お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SCE 2016-01-21
15:45
東京 機械振興会館 液体窒素冷却Cu磁束トランスを用いた超低磁場SQUID-NMRの開発
廣瀬勇野出町一馬川越 聡豊田裕智八田純一有吉誠一郎豊橋技科大)・安達成司田辺圭一超電導工学研)・田中三郎豊橋技科大SCE2015-47
 [more] SCE2015-47
pp.65-69
SCE 2014-01-23
10:35
東京 機械振興会館地下3階2号室 分離型HTS-マルチターン薄膜検出コイルを用いたHTS-SQUIDグラジオメータの設計
寺岡雅之東京電機大)・塚本 晃安達成司超電導工学研)・高井裕司東京電機大)・田辺圭一超電導工学研SCE2013-38
非破壊検査応用では、励磁磁場によりSQUIDの動作が不安定になる問題を回避する方法の一つとして、検出コイルとSQUIDを... [more] SCE2013-38
pp.19-23
SCE 2013-01-24
13:35
岡山 岡山大学 ハイブリッド型高温超電導SQUIDマグネトメータの開発
塚本 晃安達成司押久保靖夫波頭経裕田辺圭一超電導工学研SCE2012-33
磁束トラップが起こりにくい高感度マグネトメータの開発を目的として、SQUIDインダクタにマルチターン入力コイル(巻き数N... [more] SCE2012-33
pp.49-52
SCE 2013-01-24
14:00
岡山 岡山大学 HTS-SQUIDシステムを用いたマウスの心磁計測
溝口崇子川畑龍三関 悠介神鳥明彦日立)・塚本 晃田辺圭一安達成司SRL)・円福敬二九大SCE2012-34
従来から創薬での安全性試験の心機能評価においては,小動物への埋め込み電極を用いた侵襲的な手法が汎用されてきた.しかしこの... [more] SCE2012-34
pp.53-57
SCE 2013-01-24
15:50
岡山 岡山大学 磁気マーカーの特性評価とSQUIDを用いた液相免疫検査への応用
樋口雄一内田 忍上岡祐太吉田 敬円福敬二九大)・塚本 晃安達成司田辺圭一超電導工学研SCE2012-38
SQUIDと磁気マーカーを用いた液相免疫検査法を開発している。磁気的検出法の性能は測定システムとともに磁気マーカーの性能... [more] SCE2012-38
pp.75-80
SCE 2012-10-25
13:25
東京 機械振興会館地下3階1号室 集積型極低温電流比較器の改良
山田隆宏前澤正明丸山道隆大江武彦浦野千春金子晋久産総研)・日高睦夫佐藤哲朗永沢秀一日野出憲治超電導工学研SCE2012-18
集積型極低温電流比較器(ICCC)の設計を行い、巻き線からSQUIDまでの相互インダクタンス値として300 - 400 ... [more] SCE2012-18
pp.7-12
SCE 2012-10-25
14:40
東京 機械振興会館地下3階1号室 極低温検出器アレイ読み出しのためのマイクロ波SQUIDマルチプレクサ
平山文紀神代 暁福田大治山森弘毅佐藤 泰山田隆宏産総研)・永沢秀一日高睦夫超電導工学研SCE2012-21
超伝導転移端カロリメータ(TES)等の低インピーダンスな低温検出器の信号を読み出すためにはSQUIDセンサが必須であるが... [more] SCE2012-21
pp.25-30
SCE 2012-01-26
10:30
東京 機械振興会館地下3階2号室 磁化材料深部欠陥探査を目的とした高温超伝導SQUIDセンサを用いた非破壊検査装置の開発
河野丈治塚本 晃安達成司押久保靖夫波頭経裕田辺圭一超電導工学研SCE2011-19
超伝導磁気センサSQUIDは低周波においても高い感度を有するため、これを渦流探傷技術と組み合わせて作製した非破壊検査シス... [more] SCE2011-19
pp.1-6
SCE 2012-01-26
11:20
東京 機械振興会館地下3階2号室 高温超伝導SQUIDにおよる太陽電池検査システムの開発
紀和利彦福留陽平堺 健司岡山大)・塚本 晃安達成司田辺圭一超電導工学研)・神鳥昭彦日立)・塚田啓二岡山大SCE2011-21
 [more] SCE2011-21
pp.11-16
SCE 2011-10-12
15:40
東京 機械振興会館 大規模SFQ回路のためのNb多層アドバンストプロセスの開発
永沢秀一日野出憲治佐藤哲朗日高睦夫超電導工学研)・藤巻 朗赤池宏之名大)・吉川信行横浜国大)・高木一義高木直史京大SCE2011-18
大規模SFQ回路の開発を目的として、臨界電流密度10kA/cm2のNb多層アドバンストプロセス(ADP)を開発し、そのプ... [more] SCE2011-18
pp.37-42
SCE 2010-07-22
13:15
東京 機械振興会館 バイアス電源の高電圧化による単一磁束量子回路の高速化の検討
田中雅光赤池宏之藤巻 朗高木一義名大/JST)・吉川信行横浜国大/JST)・永沢秀一SRL/JST)・高木直史京大/JSTSCE2010-20
 [more] SCE2010-20
pp.37-40
SCE 2010-07-22
14:30
東京 機械振興会館 40kA/cm^2プロセスによる単一磁束量子回路の動作評価
纐纈智仁赤池宏之藤巻 朗名大)・佐藤哲朗日野出憲治永沢秀一日高睦夫超電導工学研SCE2010-23
 [more] SCE2010-23
pp.53-58
IA 2009-01-28
14:50
東京 機械振興会館 超電導デバイスを用いた光信号波形モニタリング技術の開発
日高睦夫超電導工学研)・丸山道隆産総研)・橋本義仁鈴木秀雄光協会/富士通)・藤原 完日野出憲治佐藤哲朗永沢秀一超電導工学研)・荒川泰彦東大IA2008-54
超伝導単一磁束量子(SFQ)回路は、究極の高速性と低消費電力性を合わせ持つデバイスであり、ネットワークの消費電力問題を解... [more] IA2008-54
pp.39-44
SCE 2008-10-30
10:20
茨城 産業技術総合研究所(つくば) [招待講演]NEDO「次世代高効率ネットワークデバイスの開発」におけるSFQ技術開発
日高睦夫超電導工学研SCE2008-23
Development of Next-generation High-efficiency Network Devic... [more] SCE2008-23
pp.5-10
SCE 2008-10-30
16:20
茨城 産業技術総合研究所(つくば) カレントリサイクル実現に向けた磁気結合によるSFQ伝搬回路の検討
五十嵐正憲山梨裕希吉川信行横浜国大)・藤原 完橋本義仁超電導工学研SCE2008-30
近年、SFQ論理回路大規模化が著しくジョセフソン接合数が一万を超える回路の動作実証が行われている。しかし、そのような回路... [more] SCE2008-30
pp.45-50
SCE 2008-10-30
16:45
茨城 産業技術総合研究所(つくば) Nb多層デバイス構造用セルライブラリに向けた最適なモート構造の検討
藤原 完永沢秀一日高睦夫超電導工学研/JST)・吉川信行横浜国大/JST)・田中雅光赤池宏之藤巻 朗高木一義高木直史名大/JSTSCE2008-31
 [more] SCE2008-31
pp.51-56
SCE 2008-01-25
13:00
東京 機械振興会館 [招待講演]SFQ回路用高温超伝導ジョセフソン接合の開発
若菜裕紀安達成司波頭経裕丸山道隆樽谷良信田辺圭一超電導工学研
我々は、高温超伝導体を用いたSFQ(単一磁束量子)回路応用を目的とし、薄膜積層構造作製プロセスや接合作製プロセスの開発を... [more] SCE2007-25
pp.1-6
SCE 2008-01-25
14:55
東京 機械振興会館 [招待講演]Nb-AlO-Nbジョセフソン接合の異常な臨界電流値の解析
日野出憲治佐藤哲朗永沢秀一日高睦夫超電導工学研
Nb-AlO-Nbジョセフソン接合(JJ)の超電導臨界電流値(Ic)バラツキ・変動について検討した。従来から知られている... [more] SCE2007-29
pp.23-27
SCE 2007-10-17
14:15
東京 機械振興会館 高温超伝導ランプエッジ型ジョセフソン接合作製におけるランプ形状の最適化
安達成司五十嵐 覚樋口清一若菜裕紀超電導工学研)・岩田展幸山本 寛日大)・田辺圭一超電導工学研
高温超伝導ランプエッジ型ジョセフソン接合を用いた集積化回路作製において必要不可欠な技術である,チップ内に特性ばらつきの少... [more] SCE2007-21
pp.17-21
SCE 2007-10-17
14:55
東京 機械振興会館 AC駆動スタック型ドライバー回路の動作検討
加藤 望東京電機大)・鈴木秀雄超電導工学研)・高井裕司SRL)・古田 太田辺圭一東京電機大
 [more] SCE2007-22
pp.23-27
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会