お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, MSS
(併催)
2021-03-15
09:40
ONLINE オンライン開催 2つの異なる区分定数スパイキング発振器のパルス結合系 ~ 拡大振動型と収縮振動型の相互結合について ~
山田丞真松岡祐介米子高専NLP2020-56
区分定数スパイキング発振器(PWCSO)は簡易なモデルでありながらカオス現象を呈する。本研究では、特性の異なる2つのPW... [more] NLP2020-56
pp.5-10
NLP, MSS
(併催)
2021-03-15
10:05
ONLINE オンライン開催 矩形波しきい信号を持つスパイキングニューロンのスパイク時系列特性の解析
河崎紘之松岡祐介米子高専NLP2020-57
本稿では矩形波しきい信号を持つスパイキングニューロンについて考察する.ニューロンの状態は積分-発火動作を繰り返し,周期的... [more] NLP2020-57
pp.11-16
NLP 2017-05-12
09:55
岡山 岡山理科大学 弛張振動するカオススパイキング回路のスパイク間隔特性について
松岡祐介米子高専NLP2017-16
本稿では弛張振動を持つカオススパイキング回路のスパイク間隔特性について考察する。回路はパラメータの変化によりカオスや周期... [more] NLP2017-16
pp.77-80
NLP 2016-09-15
13:25
兵庫 甲南大学 2つの状態の傾きと三角波ベース信号をもつスパイキングニューロンの回路実装
松岡祐介米子高専NLP2016-59
本稿では2つの状態の傾きと三角波ベース信号をもつスパイキングニューロンについて考察する。状態の傾きは2種類あり、リセット... [more] NLP2016-59
pp.79-82
NLP 2015-03-04
14:50
兵庫 兵庫県民会館 一方向結合された2つの異なる区分定数スパイキング発振器
松岡祐介米子高専NLP2014-157
本稿では一方向結合された2つの異なる区分定数スパイキング発振器について考察する。一つの発振器は単体ではカオス現象とカオス... [more] NLP2014-157
pp.79-83
NLP 2014-07-01
10:25
宮城 東北大学 片平キャンパス 簡素化されたバックコンバータのインダクタ抵抗の影響について
松岡祐介米子高専NLP2014-28
本稿ではインダクタ抵抗を考慮した簡素化されたバックコンバータモデルについて考察する。対象とする系のスイッチングはクロック... [more] NLP2014-28
pp.41-45
NLP 2014-05-27
10:20
島根 ビッグハート出雲 カオススパイキング発振器の呈する現象について:区分定数モデルと抵抗を含むモデルの比較
田中貴裕松岡祐介米子高専NLP2014-9
本稿では符号特性の電流源を含むカオススパイキング発振器について考察する。同発振器は2つの符号特性の電流源、キャパシタと抵... [more] NLP2014-9
pp.41-45
NLP 2013-10-29
10:15
香川 サンポートホール高松 符号特性の電流源を含むカオススパイキング発振器のスパイク間隔特性の考察
田中貴裕松岡祐介米子高専NLP2013-94
本稿では符号特性の電流源を含むカオススパイキング発振器について考察する。同発振器は2つの符号特性の電流源、キャパシタと抵... [more] NLP2013-94
pp.127-131
NLP 2013-03-14
16:05
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス 3つのスパイキングニューロンによるリング結合時のダイナミクスについて
柴田 翔松岡祐介米子高専NLP2012-157
本稿では3つのスパイキングニューロンによるパルス結合系を考察する。同ニューロンのダイナミクスは自己発火と強制発火を繰り返... [more] NLP2012-157
pp.67-72
NLP 2013-03-14
16:30
千葉 千葉大学 西千葉キャンパス 符号特性を持つ電流源を含むカオススパイキング発振器について
田中貴裕松岡祐介米子高専NLP2012-158
本稿では符号特性電流源を含むカオス発振器を提案する。この発振器は2つの電流源、2つのキャパシタと抵抗、スイッチなどで構成... [more] NLP2012-158
pp.73-76
NLP, CAS
(共催)
2012-09-20
14:55
高知 高知県立大学 永国寺キャンパス 3つのスパイキングニューロンによるパルス結合系の基本ダイナミクス
柴田 翔松岡祐介米子高専CAS2012-35 NLP2012-61
本稿では3つのスパイキングニューロンの結合系について提案をする。ニューロンの状態は積分-発火のダイナミクスをくり返しスパ... [more] CAS2012-35 NLP2012-61
pp.31-36
CAS, NLP
(共催)
2011-10-20
17:35
静岡 静岡大学 矩形波しきい値を持つスパイキングニューロンモデルについて
大塚健太松岡祐介米子高専CAS2011-47 NLP2011-74
本稿では矩形波しきい値を持つスパイキングニューロンモデルについて考察する。スパイキングニューロンはしきい値とベース信号の... [more] CAS2011-47 NLP2011-74
pp.85-88
NLP 2010-12-13
16:15
鳥取 米子コンベンションセンター Response of pulse-coupled piecewise constant spiking oscillators
Yusuke MatsuokaYonago National College of Tech.NLP2010-124
本稿ではパルス結合された区分定数スパイキング発振器(PWCSO)を紹介する。この系は二つのPWCSOから成り立ち、結合方... [more] NLP2010-124
pp.65-68
CAS, CS, SIP
(共催)
2009-03-02
15:05
岐阜 岐阜長良川温泉国際会議場 回路理論の応用による変調超格子の準通過域情報の抽出法
浅倉邦彦米子高専)・小栗栖 修金沢大)・真田博文北海道工大)・鈴木正清北見工大CAS2008-114 SIP2008-177 CS2008-88
優れたエネルギーフィルタ性能を有する変調超格子は,通過域,阻止域に加えて離散的な鋭いピーク群からなる準通過域を形成する場... [more] CAS2008-114 SIP2008-177 CS2008-88
pp.77-82
CAS 2008-01-31
16:40
沖縄 沖縄県青年会館 回路理論の応用による変調超格子の準通過域形成に関する一考察
浅倉邦彦米子高専)・小栗栖 修金沢大)・真田博文北海道工大)・鈴木正清北見工大CAS2007-92
 [more] CAS2007-92
pp.49-54
MBE, NC
(併催)
2005-12-09
13:25
愛知 名古屋工業大学 ファジィ・ニューラルネットワークの加速度脈波解析への応用
権田英功宮田仁志米子高専)・馬庭芳朗おおや地域医研)・大北正昭鳥取大
指尖加速度脈波は,透過型光学センサで検知された指尖脈波波形から得ることができ,生体に非侵襲で観測することができる.加速度... [more] NC2005-82
pp.7-12
CAS, NLP
(共催)
2005-09-16
16:15
新潟 長岡技術科学大学 回路理論を利用した層幅変調超格子のバンド構造の推定法
浅倉邦彦米子高専)・小栗栖 修金沢大)・真田博文北海道工大)・鈴木正清北見工大
本論文では,層幅を変調した変調超格子は,ポテンシャル包絡を変調した超格子と同様に透過確率がほぼ1の通過域,ほぼ0の阻止域... [more] CAS2005-46 NLP2005-59
pp.73-77
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会