お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 96件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-10
13:55
ONLINE オンライン開催 RoF技術を用いたミリ波帯自営ネットワークシステムの鉄道環境におけるフィールド実証
川崎 耀伊深和雄ハニズ アズリル松村 武児島史秀NICT)・柴原大樹蒲原健一郎阿部文俊石間礼次豊田晋平渡邊陽一菅原崇司JR東日本)・小川祥吾山口大介岩本功貴中村一城鉄道総研
 [more]
RCS 2020-04-23
10:35
ONLINE 別府 豊泉荘 ミリ波帯鉄道リニアセルにおける営業列車を用いた事前仮想接続技術の実証実験
伊深和雄川崎 耀ハニズ アズリル松村 武児島史秀NICT)・柴原大樹蒲原健一郎阿部文俊石間礼次JR東日本)・小川祥吾山口大介岩本功貴中村一城鉄道総研RCS2020-2
第5世代移動通信システム(5G)では,ミリ波に近い高周波数帯の小さなセルの利用が検討されうるが,従来のホモジニアスネット... [more] RCS2020-2
pp.7-11
MWP, PN, EMT
(共催)
PEM, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2020-01-30
13:25
京都 同志社大学 磁気光学プローブの三軸化に関する検討
加藤佳仁鉄道総研)・鈴木敬久首都大東京)・和氣加奈子NICT
 [more]
RCS 2019-10-24
14:20
神奈川 横須賀リサーチパーク (YRP) [依頼講演]列車制御システムにおける無線通信技術の活用と展望
北野隆康鉄道総研RCS2019-186
近年,地上設備の削減によるメンテナンスの省力化や列車運行の柔軟性の向上を目的とした無線式列車制御システムの開発と導入が進... [more] RCS2019-186
pp.45-50
EMD 2019-10-18
13:30
茨城 つくば国際会議場 304会議室 C/C複合材製パンタグラフすり板の低コスト化
宮平裕生久保田喜雄鉄道総研)・長谷川浩司吉井達哉ファインシンター)・亀崎昭雄CFCデザインEMD2019-37
C/C複合材製パンタグラフすり板は,自己潤滑性があり,耐熱性,強度,じん性に優れる材料であるが,高価なことが難点であった... [more] EMD2019-37
pp.7-12
CPSY, DC
(共催)
IPSJ-ARC
(連催) [詳細]
2019-07-26
18:00
北海道 北見市民会館 秘密分散法を用いた鉄道信号用多数決型フェールセーフ構成システムの理論検討
遠山 喬鉄道総研CPSY2019-39 DC2019-39
鉄道信号では,誤りに非対称性のある多数決回路を用いて複数のCPUの出力を統合するフェールセーフコンピュータが利用されてい... [more] CPSY2019-39 DC2019-39
pp.235-240
MW, EST, OPE, MWP, EMT
(共催)
IEE-EMT, THz
(連催) [詳細]
2019-07-18
15:35
北海道 函館市中央図書館 電磁気学的外乱が神経回路網に与える影響の数値解析の予備検討
地高僚太郎牧野 佳鈴木敬久首都大東京)・池畑政輝鉄道総研EMT2019-17 MW2019-30 OPE2019-21 EST2019-19 MWP2019-17
低周波および中間周波数帯域の電磁界による生体への影響として神経刺激作用が知られている.
生体の神経回路網は多数の神経細... [more]
EMT2019-17 MW2019-30 OPE2019-21 EST2019-19 MWP2019-17
pp.63-67
RCS 2019-04-18
15:20
北海道 登別グランドホテル [依頼講演]100GHz帯ミリ波による対列車通信システムのフィールド試験
中村一城・○岩澤永照岩城詞也竹内恵一川﨑邦弘鉄道総研)・柴垣信彦梁取勝也佐藤洋介藤井誠人加島謙一日立国際電気)・菅野敦史山本直克NICT)・川西哲也NICT/早大RCS2019-10
鉄道においては,走行する列車と地上間の連絡手段として,古くから列車無線システムが導入されている.しかし,現在の列車無線シ... [more] RCS2019-10
p.45
RCS, NS
(併催)
2018-12-20
16:40
広島 尾道市民会館 [招待講演]鉄道等の社会インフラが抱える課題の解決を支える通信ネットワーク基盤
木下裕介武 啓二郎岡村 敦三菱電機)・岩澤永照野末道子鉄道総研)・金井謙治甲藤二郎亀山 渉津田俊隆早大)・加辺 徹アイ・エス・ビーNS2018-168 RCS2018-229
1960年代の高度成長期に一斉に整備され,老朽化した社会インフラの監視,危険予知の実現が緊急課題となっており,事前の劣化... [more] NS2018-168 RCS2018-229
pp.57-62(NS), pp.63-68(RCS)
R 2018-12-15
13:00
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 踏切交通量に基づく踏切・列車群制御手法の適用効果に関する一考察
厚田和也熊澤一将北野隆康岩田浩司鉄道総研R2018-43
踏切の制御手法については,列車の走行制御による踏切警報時間の短縮手法が提案されてきたが,列車運行への影響については十分に... [more] R2018-43
pp.1-6
R 2018-12-15
13:25
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 慣性センサと速度発電機を併用した列車完全性管理システムにおける車両間の伝送断への対策
北野隆康谷口 茂岩田浩司鉄道総研)・齋木翔太記虎正幸浅野 晃京三製作所R2018-44
 [more] R2018-44
pp.7-12
DC 2018-12-14
15:50
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 地上子を用いない直線区間における列車位置検出手法の基礎検討
谷口 茂岩田浩司北野隆康鉄道総研)・記虎正幸浅野 晃京三製作所DC2018-66
 [more] DC2018-66
pp.41-46
MWP 2018-11-26
14:00
東京 機械振興会館 鉄道におけるマイクロ波・ミリ波・フォトニクス技術の活用
中村一城川﨑邦弘鉄道総研MWP2018-43
日本の鉄道では,新橋~横浜間に鉄道が開業した当時から列車を安全に運行するための連絡手段として通信システムが導入されており... [more] MWP2018-43
pp.1-4
WPT, PEM
(併催)
2018-11-19
10:40
東京 機械振興会館 環境磁界測定を目的とした光学素子一体型一軸磁気光学プローブの試作
加藤佳仁鉄道総研)・和氣加奈子NICT)・鈴木敬久首都大東京
 [more]
SSS 2018-08-14
16:05
京都 京都リサーチパーク1号館 A会議室 踏切警報音へのボイスの付加による直前横断抑止効果の検証
秋保直弘鏑木俊暁遠藤広晴鈴木大輔榎並祥太水上直樹小美濃幸司鉄道総研)・石毛隆晴佐藤和敏日本信号SSS2018-18
踏切警報音変更による踏切鳴動後の歩行者の横断抑止効果を検証する目的で心理実験を行った。被験者には、様々な警報音が鳴る踏切... [more] SSS2018-18
pp.21-24
SSS 2018-06-20
13:35
東京 機械振興会館 地下3階3号室 13:00~17:00 地方交通線向け列車制御システムの開発
寺田夏樹小野雄人新井英樹中村一城鉄道総研)・岸本 悟原田宗幸久永雅子JR九州)・田中和弘渡邉 理日本信号SSS2018-8
運転保安装置が有している車上位置検知機能と地上-車上間での無線による情報伝送を利用し,中央管理装置で閉そくや進路の管理を... [more] SSS2018-8
pp.5-8
R 2018-06-15
14:00
東京 機械振興会館 踏切交通量に基づいた踏切・列車群制御手法の一検討
厚田和也熊澤一将北野隆康岩田浩司鉄道総研R2018-7
踏切の制御手法についてはこれまで,列車の走行制御による踏切警報時間の短縮手法が提案されてきたが,列車運行への影響について... [more] R2018-7
pp.1-6
R 2018-06-15
14:25
東京 機械振興会館 慣性センサと速度発電機を併用した列車長管理システムにおける車両間伝送の一検討
北野隆康太田佑貴岩田浩司鉄道総研R2018-8
 [more] R2018-8
pp.7-12
PEM
(第二種研究会)
2018-05-24
13:50
東京 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 環境測定を目的とした磁気光学センサの基礎特性
加藤佳仁鉄道総研)・鈴木敬久首都大東京
 [more]
SSS 2018-04-24
13:35
東京 機械振興会館 [招待講演]コミュニケーションエラー防止対策 ~ 復唱・確認会話の学習方法と効果について ~
中村 竜鉄道総研SSS2018-2
 [more] SSS2018-2
pp.5-8
 96件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会