お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 76件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IBISML 2020-10-20
10:25
ONLINE オンライン開催 集合データの共通特徴抽出を利用したFew-shot異常検知
佐藤一輝神戸大)・中田智史地球快適化インスティテュート)・松原 崇阪大)・上原邦昭阪学院大IBISML2020-9
 [more] IBISML2020-9
pp.8-13
IN, CCS
(併催)
2020-08-03
15:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]画像データを対象とした異常検知の動向と今後の展望
佐藤一輝神戸大)・松原 崇阪大)・上原邦昭阪学院大CCS2020-12
 [more] CCS2020-12
pp.1-4
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2020-07-31
16:15
ONLINE オンライン開催 データ量に基づく可検査性尺度を用いたテスト容易化機能的時間展開モデル生成法
中村健太細川利典石山悠太日大)・藤原秀雄阪学院大CPSY2020-13 DC2020-13
 [more] CPSY2020-13 DC2020-13
pp.81-86
DC 2018-02-20
11:40
東京 機械振興会館 kサイクルテストに基づく有限状態機械のテスト生成法
木下湧矢細川利典日大)・藤原秀雄阪学院大DC2017-81
半導体集積技術の発達に伴い,VLSIの大規模化,複雑化が急速に進んでいる.これに伴い,効率の良い順序回路のテスト生成技術... [more] DC2017-81
pp.25-30
MVE, IE, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2017-03-07
14:55
福岡 九州大学大橋キャンパス 5号館 聴覚的臨場感に関する基本印象語・複合印象語リストの検討(5) ~ ダイナミックレンジを操作した22.2ch音響コンテンツの印象比較 ~
谷口高士阪学院大)・大出訓史長谷川知美中山靖茂NHKCQ2016-130
音響コンテンツを放送したり,ネットで配信したりする際には,再生機器の特性や視聴環境を考慮して,信号レベルのダイナミックレ... [more] CQ2016-130
pp.119-124
DC 2017-02-21
15:05
東京 機械振興会館 拡張シフトレジスタを用いた強セキュア回路設計法
山崎紘史細川利典日大)・藤原秀雄阪学院大DC2016-80
 [more] DC2016-80
pp.35-40
DC 2016-06-20
15:15
東京 機械振興会館 テスト容易化機能的時間展開モデル生成のためのテスト容易化バインディング法
佐藤 護細川利典増田哲也西間木 淳日大)・藤原秀雄阪学院大DC2016-14
データパスを対象とした効率的なテスト生成手法として,テスト容易化機能的時間展開モデルを用いたテスト生成法が提案されている... [more] DC2016-14
pp.25-30
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2016-03-08
13:00
沖縄 名桜大 [特別講演]超臨場感コミュニケーションにおける聴覚的臨場感の階層的推定について
谷口高士阪学院大IMQ2015-60 CQ2015-145 IE2015-159 MVE2015-87
視聴覚メディアのさらなる高品質化に対応して,サービス品質と視聴者の体感品質を推定するための新たな測定指標が必要である.著... [more] IMQ2015-60 CQ2015-145 IE2015-159 MVE2015-87
pp.181-186(IMQ), pp.211-216(CQ), pp.181-186(IE), pp.181-186(MVE)
DC 2015-02-13
14:55
東京 機械振興会館 階層テスト容易化高位合成におけるスケジューリングの一手法
西間木 淳細川利典日大)・藤原秀雄阪学院大DC2014-84
著者らは先に,コントロールデータフローグラフを利用した階層テストにおいて,階層テスト可能演算器数を増加させるための階層テ... [more] DC2014-84
pp.37-42
CQ 2014-07-11
14:20
大阪 大阪大学基礎工学国際棟セミナー室(大阪大学) 聴覚的臨場感の基本印象・複合印象尺度に関する時系列的検討 ~ 2ch/22.2ch音楽コンテンツの連続時間評価 ~
谷口高士阪学院大)・大出訓史中山靖茂NHKCQ2014-36
聴覚的臨場感に関する基本印象と複合印象の時系列的な変化を検討するために,空間的印象の異なる22.2chと2.1chで再生... [more] CQ2014-36
pp.117-122
DC 2014-06-20
16:00
東京 機械振興会館 テスト環境生成結果を用いた階層テスト容易化バインディング法
西間木 淳細川利典日大)・藤原秀雄阪学院大DC2014-16
効率的な順序回路テスト生成法として機能レジスタ転送レベルの回路情報を利用した階層テスト生成法が提案されている.機能レジス... [more] DC2014-16
pp.39-44
DC 2014-06-20
16:25
東京 機械振興会館 機能的k時間展開モデルのテスト容易性評価
増田哲也西間木 淳細川利典日大)・藤原秀雄阪学院大DC2014-17
データパスを対象とした効率的なテスト生成手法として,機能的k時間展開モデルを用いたテスト生成法が提案されている.機能的k... [more] DC2014-17
pp.45-50
CQ 2013-07-12
09:25
北海道 北海道大学 聴覚的臨場感に関する基本印象語・複合印象語リストの検討(2) ~ 再生帯域を操作した22.2ch音響コンテンツの印象比較 ~
谷口高士阪学院大)・大出訓史安藤彰男NHKCQ2013-21
先行研究に基づいて提案した,聴覚的臨場感に関する基本印象および複合印象の測定尺度の有用性を検討する一連の実験の一つとして... [more] CQ2013-21
pp.43-48
DC 2013-06-21
13:45
東京 機械振興会館 データパス回路の機能的k時間展開モデル生成のためのコントローラ拡大法
兒玉雄佑西間木 淳増田哲也細川利典日大)・藤原秀雄阪学院大DC2013-10
近年,LSIの設計生産性の向上とテストコスト削減のため,動作合成においてデータパスのテスト容易化合成が提案されている.提... [more] DC2013-10
pp.1-6
ISEC, LOIS
(共催)
2012-11-22
13:15
静岡 静岡市産学交流センター 中国人剰余定理による秘密分散法とその応用
辻 敏雄笠原正雄阪学院大ISEC2012-66 LOIS2012-41
本論文は中国人剰余定理を用いて秘密情報を分散保存する方法について述べる.特に,データベース等のファイルシステムのデータを... [more] ISEC2012-66 LOIS2012-41
pp.61-68
CQ 2012-07-13
12:45
愛媛 愛媛大学 音響技術者の評価に基づく聴覚的臨場感に関連する音の印象語の階層関係について
谷口高士阪学院大CQ2012-34
本研究は,音に関する複合的印象語と基本印象語における階層関係を調べるためにおこなった.聴覚的臨場感や空間的印象に関連する... [more] CQ2012-34
pp.101-106
EMM 2012-03-16
13:30
大阪 大阪大学吹田キャンパス [招待講演]感動評価尺度による音楽コンテンツの価値評価
大出訓史安藤彰男NHK)・谷口高士阪学院大EMM2011-70
感動という言葉は,日常生活において,大きな感情の変化を伴うと同時に,自らの体験や見聞きした対象に対して,肯定的な価値評価... [more] EMM2011-70
pp.37-42
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2011-11-28
09:50
宮崎 ニューウェルシティ宮崎 シフトレジスタ準等価な回路を用いたセキュアでテスト容易なスキャン設計について
藤原克哉秋田大)・藤原秀雄阪学院大)・玉本英夫秋田大VLD2011-54 DC2011-30
 [more] VLD2011-54 DC2011-30
pp.13-18
ISEC 2011-09-09
15:55
東京 機械振興会館 リード・ソロモン符号およびランダム擬巡回符号に基づく符号化率1.0を実現する公開鍵暗号K(IX)SE(1)PKCとK(X)SE(1)PKC
笠原正雄阪学院大ISEC2011-31
本論文では,リード・ソロモン符号に基づく公開鍵暗号K(IX)SE(1)PKCおよびK(X)SE(1)PKCを提案する.提... [more] ISEC2011-31
pp.29-35
CQ 2011-07-14
13:25
北海道 小樽市民会館 再生周波数帯域の操作による臨場感・空間印象の変化
谷口高士阪学院大)・大出訓史安藤彰男NHKCQ2011-19
音響コンテンツの再生周波数帯域を制限することで,音特徴の知覚的印象および臨場感・空間印象がどのように変化するかを調べるた... [more] CQ2011-19
pp.5-10
 76件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会