お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 304件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-26
10:45
広島 JMSアステールプラザ ICN のためのキャッシュ制御法 CDO のキャッシュ閾値設計
東野洸太中村 遼上山憲昭福岡大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SRW, SeMI, CNR
(併催)
2020-11-26
17:10
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]ハラスメント検出に向けた特徴量に関する一検討
上野貴弘森 慎太郎大橋正良福岡大
 [more]
SIS, ITE-BCT
(連催)
2020-10-01
10:30
ONLINE オンライン開催 暗部の視認性を改善する逆光画像の強調法に関する一提案
赤井優斗山口大)・植田祥明福岡大)・古賀崇了近畿大)・末竹規哲山口大SIS2020-11
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] SIS2020-11
pp.5-10
IA 2020-10-01
16:25
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]A Study on Topology Estimation from Observed Network Flows
Keita KitauraRyotaro MatsuoKwansei Gakuin Univ.)・Ryo NakamuraFukuoka Univ.)・Hiroyuki OhsakiKwansei Gakuin Univ.IA2020-11
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] IA2020-11
p.31
IA 2020-10-01
16:25
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]A Study on Flow-Level Network Simulator for Large-Scale Information-Centric Networks
Soma YamamotoKwansei Gakuin Univ.)・Ryo NakamuraFukuoka Univ.)・Hiroyuki OhsakiKwansei Gakuin Univ.IA2020-13
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] IA2020-13
p.33
CQ 2020-09-03
10:30
大阪 大阪大学中之島センター
(主:現地開催,副:オンライン開催)
情報指向ネットワークにおけるネットワーク障害時のコンテンツ可用性の解析
中村 遼上山憲昭福岡大CQ2020-34
近年,データを送受信するホストではなくデータそのものを中心としたネットワークである情報指向ネットワークが注目を浴びている... [more] CQ2020-34
pp.1-6
SRW 2020-08-24
13:50
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]送信パケット長に応じたチャネル選択手法の検討 ~ 冗長検査情報を用いる通信品質要因解析に基づく無線アクセス技術の研究開発 ~
今中崇詞・○太田真衣太郎丸 真福岡大)・山本高至京大)・矢野一人ATRSRW2020-14
 [more] SRW2020-14
pp.27-30
CQ 2020-07-16
15:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]IoTデータ通信のための無線アクセス回線物理層の考え方と動向について
太郎丸 真福岡大CQ2020-26
 [more] CQ2020-26
p.25
ICM 2020-07-17
09:50
ONLINE オンライン開催 Bloom Filterを用いたキャッシュポリューション攻撃の検知
芦原大和上山憲昭福岡大ICM2020-15
 [more] ICM2020-15
pp.43-48
SS, IPSJ-SE
(連催)
2020-07-02
13:05
ONLINE オンライン開催 morfawk: 形態素パターンマッチング/処理言語
中西恒夫吉村賢治乙武北斗田辺利文古庄裕貴福岡大)・西浦洋一アイシン精機SS2020-4
自然言語で記述されるソフトウェア開発文書のレビューに要するコストを削減するべく自然言語処理の活用が期待されている。係り受... [more] SS2020-4
pp.19-24
RCS 2020-06-24
13:00
ONLINE オンライン開催 センサネットワークにおける自律分散的送信タイミング制御法
蕪木碧仁相原直紀安達宏一電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大RCS2020-23
 [more] RCS2020-23
pp.1-6
SR 2020-06-05
14:30
ONLINE オンライン開催 無線LANにおける再送フラグと変調方式符号化セットを活用した通信品質劣化の識別
千田皓隆田久 修神尾明典信州大)・藤井威生電通大)・太田真衣福岡大SR2020-7
 [more] SR2020-7
pp.45-49
IPSJ-AVM, ITE-3DIT
(共催)
SIS
(連催) [詳細]
2020-06-03
13:20
ONLINE オンライン開催 ヒストグラム指定法を用いた逆光画像の強調に関する一提案
植田祥明福岡大)・古賀崇了近畿大)・末竹規哲山口大SIS2020-2
逆光画像の明度分布は双峰性の分布に近いという特徴を持つ.本報告では,逆光画像の明度分布の特徴に着目した,ヒストグラム指定... [more] SIS2020-2
pp.7-11
PRMU, IPSJ-CVIM
(連催)
2020-03-17
09:30
京都 京都大学 訓練画像セットの非対称性を用いた対象領域抽出
中村 凌植田祥明藤木 淳田中 勝福岡大PRMU2019-88
機械学習を用いて対象領域を抽出するためには各ピクセル毎に教師ラベルを与える必要がある.各ピクセ ル毎に教師ラベルを与える... [more] PRMU2019-88
pp.115-119
ITS, IEE-ITS
(連催)
2020-03-10
10:30
滋賀 立命館大学(BKC) SMArch: スマートモビリティのためのソフトウェアアーキテクチャ
中西恒夫福岡大)・荒川 豊安藤崇央石田繁巳九大)・金子邦彦福山大)・田頭茂明関西大)・久住憲嗣峯 恒憲福田 晃九大ITS2019-59
本稿では,競争的な市場ゆえに個別に継続的な進化をしがちなスマートモビリティサービスのためのソフトウェアアーキテクチャ,S... [more] ITS2019-59
pp.13-18
ITS, IEE-ITS
(連催)
2020-03-10
16:20
滋賀 立命館大学(BKC) Mixed Reality を用いた航空機航跡の視覚化
後藤佑実古庄裕貴中西恒夫福岡大)・安藤崇央九大ITS2019-68
 [more] ITS2019-68
pp.81-86
SIS 2020-03-05
13:30
埼玉 埼玉会館 彩度を用いた重み付き主成分分析による色量子化法の一提案
小島清一楠 智貴山口大)・植田祥明福岡大)・末竹規哲内野英治山口大SIS2019-40
画素ごとにRGB各成分を256階調で表現する24ビットフルカラー画像では,画像1枚あたり約1,677万色が表現可能である... [more] SIS2019-40
pp.19-22
NS, IN
(併催)
2020-03-05
10:40
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 ブロックチェーンを用いた個人信用度評価方式
許斐健太上山憲昭福岡大NS2019-205
近年中国では個人の信用スコアを,融資,賃貸,シェアサイクルなどの様々な場面で活用する動きが高まっ
ている.また海外や日... [more]
NS2019-205
pp.165-168
EE, IEE-SPC
(併催)
2020-03-05
13:43
長崎 壱岐文化ホール( 長崎県壱岐市 ) 昇圧形コンバータにおける過渡特性改善のための比例ゲイン可変手法
大門隆哉梶原一宏長崎総合科学大)・古川雄大福岡大)・松井信正黒川不二雄長崎総合科学大EE2019-76
 [more] EE2019-76
pp.7-11
NS, IN
(併催)
2020-03-06
15:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 IoTサマリデータのICNを用いたキャッシュ法
佐々木 颯上山憲昭福岡大NS2019-256
 [more] NS2019-256
pp.449-454
 304件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会