お知らせ 5月26日~5月29日(日曜日)16:45まで,オンライン参加申込フォームが使用できない状態に
なっていました.PHP7化が未了だったことに加えて,新サーバのインストールモジュールに
不足があったことが原因でした.お詫び申し上げます.

お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1014件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICTSSL 2022-07-29
13:55
大阪 関西大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
疎構造学習を用いた災害時における行動状態の特徴分析
尹 禮分和田友孝関西大
 [more]
ICTSSL 2022-07-29
15:30
大阪 関西大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]力学ベース歩行者シミュレーションの活用
川口寿裕関西大
 [more]
NS, SR, RCS, SeMI, RCC
(併催)
2022-07-14
11:35
石川 金沢歌劇座 + オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
輻輳制御の観点におけるTCP in IoTの一検討
神崎 惇関西大)・伊藤暢彦吉野秀明日本工大)・山本 幹関西大
 [more]
MVE, IPSJ-HCI, IPSJ-EC, VRSJ, ITE-HI, HI-SIG-DeMO, ITE-SIP
(連催)
2022-06-17
09:00
ONLINE オンライン開催(Zoom + Slack) 作業環境における絵画のバイオフィリックデザインと抽象度の調整
美馬亮太大林太郎吉次俊輔関西大)・新家了訪TGL)・米澤朋子関西大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
MVE, IPSJ-HCI, IPSJ-EC, VRSJ, ITE-HI, HI-SIG-DeMO, ITE-SIP
(連催)
2022-06-17
09:20
ONLINE オンライン開催(Zoom + Slack) 集中作業環境のための他者存在感と社会的隔絶感をもたらす仮想エージェントの行動デザイン
大林太郎美馬亮太吉次俊輔大澤朋弥関西大)・新家了訪TGL)・米澤朋子関西大
 [more]
MVE, IPSJ-HCI, IPSJ-EC, VRSJ, ITE-HI, HI-SIG-DeMO, ITE-SIP
(連催)
2022-06-17
14:35
ONLINE オンライン開催(Zoom + Slack) 自己顔混合エージェントの笑顔と専門性がやる気に及ぼす影響の検討
岩田伸治名大)・吉田直人工学院大)・米澤朋子関西大)・間瀬健二榎掘 優名大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
ICTSSL 2022-05-27
15:55
富山 富山大学
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
緊急救命避難支援のための携帯端末センサ情報と人の検知を融合した災害発生検知法の一検討
和田友孝金山祐太関西大)・大月一弘神戸大ICTSSL2022-8
我々は局所的災害時の避難支援を目的として,緊急救命避難支援システム(ERESS:Emergency Rescue Eva... [more] ICTSSL2022-8
pp.39-44
NS, IN
(併催)
2022-03-10
11:20
ONLINE オンライン開催 優先パケットを用いた最小遅延測定によるBBR動作点の検討
石倉彰太郎山本 幹関西大NS2021-136
 [more] NS2021-136
pp.79-84
NS, IN
(併催)
2022-03-11
09:50
ONLINE オンライン開催 エッジコンピューティングにおけるファジィ理論に基づくキャッシング手法の検討
伊藤友輔東京理科大)・木村共孝同志社大)・平田孝志関西大NS2021-140
エッジコンピューティングはIoT サービスの提供基盤として期待されている.これは,ユーザの近傍にキャッシュ機構を導入する... [more] NS2021-140
pp.103-108
CQ, IMQ, MVE, IE
(併催) [詳細]
2022-03-11
14:15
ONLINE オンライン開催 (Zoom) モーフィングを活用したweb会議の「顔出し」促進システム
吉次俊輔美馬亮太小林奎太大林太郎米澤朋子関西大IMQ2021-60 IE2021-122 MVE2021-89
本研究では,web会議における顔を映すことや発言することへの抵抗感を減らすため,参加者間の顔画像モーフィングにより (1... [more] IMQ2021-60 IE2021-122 MVE2021-89
pp.261-265
CQ, IMQ, MVE, IE
(併催) [詳細]
2022-03-11
14:40
ONLINE オンライン開催 (Zoom) リラクゼーションや緊張感をもたらすぬいぐるみ型アンビエント心拍提示デバイス
神牧尚希米澤朋子関西大IMQ2021-61 IE2021-123 MVE2021-90
近年,COVID-19などの感染症対策によってテレワークが急速に普及した.テレワークによって通勤の移動が無くなることや時... [more] IMQ2021-61 IE2021-123 MVE2021-90
pp.266-271
EMM 2022-03-07
14:15
ONLINE 長崎大学 文教スカイホール
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
[ポスター講演]XRを用いた自己効力感を高めるための地震体験アプリケーションの開発
野元颯馬河野和宏関西大EMM2021-96
本稿では,防災教育において問題となる訓練のマンネリ化・形骸化を防ぎ,体験者により一層の自分事感や自己効力感を与えることを... [more] EMM2021-96
pp.23-28
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
10:40
ONLINE オンライン開催 抽象構文木による開発者向けDOM-Based XSS対策支援システムの提案
中原 崇井手脩太前田達哉波多悠輔小林孝史関西大ICSS2021-72
XSS脆弱性は,Webアプリケーションの実装を経由して攻撃者が任意のJavaScriptを実行できる脆弱性であり,開発者... [more] ICSS2021-72
pp.78-86
ET 2022-03-04
13:25
ONLINE オンライン開催 読者の読み取った論理構造に基づく文章再構成システムと論説文読解に対する評価
岡庭佑樹小尻智子関西大ET2021-65
論説文の著者は主張の根拠となる論理構造を基に論説文を執筆する.それに対し,読者は話題とその関係を理解し,論理構造を読み取... [more] ET2021-65
pp.79-84
ET 2022-03-04
13:50
ONLINE オンライン開催 スライドの構造分析に基づいた研究分野の特徴理解支援システム
真野宗和小尻智子関西大ET2021-66
研究分野によって,解決しなければならない問題や,問題を解決するために考えるべき内容が異なる.良い研究をするためにはこれら... [more] ET2021-66
pp.85-90
ET 2022-03-04
13:00
ONLINE オンライン開催 esportsにおける実践知獲得のためのプレイ結果振り返り支援システム
鹿田みなと小尻智子関西大ET2021-67
esportsなどの状況がリアルタイムに変化していく競技では、状況と目的に応じて行動を選択する意思決定を繰り返し行う。試... [more] ET2021-67
pp.91-96
ET 2022-03-04
15:20
ONLINE オンライン開催 身体スキルを対象とした強化学習による学習者モデルの構築方法
角崎仁哉小尻智子関西大ET2021-72
身体スキルを獲得するためには、適切な身体形状で体を動かす必要がある。そのため、身体スキルを教授する際は学習者の身体形状を... [more] ET2021-72
pp.117-122
CNR, BioX
(共催)
2022-03-03
14:00
ONLINE オンライン開催 スペクトログラムを用いた耳介個人認証システムに関する検討
増田壮良関西大)・喜多俊輔大阪技術研)・梶川嘉延関西大BioX2021-48 CNR2021-29
近年,スマートフォンでは,指紋認証や顔認証などの生体認証が普及している.本稿では,スマートフォンでの生体認証として,耳介... [more] BioX2021-48 CNR2021-29
pp.13-16
SIS 2022-03-03
14:10
ONLINE オンライン開催 U-Netに基づく文字の境界に注目した中国出土木簡からの文字領域検出手法
下山萌純吉田 壮藤田高夫棟安実治関西大SIS2021-35
 [more] SIS2021-35
pp.26-31
MBE, NC
(併催)
2022-03-02
09:30
ONLINE オンライン開催 SOMによる分類システムの認識率改善及び高速化の検討
田坂 駿肥川宏臣関西大NC2021-46
自己組織化マップ(Self-Organizing Map : SOM)を使った分類システムの精度改善と学習速度の高速化に... [more] NC2021-46
pp.1-4
 1014件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会