐古田三郎野村泰伸阪大MBE2009-107
本研究の目的は,ヒト静止立位姿勢の制御メカニズムに関する仮説である,PD制御モデルおよび間欠制御モデルの妥当性を検証する... [more] MBE2009-107
pp.37-42
ET 2008-09-20
13:10
大阪 千里金蘭大 情報リテラシー科目カリキュラムのための学生アンケート分析
西本実苗関西学院大)・○下倉雅行阪経済大)・田中規久雄阪大ET2008-33
情報リテラシー科目の受講生を対象にアンケートをおこない,主に各回の授業内容に対する学生の意識(「面白かった度」「難しかっ... [more] ET2008-33
pp.11-16
ET 2007-09-01
15:25
大阪 大阪府立工業高等専門学校 授業支援システムWebTAにおける学生用インターフェイスの改善
下倉雅行阪経済大)・田中規久雄阪大ET2007-35
現在,授業支援システムWebTAを実運用に供している.以前,利用している学生を対象にしたアンケートで,学生用画面の操作で... [more] ET2007-35
pp.61-64
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会