電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1〜8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ITS, IE
(共催)
ITE-AIT, ITE-HI, ITE-ME, ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
(連催) [詳細]
2016-02-23
10:00
北海道 北海道大学 周辺視刺激による視覚的注意の誘導およびその学習効果の検討
井上祐太ATR/同志社大)・谷澤拓也ATR/阪府高専)・内海 章ATR)・須佐見憲史ATR/近畿大)・近藤公久工学院大)・高橋和彦同志社大
 [more]
SID-JC
(共催)
EID, ITE-IDY, ITE-HI, ITE-3DIT, IEE-OQD
(連催) [詳細]
2015-11-06
14:05
東京 機械振興会館 視覚刺激の提示による人の視覚的注意誘導に関する検討
井上祐太ATR/同志社大)・谷澤拓也ATR/阪府高専)・内海 章ATR)・須佐見憲史ATR/近畿大)・近藤公久工学院大)・高橋和彦同志社大
 [more]
SDM 2009-12-04
09:20
奈良 奈良先端大 物質創成科学研究科 マイクロ波焼成によるZnS系無機EL蛍光体の発光特性の改善
小林祐輔奈良先端大)・田口信義イメージテック)・須崎昌己阪府高専)・堀田昌宏奈良先端大)・浦岡行治奈良先端大/JST
我々はマイクロ波焼成により作製したZnS系蛍光体の光学特性を調査した.今回,2種類の紛体サイズのZnS粉末とZnS+Cu... [more] SDM2009-151
pp.1-4
ET 2007-09-01
09:30
大阪 大阪府立工業高等専門学校 自律型ロボットを用いたプログラミング教育
金田忠裕入間大介阪府高専)・蝉 正敏ダイセン電子工業
自律型ロボット教材TJ3を用いた段階的なプログラム学習について提案する.第一ステップはロボット上でプログラムを作成する.... [more] ET2007-24
pp.1-4
ITS, IE, ITE-ME, ITE-AIT, ITE-HI
(共催)
2006-02-21
16:30
北海道 北海道大学 サブバンド分解とDCTを用いたJPEG圧縮に耐性のある電子透かし法の一提案
藤林則孝猪田健太井谷良太佐々木逸雄阪府大)・青木一弘阪府高専
濃淡画像へ透かしを埋め込む手法の一つとして離散ウェーブレット変換(DWT)とスペクトル拡散を利用して画像の周波数領域へ透... [more] ITS2005-105 IE2005-312
pp.143-148
ET 2005-09-17
11:05
滋賀 滋賀大教育学部 情報技術教育のための学習教材の開発
高橋参吉千里金蘭大)・西野和典九工大)・松永公廣下倉雅行摂南大)・金田忠裕阪府高専
筆者らは,高等学校の普通教科や専門教科の「情報」で利用できる学習用教材を高等学校の教育現場で普及しているソフトウェアEx... [more] ET2005-29
pp.11-16
CS, CAS, SIP
(共催)
2005-03-15
09:55
岡山 岡山県立大学 カオス写像とデシメーションを用いた周波数ホッピング方式(FH/SS)用符号の一構成法
上野福司佐々木逸雄阪府大)・青木一弘阪府高専
本稿では,カオス写像に基づいた有限精度の1対1写像を実現し,それにより得られる系列にデシメーションを施す符号構成法を提案... [more] CAS2004-98 SIP2004-141 CS2004-234
pp.7-12
CS, CAS, SIP
(共催)
2005-03-15
14:00
岡山 岡山県立大学 変形テントマップを用いたディジタル方式カオス同期通信法の一提案
井谷良太藤林則孝佐々木逸雄阪府大)・青木一弘阪府高専
ペコラとキャロルの研究以来,カオスの同期性を通信に適用する研究が注目されている.カオスを通信に利用することは,その予測不... [more] CAS2004-114 SIP2004-157 CS2004-250
pp.99-102
 8件中 1〜8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会