電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 50件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MRIS, ITE-MMS, IEE-MAG
(連催)
2019-10-17
15:30
福岡 九州大学 (西新プラザ) 電流誘起磁壁移動現象を用いたロジック回路の作製
黒川雄一郎若江将和伊藤正裕九大)・木村圭伸鷲見 聡粟野博之豊田工大)・大西紘平湯浅裕美九大MRIS2019-20
 [more] MRIS2019-20
pp.33-37
NLC, IPSJ-DC
(連催)
2019-09-27
11:00
東京 フューチャー株式会社 学術文献からの無機材料合成プロセス抽出のためのグラフ表現
國吉房貴小澤 順産総研/パナソニック)・藤井幹也森川幸治中田 透田中武拓井垣恵美子日比野純一清野正樹パナソニック)・三輪 誠産総研/豊田工大NLC2019-9
本論文では,学術文献からの無機材料合成プロセス抽出のために,無機材料合成プロセスをグラフ形式で表現する方法について述べる... [more] NLC2019-9
pp.7-12
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2019-08-29
16:50
北海道 道東経済センタービル [招待講演]シリカガラスのガラス形成過程とファイバの低損失化
齋藤和也豊田工大OCS2019-24
光ファイバの低損失化はファイバ通信の根源的な課題の1つであり、多くの研究が行われて低損失化が進められてきたが、近年の情報... [more] OCS2019-24
pp.23-28
HCS 2019-08-23
14:00
大阪 滋慶医療科学大学院大学 「一体的リズム」と「分析的リズム」 ~ 実時間対話機能に関する試論 ~
市川 熹千葉大)・長嶋祐二工学院大)・堀内靖雄千葉大)・原 大介豊田工大HCS2019-30
「対話のことば」の実時間性の視点から、聴覚言語(音声)、視覚言語(手話)、触覚言語(指点字)における「分析的リズム」と「... [more] HCS2019-30
pp.7-12
QIT
(第二種研究会)
2019-05-20
13:20
福岡 九州大学 筑紫キャンパス [ポスター講演]半正定値錐上での拡張ラグランジュ法を用いた量子状態の最尤推定
藤澤俊祐東大)・大川洋平豊田工大)・深津 晋東大
離散変数の量子状態トモグラフィ(QST)は半正定値錐上での尤度関数の最適化問題である。
非線形な半正定値制約をパラメト... [more]

WIT, ASJ-H
(共催)
2019-02-08
11:20
愛媛 愛媛大学城北地区キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター内) 日本手話の多用途・3次元高精度データベースの開発
長嶋祐二工学院大)・○酒向慎司名工大)・渡辺桂子工学院大)・原 大介豊田工大)・堀内靖雄市川 熹千葉大WIT2018-62
手話は言語であるにもかかわらず,音声言語と比べて言語学,工学を含む関連諸分野での研究が進んでいない.この原因の1つは,言... [more] WIT2018-62
pp.71-75
MRIS, IEE-MAG
(連催)
2018-03-09
16:50
愛知 名古屋大学 フレキシブルナノインプリントプラスチック基板を用いたバルクスピントルク磁化反転
粟野博之浅利 司柴田凌輔豊田工大MR2017-54
 [more] MR2017-54
pp.57-62
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-08
17:00
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) [招待講演]多値論理多項式に対する離散フーリエ変換の応用と積の高速化
松井 一豊田工大IT2017-116 ISEC2017-104 WBS2017-97
 [more] IT2017-116 ISEC2017-104 WBS2017-97
p.71
IBISML 2018-03-06
14:00
福岡 九州大学 西新プラザ 複素ニューラルネットワークにおけるデータの対称性を用いた自然勾配法
椋野純一松井 一豊田工大IBISML2017-104
実ニューラルネットワークにおいて,学習の停滞現象を解決するためにリーマン計量を用いた自然勾配法が甘利氏によって提案され,... [more] IBISML2017-104
pp.97-102
ITS, IEE-ITS
(連催)
2017-03-07
15:15
京都 京都大学 自動運転車両の搭乗者のための車載映像を用いたストレス要因推定
萩原康平奈良先端大)・浮田宗伯豊田工大)・神原誠之奈良先端大)・萩田紀博ATRITS2016-88
現在,自動車などのモビリティの自動走行化に向けた研究が盛んに行なわれている.その目的として,ヒューマンエラーによる交通事... [more] ITS2016-88
pp.69-74
ED, SDM
(共催)
2017-02-24
17:10
北海道 北海道大学百年記念会館 次世代太陽電池の高効率化に関する考察
山口真史Lee Kan-Hua荒木建次小島信晃豊田工大ED2016-142 SDM2016-159
各種太陽電池の高効率化の可能性について、放射再結合寿命、非放射再結合寿命、外部発光効率、抵抗損失の点から、考察した結果を... [more] ED2016-142 SDM2016-159
pp.67-72
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2016-06-09
15:45
宮城 東北大学 [招待講演]重金属Pt層と希土類・遷移金属合金層からなる磁性細線における電流磁壁駆動
粟野博之鷲見 聡黒川雄一郎Do Bang豊田工大MR2016-6
 [more] MR2016-6
pp.33-38
ITS, IEE-ITS
(連催)
2016-03-10
10:00
京都 京都大学 An Experimental Study; Wheelchair Navigation Control by Gesture for elderly
Ali BoyaliTTI)・Naohisa HashimotoYusuke TakinamiAIST)・Seiichi MitaTTIITS2015-84
 [more] ITS2015-84
pp.1-4
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2015-06-13
08:30
北海道 定山渓ビューホテル 虚二次数体の素元に対する掘割問題についての高速探索法
木下真志松井 一豊田工大COMP2015-10
虚二次数体の素元における掘割問題とは, 「虚二次数体の素元を有限の歩幅以内で飛び石のように飛び原点から無限遠までたどれる... [more] COMP2015-10
pp.67-74
ED, CPM, SDM
(共催)
2015-05-29
11:20
愛知 豊橋技科大VBL棟 電気化学堆積法によるCu2O/Fe-Oヘテロ接合太陽電池の作製
張 朝龍名工大)・Junie Jhon M. Vequizo豊田工大)・市村正也名工大ED2015-33 CPM2015-18 SDM2015-35
 [more] ED2015-33 CPM2015-18 SDM2015-35
pp.85-90
MRIS, ITE-MMS, IEE-MAG
(連催)
2015-03-06
14:40
愛知 名古屋大学 非磁性(GeTe)/(SbTe)超格子における巨大磁気光学効果
粟野博之Bang Do豊田工大)・富永淳二産総研MR2014-46
 [more] MR2014-46
pp.23-27
ITE-MMS, ITE-CE
(共催)
MRIS
(連催) [詳細]
2015-01-23
16:10
大阪 パナソニック企業年金基金 松心会館 [招待講演]希土類・遷移金属磁性細線における電流磁壁駆動効果の改善
粟野博之豊田工大
 [more]
SDM 2014-10-17
11:10
宮城 東北大学未来研 MOCVD法によるGeおよびGe1-xSnxのエピタキシャル成長
須田耕平石原聖也木嶋隆浩澤本直美明大)・町田英明石川真人須藤 弘気相成長)・大下祥雄豊田工大)・小椋厚志明大SDM2014-91
GeおよびGe1-xSnxは、高移動度トランジスタ、IV族光デバイス等への応用が期待されている。
我々は、t-C4H9... [more]
SDM2014-91
pp.41-45
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2014-10-02
15:00
新潟 柏崎エネルギーホール、新潟 [招待講演]GeTe/Sb2Te3超格子薄膜がもつ鏡面対称高温磁気カー回転 ~ カルコゲン化合物超格子に潜むトポロジカル絶縁体特性 ~
富永淳二産総研)・Do Bang粟野博之豊田工大MR2014-16
非磁性元素からなる超格子相変化膜GeTe/Sb2Te3は、室温で2000%を超える磁気抵抗変化を示すことは昨年の本会議で... [more] MR2014-16
pp.17-21
IT 2014-09-19
09:00
千葉 千葉県 鳩山荘 松庵 Fast Decoding Algorithm for Projective Reed-Muller Codes and Its Computational Complexity
Norihiro NakashimaHajime MatsuiToyota Tech. Inst.IT2014-41
射影Reed--Muller(RM)符号はRM符号の射影化として定義された符号であり,その最小重みと双対符号は知られてい... [more] IT2014-41
pp.1-6
 50件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会