お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 90件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MI 2020-01-29
13:20
沖縄 沖縄県青年会館 [ショートペーパー]眼底画像におけるOCTデータを教師に用いたCNNによる網膜神経線維層解析
渡邊颯友岐阜大)・村松千左子滋賀大)・澤田 明周 向栄岐阜大)・畑中裕司滋賀県立大)・原 武史山本哲也藤田広志岐阜大MI2019-80
緑内障は日本における中途失明原因の第1位であり,自覚症状が少ないため早期発見が重要となる.しかし,眼底画像を用いた定期検... [more] MI2019-80
pp.71-72
MI 2020-01-29
13:50
沖縄 沖縄県青年会館 Cramer Generative Adversarial Networksを用いて生成した硬性白斑画像についての検討
藤田真穂畑中裕司砂山 渡滋賀県立大)・村松千左子滋賀大)・藤田広志岐阜大MI2019-85
糖尿病網膜症による失明予防のためには,早期発見と治療が必要である.眼底画像の初期病変検出の研究では畳み込みニューラルネッ... [more] MI2019-85
pp.85-89
EA, US
(併催)
2020-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]進行波型熱音響システムにおけるエネルギー変換に関する検討 ~ スタック内部温度分布と仕事流生成量の関係 ~
川島裕斗同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・大西 陸倉田侑弥白木一希黒木大地渡辺好章同志社大US2019-82
本報告では,スタック内部温度分布が仕事流生成量に与える影響を実験的に検討した.スタック内部温度分布を能動的に変化させるた... [more] US2019-82
pp.67-72
EA, US
(併催)
2020-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]同軸型熱音響システムの共鳴制御に関する検討 ~ 音場計算モデルを基にした追加プライムムーバ設置位置の検討 ~
大西 陸同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・川島裕斗黒木大地白木一希渡辺好章同志社大US2019-83
熱音響システムのシステムの特徴として,単純で安価な構造の外燃機関であることが挙げられ,工場排熱や太陽光といった未利用エネ... [more] US2019-83
pp.73-76
EA, US
(併催)
2020-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]湿潤スタックを用いた熱音響システムの検討 ~ 空気と水蒸気のエネルギー生成比率 ~
黒木大地同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・川島裕斗大西 陸渡辺好章同志社大US2019-84
二相流体熱音響エンジンの駆動原理を明らかにするため,湿潤蓄熱器内のエネルギー生成に対して理論的な考察を行った.最初にRa... [more] US2019-84
pp.77-82
US 2019-12-11
15:00
東京 日本大学 定在波熱音響システムにおける外部重畳音波によるスタック両端温度の変化と熱交換の促進
倉田侑弥同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・平松康斗渡辺好章同志社大US2019-67
自励振動状態の定在波熱音響システムにおいて,その励起音波に同周波数の音波を外部から重畳することによりスタックの仕事流生成... [more] US2019-67
pp.15-18
US 2019-07-29
15:20
北海道 北海道大学 Heat Phase Adjusterの熱拡散がループ管型熱音響冷却システムに与える影響
白木一希同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・大西 陸渡辺好章同志社大US2019-33
現在までに熱音響エンジンのエネルギー変換効率の改善のための研究が多く報告されている.その方法の一つとして,Heat Ph... [more] US2019-33
pp.29-32
US 2019-04-15
15:00
東京 電気通信大学 定在波熱音響システムにおける駆動温度に関する検討 ~ スタック内加熱による低温度駆動の実現 ~
川島裕斗同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・大西 陸黒木大地白木一希倉田侑弥渡辺好章同志社大US2019-4
エネルギー問題や環境問題などの解決策として,熱音響システムが注目されている.熱音響システムとは,熱と音の相互エネルギー変... [more] US2019-4
pp.15-20
US 2019-04-15
15:25
東京 電気通信大学 同軸型熱音響システムにおけるPM追加による共鳴モード制御についての検討
大西 陸同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・川島裕斗白木一希黒木大地渡辺好章同志社大US2019-5
熱音響システムは,工場排熱等を駆動源とすることができるため,近年問題となっている環境問題を解決できる可能性を持つ.当研究... [more] US2019-5
pp.21-26
MI 2019-01-23
10:30
沖縄 沖縄県青年会館 [ショートペーパー]深層学習を用いた眼底画像における毛細血管瘤の自動検出の汎化性能の検討
宮下充浩畑中裕司小郷原一智滋賀県立大)・村松千左子岐阜大)・砂山 渡滋賀県立大)・藤田広志岐阜大MI2018-90
糖尿病網膜症は本邦の失明原因の2位である.その初期所見の1つである毛細血管瘤(MA)は,眼底画像上で小さく,低コントラス... [more] MI2018-90
pp.127-129
EA, US
(併催)
2019-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]Heat Phase Adjusterを用いたループ管型熱音響システムの音場制御 ~ 定在波比の変化とスタック内のエネルギー増幅量の関係 ~
白木一希同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・武山幸浩杉本茉菜渡辺好章同志社大US2018-96
熱音響現象は,熱と音波の相互エネルギー変換現象である.現在までに熱音響エンジンのエネルギー変換効率の改善のための研究が多... [more] US2018-96
pp.87-90
EA, US
(併催)
2019-01-22
14:00
京都 同志社大学 [ポスター講演]局所的に外管径を拡大させた同軸型熱音響システムの検討
武山幸浩同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・黒木大地大西 陸渡辺好章同志社大US2018-97
熱音響システムは,工場廃熱等の未利用エネルギーを駆動源として発電や冷却を行うことができるため,地球環境問題を解決できる可... [more] US2018-97
pp.91-94
EMCJ 2018-07-27
10:30
東京 機械振興会館 サブ波長導体周期構造における散乱パターンの解析による電磁波到来方向推定手法の提案
伊丹 豪鳥海陽平加藤 潤NTT)・酒井 道滋賀県立大EMCJ2018-23
 [more] EMCJ2018-23
pp.7-11
US 2018-06-21
14:15
神奈川 神奈川大学 超音波を用いたヒト浮腫定量診断に向けた基礎検討 ~ 水分量の異なる寒天模擬ファントムを用いた試行 ~
栗原祥太坂本眞一犬井賢志郎渡邊友美子越山雅文滋賀県立大US2018-23
現在,提案されているヒト浮腫定量診断手法は計測に時間を要するなどの課題がある.そこで瞬時に計測ができ,軟部組織の検出能が... [more] US2018-23
pp.19-23
US 2018-04-26
15:30
東京 電気通信大学 ループ管型熱音響システムの効率改善に関する研究 ~ Heat Phase Adjuster設置幅の検討 ~
白木一希同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・森下大夢渡辺好章同志社大US2018-6
熱音響現象は,熱と音波の相互エネルギー変換現象である.現在までに熱音響エンジンのエネルギー変換効率の改善のための研究が多... [more] US2018-6
pp.29-34
ICD, MW
(共催)
2018-03-01
15:05
滋賀 滋賀県立大 [ポスター講演]チップ内多層インダクタの構造と特性の関係評価
土谷 亮滋賀県立大MW2017-183 ICD2017-107
本稿では,チップ内で多層配線を利用して構成するインダクタの特性評価の結果を報告する.寄生抵抗
の小さい最上位配線だけで... [more]
MW2017-183 ICD2017-107
p.51
ICD, MW
(共催)
2018-03-01
15:10
滋賀 滋賀県立大 [ポスター講演]野外における2.4Ghz帯無線モジュールの通信可能距離の実測評価
高杉陽介土谷 亮井上敏之岸根桂路滋賀県立大MW2017-184 ICD2017-108
近年,IoT (Internet of Things)の普及により,耕地での無線センサネットワークの需要が高まっている。... [more] MW2017-184 ICD2017-108
p.53
SCE 2018-01-31
10:20
東京 機械振興会館 汎用FPGAボードを用いた自動調節機能FLL回路の検討
森寺雪夫作田 健滋賀県立大SCE2017-33
dc-SQUID磁束計のFLL回路を、汎用FPGAボードを用いて試作した.FPGAにAD/DA制御、積分フィードバック処... [more] SCE2017-33
pp.13-14
MI 2017-07-06
14:00
宮城 東北大学 緑内障診断のための網膜神経線維層欠損の検出 ~ 畳み込みニューラルネットワークを用いた領域分割と物体検出法の比較 ~
村松千左子渡邊颯友岐阜大)・石田恭子東邦大医療センター大橋病院)・澤田 明岐阜大)・畑中裕司滋賀県立大)・山本哲也藤田広志岐阜大MI2017-25
 [more] MI2017-25
pp.1-4
US 2017-04-27
16:25
東京 電気通信大学 同軸型熱音響システムのプライムムーバ設置位置が冷却能力に与える影響
武山幸浩同志社大)・坂本眞一滋賀県立大)・角田 歩渡辺好章同志社大US2017-11
熱音響現象を用いることで,廃熱などの未利用エネルギーを利用した冷却システムの作成が可能となる.矢崎らは進行波位相でエネル... [more] US2017-11
pp.53-58
 90件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会