電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 14件中 1~14件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, CNR
(共催)
2019-02-28
14:00
徳島 徳島大学 肩乗り型デバイスを用いた横顔笑顔認識による環境状況記録
岡山将也篠澤一彦阪教大
肩乗り型デバイスにおける環境状況記録方法を提案する。装着者撮影用カメラを装備した肩乗り型デバイスにおいて、機械学習の手法... [more] PRMU2018-117 CNR2018-40
pp.15-19
TL 2017-12-10
13:10
愛媛 愛媛大学 城北キャンパス 文構造親密度が日本人英語学習者の文理解処理に与える影響 ~ 相対的文構造親密度に関する一考察 ~
橋本健一阪教大)・鳴海智之兵庫教大)・籔内 智京都精華大)・里井久輝龍谷大)・濱田真由平野亜也子兵頭佳央理神戸大)・坂東美智子滋賀大)・原田康也早大)・横川博一神戸大
本研究は、日本人英語学習者を対象として、英語の「文構造親密度」が文理解処理にどのような影響を及ぼすかについて、読解実験(... [more] TL2017-51
pp.43-48
TL 2017-07-22
16:40
東京 国立国語研究所 Building a Database of Sentence Construction Familiarity of Japanese EFL Learners: Pilot Study
Hirokazu YokokawaKobe Univ.)・Satoshi YabuuchiKyoto Seika Univ.)・Hisaki SatoiRyukoku Univ.)・Michiko BandoShiga Univ.)・Tomoyuki NarumiOsaka Kyoiku Univ,)・Ken-ichi HashimotoHyogo Univ. of Education)・Mayu HamadaAyako HiranoKobe Univ.)・Yasunari HaradaWaseda Univ.
本研究は,日本人英語学習者を対象として,英語の「文構造」に対する親密度(familiarity)データベースを構築するこ... [more] TL2017-24
pp.57-62
TL 2016-12-17
13:30
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 タスクが第二言語文理解時における言語情報処理に与える影響 ~ 自己ペース読み課題による検討 ~
鳴海智之兵庫教大)・橋本健一阪教大)・中西 弘東北学院大)・横川博一神戸大
本研究では、日本人英語学習者を対象に、句構造規則違反文および意味違反文を読む際に、(1) 適格性判断課題、(2) 文法性... [more] TL2016-51
pp.75-80
ITS, IPSJ-ITS, IEE-ITS
(連催)
2015-08-24
16:50
北海道 稚内北星学園大学 見通しの悪い経路における歩行者との衝突予測により発生するストレスを考慮した車椅子ロボットの制御手法
澤邊太志神原誠之浮田宗伯奈良先端大/ATR)・池田徹志Yoichi Morales渡辺敦志ATR)・篠沢一彦ATR/阪教大)・萩田紀博奈良先端大/ATR
近年,自動車の自動走行化のみならず,高齢者の移動をサポートする電動車椅子などのパーソナルモビリティの自動走行化の試みが多... [more] ITS2015-9
pp.67-72
WBS, ITS
(併催)
2014-12-19
09:45
熊本 熊本大学 自動走行ストレス:生理指標を用いた自動走行車両の搭乗者のストレスに関する検討
太田翔平神原誠之浮田宗伯奈良先端大)・北原 格亀田能成大田友一筑波大)・池田徹志Yoichi MoralesATR)・篠沢一彦阪教大)・萩田紀博ATR
近年,交通事故の低減,渋滞緩和を目的として,自動車の自動走行化に向けての研究が盛んに行われており,2020年代前半に緊急... [more] ITS2014-35
pp.87-92
WBS, ITS
(併催)
2014-12-19
10:10
熊本 熊本大学 自動走行ストレス:拡張現実提示によるストレス軽減の試み
笹井翔太北原 格亀田能成大田友一筑波大)・神原誠之浮田宗伯奈良先端大)・池田徹志Yoichi Morales萩田紀博ATR)・篠沢一彦阪教大
本稿では,自動走行時に搭乗者が感じるストレス(自動走行ストレス)の軽減に向けた試みについて述べる.搭乗者に不安を与える視... [more] ITS2014-36
pp.93-98
PRMU 2014-12-12
16:15
福岡 九州大学 生理指標に基づく搭乗者の快適性を考慮した車椅子ロボットの経路設計
野村亮太橋本稜平浮田宗伯神原誠之奈良先端大/ATR)・池田徹志Yoichi Morales渡辺敦志ATR)・篠沢一彦ATR/阪教大)・萩田紀博奈良先端大/ATR
車椅子ロボット搭乗者の快適性を向上させるためには,ストレスを感じる状況に応じて回避することが重要である.ストレスは搭乗後... [more] PRMU2014-86
pp.123-128
CNR 2014-09-26
13:30
北海道 北海道地区 広角カメラと肩乗りアバタを用いた多人数参加型双方向映像配信手法の提案
渡邉 哲小池京太郎尾形正泰慶大)・篠沢一彦阪教大)・今井倫太慶大
インターネットを使った配信において、不特定多数の視聴者と、配信者側の人たちのコミュニケーションを実現する上で肩乗りアバタ... [more] CNR2014-9
pp.1-4
CNR 2014-09-27
09:55
北海道 北海道地区 生理指標に基づいた車椅子ロボットの挙動情報共有による搭乗者の快適性向上の検証
橋本稜平野村亮太神原誠之浮田宗伯奈良先端大/ATR)・池田徹志Yoichi Morales渡辺敦志ATR)・篠沢一彦ATR/阪教大)・萩田紀博奈良先端大/ATR
近年,自動走行する車椅子ロボットに関する研究が多く行われているが, その多くは物理的な衝突を回避する安全性や,目的地まで... [more] CNR2014-14
pp.27-32
OME 2009-10-23
13:15
大阪 中央電気倶楽部 214号室 有機フォトクロミック膜へのレーザー走査によるメタルパターン形成
辻岡 強瀬角祐介岩井勇輔阪教大
 [more] OME2009-45
pp.27-30
TL 2009-07-18
11:30
福岡 九大箱崎21世紀プラザII 未知語の模倣と反復による語彙学習の神経基盤と自動化プロセス
吉田晴世阪教大)・横川博一神戸大)・村瀬未花田邊宏樹牧田 快定藤規弘自然科学研究機構
本研究は,模倣と反復を取り入れた学習法における脳活動の神経基盤を解明することにある.そのために,fMRIを用いて,未知語... [more] TL2009-11
pp.17-22
EA, SIP
(共催)
2005-05-19
16:20
兵庫 イーグレひめじ 時間周波数情報を用いたブラインド信号分離 ~ 実例を中心に ~
守本 晃阪教大)・藤田景子佐賀大)・芦野隆一阪教大
空間的混合問題に対して,信号源の数の推定と信号源の分離を行う.
信号源は,時間周波数空間でのある種の独立性を満たしてい... [more]
EA2005-11 SIP2005-16
pp.31-36
EA, SIP
(共催)
2005-05-19
16:50
兵庫 イーグレひめじ 時間周波数情報を用いたブラインド信号源分離 ~ 数学的背景 ~
藤田景子佐賀大)・竹井義次京大)・守本 晃芦野隆一阪教大)・森本光生国際基督教大
 [more] EA2005-12 SIP2005-17
pp.37-42
 14件中 1~14件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会