お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1~20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCS 2020-08-22
14:00
ONLINE オンライン開催 操作方向と進行方向の一致を考慮した移動ロボット操作手法の提案
渋沢良太中茂睦裕第一工大HCS2020-35
本研究では,高齢者と子供が一緒に遊んで双方のコミュニケーションの機会を増やすためのロボットサッカーゲームを開発するため,... [more] HCS2020-35
pp.83-88
WIT, SP
(共催)
2019-10-26
15:45
鹿児島 第一工業大学 4号館1階大会議室 座面圧力分布計測装置による上肢姿勢の評価方法の検討
武田隆宏第一工大SP2019-23 WIT2019-22
座位での行動は覚醒時間の行動割合の半分以上を占めていると言われ、我々の生活の質に直結する姿勢といえる。本研究ではクッショ... [more] SP2019-23 WIT2019-22
pp.33-38
AI 2019-09-14
10:45
鹿児島 霧島自然ふれあいセンター 医療教育用患者シミュレータの現状と今後の展望
渋沢良太第一工大AI2019-29
現在,世界各国の医療教育の現場において,患者の解剖学的特徴,病態等を擬似的に再現した“患者シミュレータ”を使った教育が普... [more] AI2019-29
pp.55-60
ET 2019-09-06
10:40
茨城 筑波技術大学 外国人留学生のパーソナルコンピュータスキルに関するアンケート調査
仲田知弘第一工大ET2019-25
本稿では,外国人留学生のパーソナルコンピュータ(以降, パソコン)スキルに焦点を当て,第一工業大学の情報処理基礎(Wor... [more] ET2019-25
pp.1-4
WIT, SP
(共催)
2018-10-27
13:50
福岡 九工大・百周年中村記念館 筋電位信号を利用した食道発声法訓練用デバイスの提案 ~ 訓練用デバイスで用いる筋電位信号の測定箇所の同定 ~
大惠克俊第一工大)・中村凌也九工大)・細川和孝第一工大SP2018-34 WIT2018-22
喉頭ガン等で声帯を含む喉頭を摘出した患者は,音声の基となる喉頭原音を失うため発声が不可能となる.このような発声に障害を持... [more] SP2018-34 WIT2018-22
pp.13-16
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2018-09-20
09:30
福岡 福岡工業大学 キー操作とマウス操作の動的バイオメトリクスを用いた継続認証アルゴリズムDPTMの提案
山田猛矢第一工大)・福元伸也鹿嶋雅之佐藤公則渡邊 睦鹿児島大PRMU2018-42 IBISML2018-19
現在のコンピュータは,ログイン時に一度だけ認証を行うものがほとんどであり,ログイン後の継続的な認証は行われていない.ログ... [more] PRMU2018-42 IBISML2018-19
pp.41-46
WIT, SP
(共催)
2017-10-19
13:40
福岡 九工大戸畑図書館(北九州) 筋電位信号により制御を行う発声補助用デバイスに関する研究
大惠克俊中村凌也国師翔平第一工大SP2017-36 WIT2017-32
 [more] SP2017-36 WIT2017-32
pp.13-16
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2016-11-10
17:50
長崎 長崎商工会議所 中波アンテナとインピーダンス整合の変遷
若井一顕第一工大
 [more]
SIS 2016-03-11
14:30
東京 東京都市大学世田谷キャンパス 非均一環境下の分散システムにおけるタスククラスタリングアルゴリズムの評価
橋本周弥東京情報大)・金光永煥早大)・初鹿野一雄第一工大)・文 浩俊金 武完東京情報大SIS2015-72
本稿は,非均一環境におけるタスククラスタリングアルゴリズムであるMWSL(Minimizing Worst Schedu... [more] SIS2015-72
pp.141-145
MICT, ASN, MoNA
(併催)
2016-01-28
11:10
神奈川 箱根湯本温泉の旅館 ホテルおかだ ウェアフリーセンサによる高齢者見守り支援システムの提案と部分試作 ~ シート型圧電センサによる心拍・呼吸・体動の検出機能およびイベント発生時の通知機能の試作 ~
上野 仁第一工大)・鐘ヶ江正巳ヘルスセンシングMICT2015-39
介護施設内や一人暮らし家屋内の高齢者の見守りシステムとして,従来からライブカメラによる映像を利用したものや,ポット,冷蔵... [more] MICT2015-39
pp.1-5
EID, SID-JC
(共催)
ITE-IDY
(連催) [詳細]
2015-07-30
13:25
東京 機械振興会館 目に優しい高輝度TFT-LCDに供せられるバックライトの実現可能性について
村岡哲也内村俊二第一工大)・池田弘明コンサルタント
現行のラップトップPCではエッジライト駆動方式が主流であるが,こうしたバックライトは光量不足のために屋外使用には適さない... [more]
R 2014-10-17
15:00
鹿児島 第一工業大学 [招待講演]無線設備の防災設計に向けた信頼性管理
若井一顕第一工大R2014-58
東日本大震災を経験して多くの災害に対応する送信設備の在り方と最適な設備設計の解を求めるための不断の努力と開発、改善テーマ... [more] R2014-58
pp.19-24
EMD, R
(共催)
2014-02-21
15:55
大阪 パナソニック「松心会館」 蛍光灯照明装置における電磁雑音と信頼性評価
若井一顕第一工大R2013-90 EMD2013-146
照明装置は家電の中では省エネ化が推進されている機器の一つである。本研究は大型店舗での照明装置からの電波雑音の発生とその対... [more] R2013-90 EMD2013-146
pp.35-40
EMD, R
(共催)
2013-02-15
15:30
三重 住友電装 疑似ジャイレータを用いた中波帯アイソレータの研究
若井一顕第一工大R2012-76 EMD2012-107
ブリッジドT型回路を用いた中波帯3dBカップラと疑似ジャイレータによるアイソレータの基礎実験を行った。3dBカップラの接... [more] R2012-76 EMD2012-107
pp.23-28
R 2012-10-19
13:30
福岡 九州工業大学 中波放送用アイソレータの開発
若井一顕第一工大R2012-54
アイソレータは、VHF、UHF、及びSHF帯に関するものは実用化されているが中波帯、短波帯でのアイソレータの活用例は無く... [more] R2012-54
pp.1-6
EMD, R
(共催)
2012-02-17
13:15
京都 オムロンラーニングセンタ 中波自動整合回路の制御方式による信頼性評価
若井一顕第一工大R2011-46 EMD2011-120
中波アンテナのインピーダンス特性は降雪などの気象の影響によって変動する。また緊急非常時に建設するアンテナの整合を簡便に行... [more] R2011-46 EMD2011-120
pp.25-30
R 2010-10-29
16:00
鹿児島 第一工業大学(霧島市) 非常災害時おける送信設備の整合と信頼性
若井一顕第一工大R2010-30
近年、豪雨災害や地震などによって非常災害時の情報伝達の重要性が見直されている。火山による噴火災害による送信点の崩落、地震... [more] R2010-30
pp.29-34
R 2009-10-16
14:35
福岡 九州工業大学(Kyutechプラザ@天神) デジタル時代における放送送信設備のメンテナンス
若井一顕第一工大R2009-36
 [more] R2009-36
pp.19-24
EMD, R
(共催)
2009-02-20
16:20
三重 住友電装本社 放送設備における漂遊金属と耐雷対策
若井一顕第一工大)・澤栗裕二SGCR2008-56 EMD2008-132
筆者らは、放送における送信技術を専門としてきた。大規模送信施設の設備管理、送信装置の更新整備や手直しなど、機器の設置やア... [more] R2008-56 EMD2008-132
pp.69-76
WBS 2008-10-10
12:15
山口 山口大学(宇部) 実数自己直交有限長系列の2値符号化によるスペクトル拡散方式
棚田嘉博大脇雅志中道祥士寺本祐也池上靖明第一工大WBS2008-45
スペクトル拡散による通信やレーダのための擬似雑音系列は自己相関関数がインパルスの有限長系列が望ましい.自己直交有限長系列... [more] WBS2008-45
pp.87-92
 20件中 1~20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会