お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MI, IE, SIP, BioX
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2020-05-28
13:40
ONLINE オンライン開催 超低磁場MRIの高速撮像に向けた検討 ~ 深層学習を用いた高分解能画像再構成 ~
安田卓司京大)・笈田武範浜松ホトニクス)・小林哲生京大SIP2020-2 BioX2020-2 IE2020-2 MI2020-2
近年、高感度な磁気センサを用いた超低磁場MRIの実現が期待されている。しかし、超低磁場MRIは静磁場だけでなく勾配磁場強... [more] SIP2020-2 BioX2020-2 IE2020-2 MI2020-2
pp.5-8
MWP, PN, EMT
(共催)
PEM, IEE-EMT
(連催) [詳細]
2020-01-30
14:55
京都 同志社大学 Si3N4導波路を用いた自己位相変調に基づく非線形光デバイスの基礎的検討
高橋考二石原大輝海堀祐太阪大)・井上 卓浜松ホトニクス)・小西 毅阪大PN2019-42 EMT2019-82 MWP2019-56
窒化シリコン導波路は,シリコン導波路における二光子吸収の影響を抑制する新しいアプローチとして期待されている.本研究では,... [more] PN2019-42 EMT2019-82 MWP2019-56
pp.45-48
ED, THz
(共催) [詳細]
2019-12-23
13:00
宮城 東北大学・電気通信研究所 [招待講演]低周波テラヘルツ非線形量子カスケードレーザ
藤田和上林 昌平伊藤昭生日高正洋道垣内龍男浜松ホトニクスED2019-76
 [more] ED2019-76
pp.1-4
LQE, LSJ
(共催)
2019-05-31
10:35
滋賀 琵琶湖コンファレンスセンター 室温動作テラヘルツ量子カスケードレーザ光源の開発とその応用
藤田和上中西篤司伊藤昭生日高正洋堀田和季道垣内龍男枝村忠孝浜松ホトニクスLQE2019-18
 [more] LQE2019-18
pp.27-30
LQE, LSJ
(共催)
2019-05-31
11:00
滋賀 琵琶湖コンファレンスセンター 量子カスケード検出器の高速動作
道垣内龍男伊藤昭生日高正洋藤田和上枝村忠孝浜松ホトニクスLQE2019-19
電子のサブバンド間遷移を利用した光検出器である量子カスケード検出器(Quantum cascade detector: ... [more] LQE2019-19
pp.31-34
EMCJ 2019-01-18
10:50
大阪 大阪大学 EMCラウンドロビンテストにおけるエミッションおよびイミュニティ試験の研究報告 ~ その3伝導イミュニティラウンドロビンテスト実験結果 ~
奥田徳嗣KEC関西電子工業振興センター)・地 康志村田製作所)・臼井 崇ヤマハ)・奥村美紀生オムロン)・小林一洋アイピーエス)・志田浩義トーキンEMCエンジニアリング)・二宮 寿ローランド)・舞島光良浜松ホトニクス)・和田修己京大EMCJ2018-100
 [more] EMCJ2018-100
pp.1-5
OFT 2018-10-11
16:00
宮城 東北大学(電気通信研究所 本館1階(10/11)、3階 M331(10/12)) [ポスター講演]波長掃引型パルス量子カスケードレーザを用いた非侵襲血糖値測定への試み
柴田尚登木野彩子東北大)・杉山厚志秋草直大浜松ホトニクス)・松浦祐司東北大OFT2018-32
 [more] OFT2018-32
pp.93-96
EMD, LQE, OPE, CPM, R
(共催)
2018-08-24
13:15
北海道 小樽経済センター 多機能インコヒーレント光源の開発 ~ 集積量子効果スーパールミネッセント素子 ~
樋口 彰廣畑 徹田中和典黒柳和良山西正道浜松ホトニクスR2018-30 EMD2018-33 CPM2018-33 OPE2018-60 LQE2018-49
イメージングや短距離通信分野の新しいニーズに対応すべく,多機能型時間的インコヒーレント光源(集積量子効果スーパールミネッ... [more] R2018-30 EMD2018-33 CPM2018-33 OPE2018-60 LQE2018-49
pp.67-71
R, EMD, CPM, LQE, OPE
(共催)
2017-08-31
14:20
青森 弘前文化センター 波長掃引帯域の変動への適応によるSS-OCT膜厚計測値変動の抑制
上野雅浩坂本 尊豊田誠治佐々木雄三山口城治阪本 匡NTT)・藤本正俊山田真広浜松ホトニクス)・菅井栄一小平 徹NTT-ATR2017-26 EMD2017-20 CPM2017-41 OPE2017-50 LQE2017-23
層画像を高速に撮像する技術である。SS-OCTを用いた膜厚計測においては、波長掃引光源から出力された波長掃引光を観察対象... [more] R2017-26 EMD2017-20 CPM2017-41 OPE2017-50 LQE2017-23
pp.11-16
R, EMD, CPM, LQE, OPE
(共催)
2017-08-31
16:15
青森 弘前文化センター 結合量子井戸構造を用いた室温動作量子カスケード検出器
道垣内龍男藤田和上廣畑 徹伊藤昭生日高正洋枝村忠孝浜松ホトニクスR2017-30 EMD2017-24 CPM2017-45 OPE2017-54 LQE2017-27
室温動作可能な5μm帯量子カスケード検出器の設計と動作特性について報告する. 設計した結合量子井戸構造では順方向の電流成... [more] R2017-30 EMD2017-24 CPM2017-45 OPE2017-54 LQE2017-27
pp.31-36
LQE, OPE, EMD, R, CPM
(共催)
2016-08-25
14:25
北海道 函館ロワジールホテル [招待講演]紫外域AlGaNレーザーダイオードの進展
吉田治正武富浩幸青木優太高木康文杉山厚志桑原正和山下陽滋大河原 悟前田純也浜松ホトニクスR2016-26 EMD2016-30 CPM2016-39 OPE2016-60 LQE2016-35
紫外レーザーダイオード(LD)のワットクラスの高出力化と発振波長326nmへの短波長化など最近の成果について報告する.ま... [more] R2016-26 EMD2016-30 CPM2016-39 OPE2016-60 LQE2016-35
pp.35-40
LQE, OPE, EMD, R, CPM
(共催)
2016-08-25
16:05
北海道 函館ロワジールホテル KTN光偏向器を使った波長掃引光源の安定化
上野雅浩今井欽之坂本 尊佐々木雄三豊田誠治山口城治阪本 匡NTT)・牛山幸彦NTT-AT)・山田真広藤本正俊浜松ホトニクスR2016-29 EMD2016-33 CPM2016-42 OPE2016-63 LQE2016-38
KTa1-xNbxO3 (KTN) 結晶を用いた光偏向器は、KTNに電子を注入することにより100mradレベルの大きな... [more] R2016-29 EMD2016-33 CPM2016-42 OPE2016-63 LQE2016-38
pp.49-53
R 2015-11-19
14:50
大阪 大阪中央電気倶楽部 反射率変化観測と変化率イメージングによるパワーMOSFETの動作解析
遠藤幸一東芝)・中村共則浜松ホトニクス)・中前幸治阪大R2015-58
誘導負荷スイッチング(UIS)条件にあるパワー用MOSFETの表面の温度変化の観測を行った.測定装置としては光学プローブ... [more] R2015-58
pp.11-16
LQE, LSJ
(共催)
2015-05-22
09:55
石川 金沢能楽美術館 結合二重上位準位構造を用いた量子カスケードレーザの広帯域動作
藤田和上道垣内龍男杉山厚志伊藤昭生日髙正洋枝村忠孝浜松ホトニクスLQE2015-10
結合二重上位準位(DAU)活性層構造を用いた複数の外部共振器型量子カスケードレーザの広帯域動作を報告する.様々な波長に設... [more] LQE2015-10
pp.47-51
LQE, ED, CPM
(共催)
2014-11-27
11:50
大阪 大阪大学 吹田キャンパス 理工学図書館 減圧MOVPE法によるAlGaN多重量子井戸構造の緩衝層の効果
中濵和大三重大)・福世文嗣浜松ホトニクス)・三宅秀人平松和政三重大)・吉田治正小林祐二浜松ホトニクスED2014-76 CPM2014-133 LQE2014-104
 [more] ED2014-76 CPM2014-133 LQE2014-104
pp.15-18
ED 2014-10-21
15:30
北海道 北大エンレイソウ [招待講演]光電子増倍管(PMT)の極限への挑戦 ~ 世界最大PMTとMEMS技術を応用した世界最小PMTの開発 ~
小玉剛史下井英樹大村孝幸久嶋浩之浜松ホトニクスED2014-66
高エネルギー物理学実験の1つである水チェレンコフ検出器に代表されるスーパーカミオカンデには、世界最大の20インチの光電子... [more] ED2014-66
pp.19-23
EMD, LQE, OPE, CPM, R
(共催)
2014-08-21
15:40
北海道 小樽経済センター [依頼講演]900nm帯高出力半導体レーザーバーの開発
影山進人森田剛徳鳥井康介長倉建人高氏基喜前田純也吉田治正浜松ホトニクスR2014-31 EMD2014-36 CPM2014-51 OPE2014-61 LQE2014-35
固体レーザー,ファイバーレーザーの励起用光源や直接集光型レーザー加工用光源に用いられる,900 nm帯高出力半導体レーザ... [more] R2014-31 EMD2014-36 CPM2014-51 OPE2014-61 LQE2014-35
pp.45-49
EMD, LQE, OPE, CPM, R
(共催)
2014-08-22
09:35
北海道 小樽経済センター [招待講演]紫外半導体レーザーの現状と展望
吉田治正・○青木優太桑原正和山下陽滋鳥井康介杉山厚志森田剛徳浜松ホトニクスR2014-37 EMD2014-42 CPM2014-57 OPE2014-67 LQE2014-41
紫外レーザーダイオード(LD)の現状として,我々が進めてきたAlGaN系紫外LDの短波長化を中心に述べ,さらに最近の成果... [more] R2014-37 EMD2014-42 CPM2014-57 OPE2014-67 LQE2014-41
pp.71-75
CPM, ED, SDM
(共催)
2014-05-29
09:20
愛知 名古屋大学VBL3階 酸素分光計測用760nm分布帰還形半導体レーザの開発
北島秀訓樋口 彰藤原淳志内藤秀幸前田純也浜松ホトニクスED2014-32 CPM2014-15 SDM2014-30
酸素分光計測用760nm帯分布帰還形半導体レーザ(DFBレーザ)において, 結晶構造・回折格子など素子構造の最適化により... [more] ED2014-32 CPM2014-15 SDM2014-30
pp.69-73
OPE, LQE, CPM, EMD, R
(共催)
2013-08-29
16:30
北海道 サンリフレ函館 [依頼講演]915nm半導体レーザーの高出力化における窓構造とその特性
吉田治正森田剛徳長倉建人鳥井康介高氏基喜前田純也浜松ホトニクスR2013-42 EMD2013-48 CPM2013-67 OPE2013-71 LQE2013-41
IFVD (Impurity-Free Vacancy Disordering)法によって窓構造を形成した915nm高出... [more] R2013-42 EMD2013-48 CPM2013-67 OPE2013-71 LQE2013-41
pp.71-75
 53件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会