お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 306件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR 2021-01-25
14:20
ONLINE オンライン開催 [パネル討論]沖縄でのディジタル通信システムベンチャーの創業と守成
和田知久琉球大
 [more]
NS, NWS
(併催)
2021-01-21
14:20
ONLINE オンライン開催 Hardening競技を用いた実践的なシステムセキュリティ教育の方法の提案
津嘉山 遼長田智和琉球大
 [more]
OME 2020-12-25
16:50
沖縄 沖縄県青年会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
MoO3とMgの反応により生成したMgOを陰極バッファーとして用いるタンデム型有機薄膜太陽電池の開発
景山 弘琉球大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
VLD, DC, RECONF, ICD, IPSJ-SLDM
(連催)
(併催) [詳細]
2020-11-17
14:50
ONLINE オンライン開催 次世代ALICE TPCむけデータ収集システムにおけるクラスタ検出アルゴリズムのFPGA実装の検討
今東大晟琉球大)・Sharma SamarthDaniel Goh Jia Qin松山裕輝荻野雅紀大山 健長崎総合科学大)・佐甲博之原子力機構)・郡司 卓東大)・長名保範琉球大VLD2020-18 ICD2020-38 DC2020-38 RECONF2020-37
 [more] VLD2020-18 ICD2020-38 DC2020-38 RECONF2020-37
pp.42-47
MIKA
(第三種研究会)
2020-10-09
13:30
新潟 西堀会議室(新潟)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]3種類の音響水中OFDM通信システム開発とその応用
和田知久琉球大
研究室で取り組んでいる以下3種の海中音響OFDM通信システムについて紹介する。1.深海海面間OFDM通信システム。特徴と... [more]
AP 2020-10-02
14:00
沖縄 サブ会場×2及びオンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[チュートリアル講演]アンテナパターン多重による大規模出力・低コスト受信アンテナに関する研究
齋藤将人琉球大AP2020-72
筆者らは,これまで,Single-Input Multiple-Output (SIMO) や Multiple-Inp... [more] AP2020-72
pp.23-28
AP 2020-10-02
16:00
沖縄 サブ会場×2及びオンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[特別講演](口頭発表)海洋レーダの研究開発と応用
藤井智史琉球大
 [more]
RECONF 2020-09-11
10:25
ONLINE オンライン開催 Kyokko:ベンダ非依存なAurora互換高速シリアル通信コントローラの開発
友利壮敦長名保範琉球大RECONF2020-25
 [more] RECONF2020-25
pp.36-41
LOIS, EMM, IE
(共催)
IEE-CMN, ITE-ME, IPSJ-AVM
(共催)
(連催) [詳細]
2020-09-01
16:30
ONLINE オンライン開催(FIT2020と併催) モバイル端末でのシンプルなオンラインとリアルタイムの多目標追跡
張 坤山田孝治琉球大LOIS2020-6 IE2020-18 EMM2020-30
 [more] LOIS2020-6 IE2020-18 EMM2020-30
pp.7-12
CS 2020-07-17
10:20
北海道 りぷら(利尻富士町)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
マルチアンテナ受信機における雑音を利用した1bitアナログ-ディジタル変換器の特性解析
中島康雄山里敬也名大)・荒井伸太郎岡山理科大)・齋藤将人琉球大)・羽多野裕之三重大)・田中宏哉田所幸浩豊田中研CS2020-20
分解能が1bitのアナログ-ディジタル変換器(ADC)を用いた受信機は,ミリ波通信におけるマルチアンテナ受信機など,省電... [more] CS2020-20
pp.25-26
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2020-06-29
15:00
ONLINE オンライン開催 深度勾配によるMulti-task learningとSelf multiple-inputを用いた教師あり単眼深度推定
髙嶺 潮遠藤聡志琉球大NC2020-5 IBISML2020-5
 [more] NC2020-5 IBISML2020-5
pp.27-32
NC, IBISML
(共催)
IPSJ-BIO, IPSJ-MPS
(共催)
(連催) [詳細]
2020-06-29
15:25
ONLINE オンライン開催 サブゴールの自律的な探索によるモデルベース深層強化学習手法の提案
丸山元輝遠藤聡志山田孝治琉球大NC2020-6 IBISML2020-6
モデルベース深層強化学習では,モデルフリーと比べてサンプル効率が良い反面,環境モデルを再現するために深層生成モデルを必要... [more] NC2020-6 IBISML2020-6
pp.33-38
RCS 2020-06-26
10:00
ONLINE オンライン開催 海中AUV(Autonomous Unmanned Vehicle)対応測位通信システムにおけるSSBL(Super Short Base Line)法を用いた測位精度向上に関する検討
山里昌一郎和田知久琉球大RCS2020-42
 [more] RCS2020-42
pp.115-120
RECONF 2020-05-28
15:40
ONLINE オンライン開催 末尾再帰による時間並列なステンシル計算パイプラインの高位合成手法
青木政憲・○長名保範琉球大RECONF2020-8
 [more] RECONF2020-8
pp.43-48
ICTSSL 2020-05-28
16:15
新潟 新潟メディアシップ
(開催中止,技報発行あり)
英語多読学習における高次元流暢性獲得のための準自律学習
小野里好邦放送大)・ベアリー キース琉球大)・野口正一仙台応用情報学研究振興財団ICTSSL2020-3
英語が得意でない人でも英語に興味があれば、英語が自由に使えるようになる学び方として多読が提案されている。多読を成功させる... [more] ICTSSL2020-3
pp.13-18
AP 2020-05-21
16:15
沖縄 沖縄県男女共同参画センターてぃるる
(開催中止,技報発行なし)
[特別講演](口頭発表)海洋レーダの研究開発と応用
藤井智史琉球大
 [more]
AP 2020-05-22
13:30
沖縄 沖縄県男女共同参画センターてぃるる
(開催中止,技報発行なし)
[チュートリアル講演]大規模出力・低コスト受信アンテナに向けたアンテナパターン多重技術について
齋藤将人琉球大
 [more]
SDM, OME
(共催)
2020-04-13
14:00
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行なし)
青色半導体レーザにより結晶化したpoly-Si膜を用いた金属ソース/ドレイン構造TFT
岡田竜弥野口 隆琉球大
これまでに我々は、青色半導体レーザアニール法(BLDA)を用いることでa-Si 膜が結晶化可能であり、平坦な結晶化Si ... [more]
SDM, OME
(共催)
2020-04-13
14:50
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行なし)
絶縁基板上Si薄膜の結晶化における課題
野口 隆岡田竜弥琉球大
これ ま で 、 共同研究 を 通 し て LTPS 技術 の 課題 を 解決 す べ く 、 青色 半導体 レーザ ア... [more]
MSS, NLP
(併催)
2020-03-10
09:25
愛知 やすらぎの宿 蒲郡荘
(開催中止,技報発行あり)
整数計画自動生成に基づく分散計算環境における最適資源割り当て
喜屋武将也内原朝也名嘉村盛和琉球大MSS2019-64
本稿では,ペトリネットに基づく整数計画自動生成をもとに分散環境で資源割り当ての検証を行う.分散環境の実装には,Rache... [more] MSS2019-64
pp.37-42
 306件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会