お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 1083件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
AP
(第二種研究会)
2022-06-10
13:15
北海道 根室総合文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
一面の全球面近傍界振幅を用いたアンテナの放射特性推定に関する検討
三井悠輔新井宏之横浜国大
 [more]
CCS, NLP
(共催)
2022-06-10
14:25
大阪 大阪大学 豊中キャンパス シグマホール
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
量子ウォークを再現するランダムウォークの推移確率の骨格構造
山上智輝東大)・瀬川悦生横浜国大)・田中健一郎巳鼻孝朋レーム アンドレ堀﨑遼一成瀬 誠東大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
AP 2022-05-19
13:50
兵庫 神戸ポートオアシス
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
28GHz帯室内基地局用マルチセクタアンテナ
新井宏之篠崎良太横浜国大)・井上祐樹木村泰子NTTドコモ
 [more] AP2022-17
pp.35-38
SIP, BioX, IE, MI
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2022-05-19
10:00
熊本 熊本大学工学部黒髪キャンパス南地区
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
FMCWレーダによる生体センシングとトランスフォーマによるECG波形復元手法
安済 練戸田大貴市毛弘一横浜国大
 [more] SIP2022-4 BioX2022-4 IE2022-4 MI2022-4
pp.19-24
ISEC 2022-05-18
15:35
ONLINE オンライン開催 [招待講演]フォワード安全なメッセージフランキング (from ICISC 2021)
山室宏貴東工大)・原 啓祐産総研/横浜国大)・手塚真徹鶴岡高専)・吉田雄祐田中圭介東工大
メッセージフランキングはエンドツーエンド暗号化されたメッセージサービスにおいて, 暗号学的な証拠を含めることで特定の送信... [more] ISEC2022-5
p.20
SR 2022-05-13
15:35
東京 NICT本部(小金井)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[依頼講演]無線通信と量子計算の数学的類似性および最新の応用研究動向
石川直樹法本雅矢佐野友貴横浜国大
本発表では,無線通信と量子計算の数学的類似性に着目し,無線研究者にとって理解しやすい形式で量子計算機および量子回路の基礎... [more] SR2022-18
p.77
AP 2022-04-15
10:50
山形 山形市食糧会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
ヌルステアリングアンテナを用いたAngle-of-Arrival推定における精度向上の検討
田村 成新井宏之横浜国大
 [more] AP2022-4
pp.19-23
AP 2022-03-10
11:20
ONLINE オンライン開催 OTA試験におけるアンテナの放射特性推定に要する測定点の削減についての検討
三井悠輔新井宏之横浜国大
近年,IoTの増加に伴いその無線能力を評価するOver the Air (OTA) 試験が注目されている.この試験は通常... [more] AP2021-184
pp.17-20
AP 2022-03-10
13:35
ONLINE オンライン開催 誘電体レンズによるアレーアンテナの走査範囲拡大及び高利得化の検討
菅谷聡志新井宏之横浜国大
 [more] AP2021-187
pp.30-33
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-10
12:00
ONLINE オンライン開催 ガウス盗聴通信路に適したBICMのビットラベリング最適化に関する検討
松峯利樹落合秀樹四方順司横浜国大
 [more] IT2021-98 ISEC2021-63 WBS2021-66 RCC2021-73
pp.95-100
IT, ISEC, RCC, WBS
(共催)
2022-03-11
16:40
ONLINE オンライン開催 Polar符号の逐次除去復号におけるSNRミスマッチに関する検討
池谷恒亮落合秀樹横浜国大
Polar符号は, 符号長無限大において任意の二元離散無記憶通信路(B-DMC)の通信路容量を漸近的に達成することが証明... [more] IT2021-137 ISEC2021-102 WBS2021-105 RCC2021-112
pp.313-318
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-07
12:50
ONLINE オンライン開催 am I infected? エンドユーザのIoT機器のマルウェア感染と脆弱性の有無を検査するWebサービスの提案
何 松伟乃万誉也佐々木貴之吉岡克成松本 勉横浜国大
近年,IoT機器が普及する一方で,セキュリティの不備によりマルウェアに感染する機器の数が増加している.その対策として,マ... [more] ICSS2021-58
pp.1-6
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-07
13:50
ONLINE オンライン開催 重要施設に設置されたIoT機器のインターネット全域探索
平工瑞希佐々木貴之吉岡克成松本 勉横浜国大
重要施設に設置されたIoT機器の中には,設置場所や管理者等の設定情報が記載されたまま第三者にアクセスできる状態で運用され... [more] ICSS2021-61
pp.14-19
VLD, HWS
(共催) [詳細]
2022-03-08
16:50
ONLINE オンライン開催 LiDARベース物体検出に対する物理的偽装攻撃とその実証
深津勇貴一ノ瀬竜矢上田晋生久保 中吉田直樹松本 勉横浜国大
完全自動運転の実用化に向けて様々な技術開発が進められている.自動運転車はカメラやLiDARなどの車載センサによる周辺状況... [more] VLD2021-104 HWS2021-81
pp.158-163
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
13:00
ONLINE オンライン開催 IoT 機器のための遠隔安全制御システム
竹内 健ジャパンデータコム)・渡邉洋平電通大/ジャパンデータコム)・矢内直人阪大/ジャパンデータコム)・竹久達也ニッシン)・四方順司横浜国大)・中尾康二NICT
IoT機器を対象としたマルウェアは増加の一途をたどっており, 重要インフラなどにおける多くのシステムにおけるセキュリティ... [more] ICSS2021-73
pp.87-92
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
13:20
ONLINE オンライン開催 IoTマルウェアによるポート開閉動作の実機を利用した解析
小川航汰田辺瑠偉吉岡克成松本 勉横浜国大
近年のIoT機器の増加に伴って,脆弱な機器が侵入され,サイバー攻撃に利用されるという事例が増加している.IoTマルウェア... [more] ICSS2021-74
pp.93-98
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
13:40
ONLINE オンライン開催 IoTマルウェアの動的解析におけるC&C通信の機械学習を用いた検出
遠藤祐輝鮫嶋海地田辺瑠偉吉岡克成松本 勉横浜国大
マルウェアの挙動やそれを操作する攻撃者の動向を分析するため,動的解析が広く行われている.動的解析により観測されるマルウェ... [more] ICSS2021-75
pp.99-104
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
15:10
ONLINE オンライン開催 マルウェア感染ユーザへのISPによる注意喚起活動のシミュレーション
黄 緒平東京都立産技大/横浜国大)・望月俊輔NTTデータ数理システム)・藤田 彬NICT/横浜国大)・吉岡克成横浜国大
近年,Mirai等のマルウェアに感染した機器がDDoS攻撃等に悪用され,大きな問題となっている.これに対して,マルウェア... [more] ICSS2021-82
pp.141-146
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
15:30
ONLINE オンライン開催 パーソナライズドマルウェアの実現可能性の実ユーザ環境調査による検証
市川大悟田辺瑠偉徐 浩源吉岡克成松本 勉横浜国大
近年,標的端末でのみ不正な活動を行い,他の環境では無害を装うパーソナライズドマルウェアの存在が報告されている.先行研究で... [more] ICSS2021-83
pp.147-152
COMP 2022-03-06
13:30
ONLINE オンライン開催 [招待講演]Monotone edge flips to an orientation of maximum edge-connectivity `a la Nash-Williams
Takehiro ItoTohoku Univ.)・Yuni IwamasaKyoto Univ.)・Naonori KakimuraKeio Univ.)・Naoyuki KamiyamaKyushu Univ.)・○Yusuke KobayashiKyoto Univ.)・Shun-ichi MaezawaUEC)・Yuta NozakiHiroshima Univ.)・Yoshio OkamotoUEC)・Kenta OzekiYNU
 [more] COMP2021-34
p.24
 1083件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会