お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2019-07-27
16:10
兵庫 甲南大学 平生セミナーハウス [ポスター講演]The Dynamic Characteristics in the L2 Mental Lexicon
Mikihiro TanakaKWU)・Rumi TakahashiShowa UnivTL2019-23
There is considerable disagreement over how the mental lexic... [more] TL2019-23
pp.61-66
HCS 2019-02-02
10:30
新潟 新潟日報メディアシップ 高齢期の作業記憶課題における視空間認知と手指運動との関係
井上紗奈甲南女子大HCS2018-55
超高齢社会において,認知機能の維持は健康増進に欠かせないが,加齢変化の大きい作業記憶は,短い時間に大量の情報にさらされる... [more] HCS2018-55
pp.45-48
TL 2017-07-23
11:40
東京 国立国語研究所 The production of Metonymic Expressions: Evidence from Priming in Japanese
Mikihiro TanakaKonan W.Univ.TL2017-34
 [more] TL2017-34
pp.107-108
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 超長周期心拍数ゆらぎ解析による睡眠の質の評価
高橋留佳枚公病院)・瀬藤乃理子甲南女子大)・伴野梨沙片桐祥雅神戸大
超長周期心拍数変動(VFL)は、ホルモン調整などを反映すると考えられている。VFLは、室傍核コルチコトロピン放出ホルモン... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 超長周期心拍変動解析による日常生活空間におけるストレスの評価
伴野梨沙神戸大)・片桐祥雅神戸大/NICT)・瀬藤乃理子甲南女子大)・高橋留佳枚公病院
従来のストレス評価として,自律神経(交感/副交感神経)機能を介した方法と生理活性物質を用いた方法が挙げられるが,それぞれ... [more]
TL 2013-08-03
15:35
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス [ポスター講演]名詞句の類似性が語順の選択に与える影響 ~ カクチケル語における検討 ~
久保琢也広島大)・小野 創近畿大)・田中幹大甲南女子大)・小泉政利東北大)・酒井 弘広島大TL2013-25
(事前公開アブストラクト) 近年、名詞句の類似性(e.g., 有生物–有生物)が文の産出に影響を与えるという... [more] TL2013-25
pp.63-68
TL 2013-08-04
16:40
大阪 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 因果関係が談話産出に与える影響
田中幹大甲南女子大TL2013-39
This study investigates the production of ‘causality’ (e.g.,... [more] TL2013-39
pp.135-138
MBE 2007-10-11
10:00
大阪 大阪電気通信大学 座幅に着目した自走式車いす駆動における上肢筋活動の評価
富永吉隆阪電通大)・永田昌美甲南女子大)・吉田正樹阪電通大MBE2007-50
自走式車いすを処方する際,身体計測を行い,その結果に一定の数値を加減することで座幅や座長などの基本寸法を決定する.しかし... [more] MBE2007-50
pp.1-4
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会