お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 195件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT 2021-07-08
16:00
ONLINE オンライン開催 多値光信号の量子力学的非直交性に関する指標の提案
加藤研太郎玉川大IT2021-21
光通信技術の発展に伴い多値光信号の利用範囲が拡大してきている.4相PSK(QPSK)や16値直交振幅変調(16QAM)な... [more] IT2021-21
pp.34-39
NLP, CCS
(共催)
2021-06-11
11:50
ONLINE オンライン開催 シグマデルタセルラーニューラルネットワークによる減色に基づく画像圧縮手法の一検討
中嶋文俊伊藤有香水野愛唯中京大)・水谷涼平ヤマザキマザック)・藤田実沙中京大)・大竹 敢玉川大)・○青森 久中京大NLP2021-5 CCS2021-5
近年,Webサービスが広範に普及し,その利用が拡大している.Webサービスでは,PNG画像が基盤的に利用されているが,従... [more] NLP2021-5 CCS2021-5
pp.20-23
WBS, IT, ISEC
(共催)
2021-03-04
15:20
ONLINE オンライン開催 物理暗号通信システムに向けた安全性解析の基本諸原理について
加藤研太郎玉川大IT2020-136 ISEC2020-66 WBS2020-55
本稿は光の持つ雑音を積極的に利用する暗号通信システムに対する安全性解析に関するものである.その安全性解析に係るアプローチ... [more] IT2020-136 ISEC2020-66 WBS2020-55
pp.146-151
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OFT, OCS
(併催)
(連催) [詳細]
2020-11-12
16:50
ONLINE オンライン開催 位相変調Y-00光通信量子暗号におけるWDM信号の一括暗号化実験
谷澤 健二見史生玉川大OCS2020-26
光通信システムにおける光ファイバからの盗聴を防止するために,光の物理的な性質を用いた物理レイヤ暗号化が着目されている.著... [more] OCS2020-26
pp.15-20
NLP, CAS
(共催)
MBE, NC
(併催) [詳細]
2020-10-29
16:45
ONLINE オンライン開催 海馬CA1におけるタスク関連行動持続時間に応じた神経活動
角屋将吉山口大)・石川愛希子玉川大/ノースウェスタン大)・酒井 裕玉川大)・礒村宜和東京医科歯科大/玉川大)・佐村俊和山口大/玉川大NC2020-15
 [more] NC2020-15
pp.34-37
MVE 2020-10-12
16:40
ONLINE オンライン+Gスクエア(函館)
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
企業施策における「不便益」構造の分析 ~ 「不便益」発想法の企業施策立案への活用における一考察Ⅱ ~
野坂泰生博報堂)・川上浩司京大)・小北麻記子玉川大MVE2020-26
「不便益」とは,不便であるからこそ得られる益を意味する.顧客やユーザに不便益を与えるシステムの設計方法論を構築する一環と... [more] MVE2020-26
pp.25-30
OFT 2020-10-09
13:25
ONLINE オンライン開催 [招待講演]デジタルコヒーレント位相変調Y-00光通信量子暗号を用いたセキュア光ファイバ伝送
谷澤 健二見史生玉川大OFT2020-32
光通信システムにおける光ファイバからの盗聴を防止するために,光の物理的な性質を用いた物理レイヤ暗号化が着目されている.著... [more] OFT2020-32
pp.97-102
KBSE 2020-09-18
10:30
ONLINE オンライン開催 トレース表を用いたプログラミング指導対象者発見手法の提案
尾﨑弘幸橋浦弘明日本工大)・田中昂文玉川大)・櫨山淳雄学芸大KBSE2020-2
プログラミング教育において学習者の状況をSA(Student Assistant)等の教授者が迅速かつ正確に把握すること... [more] KBSE2020-2
pp.7-12
R 2020-06-11
14:00
ONLINE オンライン開催 長方形型Connected-(1,2)-or-(2,1)-out-of-(2,n):F システムの最適配置に関する研究
須井教大山本久志都立大)・中村太信東海大)・秋葉知昭千葉工大)・新里 隆玉川大R2020-1
 [more] R2020-1
pp.1-6
TL 2020-03-22
14:45
大阪 大阪電気通信大学
(開催中止,技報発行あり)
保育の質向上のためのリフレクション支援システムの開発 ~ 保育士の「気になる場面」とリフレクション時の思考プロセス ~
村田知佐恵産総研)・大塚裕子公立はこだて未来大)・大森隆司山田徹志宮田真宏玉川大TL2019-60
本研究では、保育現場におけるリフレクション(振り返り)支援システムの開発に必要となる視点や課題を探るため、保育士が子ども... [more] TL2019-60
pp.27-32
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-24
11:10
広島 広島市青少年センター Fisher情報量と量子ジャイロセンサ ~ 量子確率論の池原解釈 ~
廣田 修玉川大IT2019-69 SIP2019-82 RCS2019-299
量子情報科学において、Wiener の理念である「数学から直接的に工学的応用を示唆し、それが広範な社会 貢献を成す」を実... [more] IT2019-69 SIP2019-82 RCS2019-299
pp.191-196
ET 2019-10-19
10:20
沖縄 琉球大学 議論の場における参加者の表出自動推定のための他者ラベリングと自己申告評価およびセンサによる評価との関係調査
近藤杏祐神戸大)・加藤 浩放送大)・大西鮎美寺田 努神戸大)・葛岡英明東大)・久保田善彦玉川大)・鈴木栄幸茨城大)・塚本昌彦神戸大ET2019-34
 [more] ET2019-34
pp.9-14
ET 2019-10-19
10:40
沖縄 琉球大学 双方向債務概念に基づく相互援助規則の導入が大学生のプロジェクト型活動に与える影響
鈴木栄幸茨城大)・舟生日出男創価大)・久保田善彦玉川大)・加藤 浩放送大ET2019-35
 [more] ET2019-35
pp.15-20
ET 2019-09-06
11:05
茨城 筑波技術大学 月の満ち欠けの学習における仮想的身体移動とその支援
久保田善彦玉川大)・中野博幸上越教大)・小松祐貴春日中ET2019-26
本研究は,視点移動を,空間的視点取得の仮想的身体移動概念から捉え直した.仮想的身体移動とは,自分の分身を心的に作りそれを... [more] ET2019-26
pp.5-10
IT 2019-09-06
11:35
大分 日本文理大学 湯布院研修所 量子Pinsker不等式の応用 ~ 梅垣・大矢の貢献 ~
廣田 修玉川大IT2019-30
1960 年代に池原止戈夫は東工大における量子情報数理の研究の発展に向け、Wiener 思想に基づいて、純 粋数学的側面... [more] IT2019-30
pp.23-28
MVE 2019-08-30
09:50
愛知 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 「不便益」発想法の企業施策立案への活用における一考察
野坂泰生博報堂)・川上浩司京大)・百瀬正光博報堂)・秋山 崇ユーピー)・小北麻記子玉川大MVE2019-16
これまで主にプロダクトデザインの領域で適用されていた「不便益」―不便を見つめ直すことで使用者に主観的な益を与えるシステム... [more] MVE2019-16
pp.61-66
TL 2019-07-27
15:10
兵庫 甲南大学 平生セミナーハウス Can Japanese children learn polite speech from parental input?
Franklin ChangKobe City U.)・Tomoko TatsumiKobe U.)・Hirofumi HayakawaTamagawa U.)・Misa YoshizakiNatsuki OkaKITTL2019-14
 [more] TL2019-14
pp.17-19
R 2019-07-26
14:50
岩手 一関文化センター 遺伝的アルゴリズムによる信頼度を考慮した2目的ネットワークの設計法
高橋奈津美青学大)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京)・新里 隆玉川大R2019-16
本研究では全点間信頼度とコストを考慮した2目的ネットワーク設計問題に注目する.信頼度とコストの2つの評価尺度は,一般にト... [more] R2019-16
pp.13-18
ET 2019-07-06
14:55
岩手 岩手県立大学 指導教員の声の内化・認知的道具化を促すゼミナール活動振り返り手法および支援システムの開発
鈴木栄幸茨城大)・舟生日出男創価大)・久保田善彦玉川大ET2019-23
 [more] ET2019-23
pp.41-46
WIT 2019-06-16
15:40
東京 早稲田大学 早稲田キャンパス 高齢者の前傾姿勢に基づく姿勢年齢モデルとその軽減手法の提案
武藤 剛文教大)・千葉智也テレビジネス)・柴 喜崇上出直人坂本美喜北里大)・村田修平鈴木愛理福本将也文教大)・武藤ゆみ子玉川大WIT2019-8
姿勢の加齢変化は,頭痛や内臓疾患,転倒事故の要因となるリスクが指摘されている.本稿では,このような姿勢の変化に高齢者自身... [more] WIT2019-8
pp.37-40
 195件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会