電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 82件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2019-07-27
16:10
兵庫 甲南大学 平生セミナーハウス [ポスター講演]The Learning of Verbal Inflection with Different Verb Types and the Amount of Input
Anna KatoHajime OnoTakuya GoroTsuda Univ.
 [more]
TL 2019-07-27
16:10
兵庫 甲南大学 平生セミナーハウス [ポスター講演]Japanese children's knowledge of zibun and kare
Naho OritaTUS)・○Hajime OnoTUA)・Naomi FeldmanJeffrey LidzUMD
 [more]
BioX, ITE-ME, ITE-IST
(連催) [詳細]
2019-06-06
14:00
石川 金沢大学(予定) 有機薄膜と固体撮像素子の積層化による高空間解像度撮像
築村豪輝東京理科大)・杉村大輔津田塾大)・浜本隆之東京理科大
 [more]
SIP, MI, IE
(共催)
2019-05-24
09:00
愛知 名古屋工業大学 遠距離・近距離における多段階瞬き動作認証
中野真理子德永律子内田葉子杉村大輔津田塾大
本稿では,人物の瞬き動作を用いた個人認証手法について検討する.瞬き動作を用いた個人認証手法についてこれまでいくつかの手法... [more] SIP2019-7 IE2019-7 MI2019-7
pp.29-32
TL 2019-03-18
11:45
東京 早稲田大学 8号館3階303/304/305会議室 事象関連電位を用いた言語産出研究のための発話アーチファクト除去システムの開発 ~ 第二言語での単語産出の事例を用いて ~
星野徳子津田塾大)・丹治はるか電通大
 [more] TL2018-56
pp.33-36
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
09:25
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス RGB/NIRカメラを用いた照明変動に頑健な心拍数推定
栗原康佑東京理科大)・杉村大輔津田塾大)・浜本隆之東京理科大
本稿では,様々な照明変動に頑健な,顔の映像からの心拍数の推定手法を提案する.提案手法では,RGB/NIR カメラを用いて... [more] IMQ2018-56 IE2018-140 MVE2018-87
pp.193-196
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
10:15
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 集団・個人の見え特徴の併用によるカメラ間人物照合
稲見慎吾東京理科大)・杉村大輔津田塾大)・浜本隆之東京理科大
本稿では,異なるカメラ映像間での人物照合手法について検討する.
従来の人物照合手法では照合対象となる個人の見え特徴を活... [more]
IMQ2018-58 IE2018-142 MVE2018-89
pp.201-204
LOIS 2019-03-07
10:20
沖縄 宮古島市中央公民館 視聴覚室 日常作業での依頼と請負のための状態遷移型メッセージ
下郡山敬子堤 ちひろ中山 健津田塾大
他人に作業の依頼をする際は,自然言語によって約束内容を記述する事が一般的である.約束内容には,期待される行動順序や論理的... [more] LOIS2018-57
pp.13-18
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(共催)
(連催) [詳細]
2018-11-30
14:00
徳島 徳島大学 工業会館 近赤外フラッシュを伴うRGB/NIR単板撮像による低照度カラー画像の超解像
本田崇幸東京理科大)・杉村大輔津田塾大)・浜本隆之東京理科大
本稿では低照度環境下において撮影された低解像度カラー画像の超解像方式を提案する.低照度環境下において撮影された画像にはノ... [more] CS2018-83 IE2018-62
pp.101-104
TL 2018-07-28
14:20
東京 慶応大学 Longer yet Faster Dependency Resolution and the Expectation Effect
Nanami MoriyamaHajime OnoTsuda
 [more] TL2018-18
pp.33-38
BioX, ITE-ME, ITE-IST
(連催)
2018-05-25
10:00
石川 金沢大学西町サテライトプラザ 人物表情と情景の推定に基づいた階層的感情価識別
藤井克弥東京理科大)・杉村大輔津田塾大)・浜本隆之東京理科大
 [more]
LOIS, IPSJ-GN, IPSJ-SPT
(連催)
2018-05-11
14:50
東京 津田塾大学 千駄ヶ谷キャンパス 主観評価及び投稿画像の色情報を用いた地域評価収集システム
新美 舞津田塾大)・小出哲彰NII)・小舘亮之曽根原 登津田塾大
近年,SNSの利用者数増加に伴い,テキストや画像を他者と共有することは一般的になった.本研究では,位置情報とユーザの感情... [more] LOIS2018-4
pp.91-94
LOIS 2018-03-01
16:05
沖縄 那覇市IT創造館 構文特徴の組合せによるソースコード部分の意図把握支援
中山 健津田塾大)・田野俊一橋山智訓電通大)・○酒井恵光大谷大
 [more]
LOIS 2018-03-01
16:30
沖縄 那覇市IT創造館 ウェブ情報に対するインタラクティブな構造付与と利用の手法
酒井恵光大谷大)・中山 健津田塾大
ウェブ上の情報を意思決定に活用しようとする場合、情報の構造が必ずしも存在しないことが、情報の比較の難しさという問題となる... [more] LOIS2017-82
pp.67-69
AI 2018-02-27
14:00
大阪 近畿大学 東大阪キャンパス 3号館 3階 インバウンド対応を目的とした美容院における多言語コミュニケーション支援の研究
久冨木桜子稲葉利江子津田塾大
近年,訪日旅行のリピーターや個人旅行の増加を受け,訪日外国人の消費行動が「モノ消費」から体験に価値をおく「コト消費」へと... [more] AI2017-37
pp.13-18
AI 2018-02-27
16:00
大阪 近畿大学 東大阪キャンパス 3号館 3階 多言語コミュニケーションサポートツールの構築支援サービスの開発と評価
寺西瑞貴稲葉利江子津田塾大
近年訪日外国人観光客が急速に増加し, 観光名所や公共施設だけでなく, 飲食・小売店など様々な場所で多言語対応が求められて... [more] AI2017-40
pp.31-36
LOIS, ICM
(共催)
2018-01-19
15:20
熊本 崇城大学 池田キャンパス Linked Dataの知識ベースを拡張するResource Propagation Algorithmの特性
槇 俊孝古賀大騎髙橋和生若原俊彦福岡工大)・小舘亮之曽根原 登津田塾大
 [more] ICM2017-53 LOIS2017-69
pp.111-116
LOIS, ICM
(共催)
2018-01-19
15:45
熊本 崇城大学 池田キャンパス LODを用いた観光CMSプロトタイプの構成とネットワーク特性
若原俊彦槇 俊孝髙橋和生河原直樹中井健登平井麻未平城裕大古賀大騎福岡工大)・小舘亮之曽根原 登津田塾大
近年のインターネットはビッグデータ時代を迎え,飛躍的にデータ量が増えている.特に自治体などによりオープンデータ化も進み出... [more] ICM2017-54 LOIS2017-70
pp.117-122
TL 2017-07-23
11:40
東京 国立国語研究所 Evaluating individual reading time differences through a psychological measure
Mei YoshimotoTsuda Univ.)・Satoshi NambuMonash Univ.)・Hajime OnoTsuda Univ.
 [more] TL2017-29
pp.81-86
SS, KBSE
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2017-07-19
17:50
北海道 函館コミュニティプラザ ソースコード部分の特徴への対話的アノテーション付与の枠組み
中山 健津田塾大)・田野俊一橋山智訓電通大
ソースコード内の意味的なまとまりや関係が適切に示されれば,技術者がソースコードを理解するうえで有用である.これをシステム... [more] SS2017-15 KBSE2017-15
pp.85-90
 82件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会