お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 74件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
US 2022-06-30
14:15
大阪 関西大学 千里山キャンパス 空間スペクトルエントロピーとスペクトルエントロピーの規格化による非接触音響探査法のための内部欠陥の検出・映像化の同一基準評価
杉本和子杉本恒美桐蔭横浜大US2022-15
非接触・非破壊で遠隔から複合材料,特にコンクリートの内部欠陥を検出・映像化する方法を研究している.可聴域の強力音波による... [more] US2022-15
pp.31-36
US 2022-05-19
13:25
東京 機械振興会館 堅牢ハイドロホンの性能評価 ~ 集束超音波音場における耐久性評価 ~
貝瀬不二丸桐蔭横浜大)・椎葉倫久日本医療科学大)・岡田長也本多電子)・森下武志佐藤敏夫桐蔭横浜大)・竹内真一東京都市大/桐蔭横浜大US2022-6
我々は音響キャビテーションの発生を伴う高強度超音波音場を測定することを目的にチタンと水熱合成PZT多結晶膜を用いて堅牢性... [more] US2022-6
pp.21-25
US 2022-02-24
15:35
ONLINE オンライン開催 非接触音響探査法による吹付けコンクリート供試体に対する非破壊検査
杉本恒美杉本和子桐蔭横浜大)・歌川紀之黒田千歳佐藤工業US2021-73
吹付けコンクリートは,施工性に優れていることから,地下空洞の支保などに広く用いられている.しかしながら,高所で叩き点検が... [more] US2021-73
pp.21-26
US 2021-02-22
15:20
ONLINE オンライン開催 コロトコフ音解析による疾患情報検出に関する研究 ~ 波形の信号処理、統計処理による分析結果例 ~
高木 均杉本恒美佐野元昭片山富美代桐蔭横浜大US2020-71
血圧計測に利用されるコロトコフ音(以下K音)の波形から、健康状態の把握もしくは虚血性心疾患などの疾患情報の検出ができるか... [more] US2020-71
pp.23-28
US 2021-02-22
15:45
ONLINE オンライン開催 非接触音響探査法の欠陥検出における規格化スペクトルエントロピーの検討
杉本和子杉本恒美桐蔭横浜大US2020-72
非接触音響探査法は,非接触非破壊で遠隔からコンクリートなどの複合材料の内部欠陥を検出・映像化する方法である.対象面を音波... [more] US2020-72
pp.29-34
US 2020-02-28
12:45
東京 東京電機大学 非接触音響探査法のための空間スペクトルエントロピーによる共振周波数の識別を用いた欠陥検出 ~ 遠隔30mからの高架橋床版における実験と解析結果 ~
杉本和子杉本恒美桐蔭横浜大)・歌川紀之黒田千歳佐藤工業US2019-99
非接触音響検査法では,複合材料,特にコンクリートの浅層(深さ10cm位まで)の内部欠陥を非接触非破壊で遠隔(33m位まで... [more] US2019-99
pp.1-5
US 2020-02-28
13:10
東京 東京電機大学 非接触音響探査法による地下空洞天井部の吹付コンクリート欠陥探査 ~ 遠距離からの音波照射加振による叩き点検の代替手法 ~
杉本恒美杉本和子桐蔭横浜大)・歌川紀之黒田千歳佐藤工業)・森岡宏之鶴田 滋東京電力)・中川貴之本田 中東電設計)・杉崎直人山崎隆央東設土木コンサルタントUS2019-100
吹付けコンクリートは、施工性に優れていることから、地下空洞の支保などに広く用いられている。しかしながら、高所で叩き点検が... [more] US2019-100
pp.7-12
US 2019-02-22
10:30
神奈川 桐蔭横浜大学 非接触音響探査法を用いた軟性容器内容物粘度の容器外部からの測定に関する研究
川井重弥中川 裕杉本恒美ToinUS2018-108
 [more] US2018-108
pp.1-4
US 2019-02-22
10:55
神奈川 桐蔭横浜大学 コンクリート構造物に対する非接触音響探査法に関する検討 ~ 大規模橋梁に対する長距離計測 ~
上地 樹杉本恒美杉本和子川井重弥桐蔭横浜大)・歌川紀之黒田千歳佐藤工業)・川上明彦本州四国連高速道路US2018-109
今回は大規模橋梁の床版下面における、2016年と2017年の計測結果を比較し、非接触音響探査法の再現性および、劣化の進行... [more] US2018-109
pp.5-10
US 2019-02-22
13:50
神奈川 桐蔭横浜大学 強力超音波音場に挿入した堅牢ハイドロホン近傍に生じた音響キャビテーションバブルの観察
岡田長也本多電子)・椎葉倫久日本医療科学大)・山内 忍佐藤敏夫竹内真一桐蔭横浜大US2018-113
強力超音波音場において利用可能な堅牢ハイドロホンを試作した。堅牢ハイドロホンを1 MHz 集束型圧電振動子(開口径80 ... [more] US2018-113
pp.27-32
US 2019-02-22
14:55
神奈川 桐蔭横浜大学 細胞培養容器が音場に及ぼす影響 ~ 容器寸法が音場に及ぼす影響 ~
浅岡直樹岩城咲乃竹内真一桐蔭横浜大US2018-115
細胞培養容器を用いて付着細胞である脳腫瘍細胞に対して音響強度をコントロールした超音波照射を行いたい。しかし、当研究室では... [more] US2018-115
pp.39-44
US 2019-02-22
16:00
神奈川 桐蔭横浜大学 非侵襲的超音波による脳梗塞の再閉塞予防法開発
澤口能一桐蔭横浜大)・伊藤創馬山本博之日本薬科大US2018-117
急性脳梗塞の第一選択療法である血栓溶解薬(rt-PA)による血栓溶解療法は,治療後24時間以内に2割前後の割合で脳血管が... [more] US2018-117
pp.49-52
EA, US
(併催)
2019-01-23
14:00
京都 同志社大学 堅牢ハイドロホンの前面板形状が耐久性と受波感度へ及ぼす影響
貝瀬不二丸桐蔭横浜大)・椎葉倫久日本医療科学大)・森下武志桐蔭横浜大)・岡田長也本多電子)・黒澤 実東工大)・竹内真一桐蔭横浜大US2018-106
 [more] US2018-106
pp.135-140
US 2018-08-30
14:45
東京 東京工業大学田町キャンパス CCDカメラを用いた葉の固有振動解析による植物の水ストレス状態の推定2
佐野元昭内川千春中川 裕大平武征白川貴志杉本恒美桐蔭横浜大US2018-44
土耕栽培における最適潅水制御を実現するため,我々は葉の固有振動数の変化に着目しており,これまでに,葉の固有振動数は日周変... [more] US2018-44
pp.19-24
US 2018-07-31
15:50
京都 京都工繊大学 細胞培養容器が音場に及ぼす影響 ~ 細胞培養容器に吸音材を用いた場合の数値シミュレーション ~
浅岡直樹竹内真一桐蔭横浜大US2018-39
 [more] US2018-39
pp.41-46
TL 2018-07-28
10:00
東京 慶応大学 Improve accuracy of predicting confidential words in juditial precedents
Masakazu KanazawaAtsushi ItoUtsunomiya Univ.)・Yuya KiryuKDDI)・Kazuyuki YamaswaTKC)・Takehiko KasaharaToin Yokohama Univ.TL2018-12
 [more] TL2018-12
pp.1-6
US 2018-06-21
16:15
神奈川 神奈川大学 医療応用を目的としたコイル状ステータ超音波モータの音響導波路上における振動伝搬の解析
大関誠也つくば国際大/桐蔭横浜大)・中根紀彰佐藤敏夫竹内真一桐蔭横浜大US2018-27
 [more] US2018-27
pp.41-46
US 2018-05-21
14:55
東京 機械振興会館 キャップ型堅牢ハイドロホンの構造の再検討
椎葉倫久日本医療科学大)・矢作麻結森下武志桐蔭横浜大)・岡田長也本多電子)・黒澤 実東工大)・竹内真一桐蔭横浜大US2018-14
 [more] US2018-14
pp.17-21
US 2018-02-19
13:25
東京 東京都立産業技術研究センター本部 空中放射音波を用いた非接触音響探査法に関する研究 ~ 健全部の統計的評価による欠陥検出と映像化 ~
杉本和子杉本恒美桐蔭横浜大)・歌川紀之黒田千歳佐藤工業US2017-113
遠距離からコンクリートの内部欠陥を検出可能な非接触音響探査法の検討を行っている。本手法は欠陥部のたわみ共振を利用した手法... [more] US2017-113
pp.7-12
US 2018-02-19
13:50
東京 東京都立産業技術研究センター本部 非接触音響探査法を用いた軟性容器の内部気体量の検出に関する研究
川井重弥中川 裕杉本恒美桐蔭横浜大US2017-114
 [more] US2017-114
pp.13-18
 74件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会