お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 運動表出意思決定のソマティックマーカ仮説に対する一検証事例
大谷啓尊神戸大)・片桐祥雅東大)・今井絵美子古和久朋神戸大
ソマティックマーカー仮説は,認知制御における意思決定を促進すると考えられているが,その詳細な神経学的メカニズムは未解明で... [more]
IT, ISEC, WBS
(共催)
2019-03-07
09:55
東京 電気通信大学 Torクローラを用いたダークウェブにおける悪性URLの探索
川口雄己小澤誠一神戸大IT2018-76 ISEC2018-82 WBS2018-77
近年,Drive-by-Download攻撃やフィッシングなどのWebを媒介するサイバー攻撃が深刻化しており,ユーザを悪... [more] IT2018-76 ISEC2018-82 WBS2018-77
pp.7-12
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) シフト勤務が血糖値の概日リズムに及ぼす影響
高橋留佳神戸大)・片桐祥雅NICT
シフト勤務が不可避である医療従事者の冠動脈疾患・がん等の重篤な疾患に対する高罹患リスクの低減が,医療システム維持のための... [more]
TL 2017-07-22
16:40
東京 国立国語研究所 Building a Database of Sentence Construction Familiarity of Japanese EFL Learners: Pilot Study
Hirokazu YokokawaKobe Univ.)・Satoshi YabuuchiKyoto Seika Univ.)・Hisaki SatoiRyukoku Univ.)・Michiko BandoShiga Univ.)・Tomoyuki NarumiOsaka Kyoiku Univ,)・Ken-ichi HashimotoHyogo Univ. of Education)・Mayu HamadaAyako HiranoKobe Univ.)・Yasunari HaradaWaseda Univ.TL2017-24
本研究は,日本人英語学習者を対象として,英語の「文構造」に対する親密度(familiarity)データベースを構築するこ... [more] TL2017-24
pp.57-62
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 看護師の勤務形態の睡眠・生理・行動に及ぼす影響
高橋留佳神戸大)・○片桐祥雅NICT
現代の医療現場では夜間勤務は必要不可欠であるが,勤務による睡眠の質の低下が冠動脈疾患,癌などの重篤な疾患への罹患リスクを... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと 注意ネットワークを賦活するメロディックイントネーションが記銘力に及ぼす影響
新木安里子神戸大)・片桐祥雅NICT
初期のアルツハイマー病に起因する記憶障害へのアプローチとして薬物療法が用いられるが,耐性や副作用などの問題がある.臨床家... [more]
TL 2015-12-12
16:30
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 日本人英語学習者の目的格関係節文理解における名詞の有生性情報利用 ~ 音声提示および文字提示による検討 ~
平野亜也子横川博一神戸大TL2015-44
本研究では、中級熟達度の日本人英語学習者に目的格関係節文を含む文の理解における名詞の有生性情報利用について、音声提示およ... [more] TL2015-44
pp.23-28
DE 2013-06-22
09:30
東京 青山学院大学アスタジオ [招待講演]情報提示が人間行動に与える影響を考慮したソーシャルイベント運営の実証実験
寺田 努神戸大DE2013-1
筆者らの研究グループでは,大規模な食べ歩きイベントや 野外学習イベントにおいて携帯端末上で動作する ナビゲーションシステ... [more] DE2013-1
p.1
PRMU 2013-06-11
13:15
東京 NTT武蔵野研究開発センタ [特別講演]ウェアラブルカメラによる一人称ビジョン
塚本昌彦神戸大
 [more]
BioX
(第二種研究会)
2013-05-24
17:40
富山 富山県立大学 [ポスター講演]小型張力計測装置を用いた前十字靭帯再建におけるNormality評価の試み
川口昌悟長宗高樹福井大)・岡 真也西澤勇一郎星野祐一黒田良祐黒坂昌弘神戸大
 [more]
COMP 2013-03-18
15:15
岐阜 岐阜大学 動的計画法を用いた上界計算法による最大重みクリーク抽出アルゴリズムの提案
清水悟司山口一章斎藤寿樹増田澄男神戸大COMP2012-59
頂点に重みが付与された無向グラフが与えられたとき,重みが最大となるクリークを求める問題を最大重みクリーク問題という.本稿... [more] COMP2012-59
pp.47-53
MVE, IE, WIT, IMQ
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2013-03-12
13:55
福岡 福岡工業大学 自動点字翻訳プログラムの触地図用途向け最適化
菅野亜紀神戸大医学部附属病院)・三浦研爾神戸大)・大田美香神戸大医学部附属病院)・喜多伸一神戸大)・山口俊光渡辺哲也新潟大)・前田英一高岡 裕神戸大医学部附属病院IMQ2012-85 IE2012-189 MVE2012-146 WIT2012-95
 [more] IMQ2012-85 IE2012-189 MVE2012-146 WIT2012-95
pp.285-288
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2012-12-10
- 2012-12-12
熊本 くまもと森都心プラザ 精油の疼痛・倦怠感抑制作用の神経科学的検証
坊垣友美愛知医科大)・片桐祥雅NICT)・宇佐美 眞神戸大
倦怠感や疼痛は患者のQOLを下げる要因として大きな問題となっているが,投薬の禁忌条件などから薬物に頼らない補完代替療法の... [more]
ET 2012-11-17
16:30
佐賀 佐賀大学(本庄キャンパス) 触読学習を可能にした音声ガイド付き点字e-learning
大田美香神戸大医学部附属病院)・小田 剛三浦研爾神戸大)・梅田由紀恵塚本紗代花岡澄代松浦正子神戸大医学部附属病院)・渡辺哲也新潟大)・喜多伸一神戸大)・前田英一菅野亜紀高岡 裕神戸大医学部附属病院ET2012-66
 [more] ET2012-66
pp.79-82
WIT 2012-05-25
12:55
新潟 新潟大駅南キャンパス講義室 中途視覚障害者向けの触読点字e-learningの最適な読み上げ速度
大田美香神戸大医学部附属病院)・小田 剛三浦研爾神戸大)・塚本紗代梅田由紀恵花岡澄代松浦正子神戸大医学部附属病院)・渡辺哲也新潟大)・喜多伸一神戸大)・前田英一菅野亜紀高岡 裕神戸大医学部附属病院WIT2012-2
我々は中途視覚障害者向けに,点字自己学習用の触読点字e-learningへの音声ガイドの追加に取り組んでいる.その際,読... [more] WIT2012-2
pp.7-10
WIT 2012-05-25
13:20
新潟 新潟大駅南キャンパス講義室 オントロジーを利用した視覚障害者用の鍼灸領域の教材は学習効果を高める
小田 剛神戸大)・菅野亜紀熊岡 穣神戸大医学部附属病院)・三浦研爾神戸大)・塚本紗代池上峰子神戸大医学部附属病院)・喜多伸一神戸大)・渡辺哲也新潟大)・前田英一大田美香高岡 裕神戸大医学部附属病院WIT2012-3
我々は,視覚障害者向けの経絡と経穴の教材を新たに開発した.その特徴は,オントロジーを各々の概念の関係構築に利用したことと... [more] WIT2012-3
pp.11-15
ICSS 2012-03-16
10:20
東京 機械振興会館 不正QRコードの対策とそれを実現するシステムの開発
渡辺優平柏井祐樹森井昌克神戸大ICSS2011-39
携帯電話の普及とともに,2次元コードが様々な用途で利用されている.しかし,QRコードは格納データの視認性が乏しく,偽造さ... [more] ICSS2011-39
pp.1-4
WIT 2012-01-28
10:15
愛知 名古屋工業大学 53号館5234講義室 点図におけるドットパターンの識別特性の評価
渡部 謙渡辺哲也山口俊光新潟大)・大内 進特総研)・高岡 裕神戸大医学部附属病院)・喜多伸一石橋和也神戸大WIT2011-59
点図において識別性が高い面記号の組合せを見つけるため,晴眼者と視覚障害者を対象に実験を行った.実験では,点種と点間隔が異... [more] WIT2011-59
pp.45-49
ISEC, LOIS
(共催)
2011-11-14
10:00
大阪 大阪電気通信大学 Alwen-Peikert構成法における格子の落とし戸関数に対する評価および改良法
藤堂洋介森井昌克神戸大ISEC2011-34 LOIS2011-28
近年格子理論,中でもLearning with Errors~(LWE)問題を安全性の根拠とする格子暗号に注目が集まって... [more] ISEC2011-34 LOIS2011-28
pp.1-6
ISEC, LOIS
(共催)
2011-11-14
10:25
大阪 大阪電気通信大学 (u|u+v)ΣPKCに対する格子攻撃
長尾 篤藤堂洋介森井昌克神戸大ISEC2011-35 LOIS2011-29
2010年,笠原らは低密度攻撃に耐性のあるナップザック暗号$ (u \mid u+v) \Sigma$ PKCを提案し... [more] ISEC2011-35 LOIS2011-29
pp.7-12
 46件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会