お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 233件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SC 2021-05-28
14:50
ONLINE オンライン 自律運用プログラムの干渉防止に関する検討
柿田将幸日立
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SC 2021-05-28
15:40
ONLINE オンライン 機械学習を活用したIT運用におけるイべント引き当て精度向上技術
岡村 拓爲重貴志日立
 [more]
ICM, IPSJ-CSEC, IPSJ-IOT
(連催)
2021-05-13
10:05
ONLINE オンライン開催 ハイブリッドクラウド構成における分析処理の並列度最適化方式
村瀬香緒里林 真一金子 聡村山耕一日立ICM2021-3
データをオンプレミスに配置し,分析処理をパブリッククラウドで実行するデータ分析基盤は,データの詳細管理を可能とし,柔軟に... [more] ICM2021-3
pp.13-18
SC 2021-03-19
11:10
ONLINE オンライン開催 クラウド・エッジでの自在な機器接続を目指したFogコンピューティングテストベッドの構築
菊地俊介さくらインターネット)・正木晶子三谷佳一山根慶大高浦則克日立SC2020-35
筆者らはFogコンピューティングの標準化団体OpenFog Consortiumに参加し,その活動の一環として任意の機器... [more] SC2020-35
pp.13-18
SS 2021-03-03
15:25
ONLINE オンライン開催 最大安全半径の監視によるコンセプトドリフト検知可能性の評価
佐藤直人來間啓伸小川秀人日立SS2020-35
機械学習ではデータに基づいてモデルを開発するため,システムの運用中にデータの傾向が変化すると,モデルの正解率が低下するこ... [more] SS2020-35
pp.43-48
PRMU 2020-12-18
13:15
ONLINE オンライン開催 [招待講演]学習データ不足問題を解消する少量サンプル学習技術の最前線
野中雄一日立
 [more]
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2020-11-27
13:35
ONLINE オンライン開催 仮想マシンの累計稼働時間に基づく仮想ネットワーク動的優先監視方式の検討
沖田英樹星原隼人日立)・薦田憲久藤原 融阪大ICM2020-31
データセンターの多数の仮想マシンの障害管理の効率化のために,広域ネットワークの障害監理向けのEthernet OAMを活... [more] ICM2020-31
pp.61-66
ICM 2020-03-03
12:10
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島)
(開催中止,技報発行あり)
既存システムと連携したデジタルトランスフォーメーション実現方法の検討
水野 潤高重聡一那須弘志日立ICM2019-56
既存システムと新システムを連携してデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めることで、技術的負債を抑えた新たな価値の... [more] ICM2019-56
pp.85-89
SeMI 2020-01-31
13:25
香川 ことひら温泉琴参閣 屋外巡視向け自律走行ロボットシステムの開発
室谷和哉長谷島範安緒方健人江阪勇太五十嵐悠一西村卓真日立SeMI2019-117
近年の人口減少及び超高齢化に伴い労働人口が加速度的に減少することが見込まれており,産業・物流・インフラなど,複数の分野で... [more] SeMI2019-117
pp.75-78
KBSE, SC
(共催)
2019-11-09
13:15
長野 信州大学 サービス視点の指標に基づいた機械学習モデル評価手法の提案
手塚 伸畑崎恵介保田淑子日立KBSE2019-36 SC2019-33
新たな価値を生み出すサービスとして,IT/OTデータを機械学習で分析し,生成されたモデルを活用するものが注目されている.... [more] KBSE2019-36 SC2019-33
pp.77-82
HCS 2019-08-24
13:00
大阪 滋慶医療科学大学院大学 多人数対話による発散型の創造的な問題解決時の発話と主観および課題成績の関係評価
沼田崇志日立)・近藤早映東大)・宮前太一関川博之笹川佳蓮小野寺 栞葛谷正明イトーキ)・大西耕大郎大野裕子ハウス食品グループ本社)・前田薫子後藤智香子小泉秀樹東大HCS2019-37
近年,AIに関する技術が発展しており,将来的には現在の常識を覆す仕事や生活の変化が起こり得る。そのような社会では,創造性... [more] HCS2019-37
pp.43-48
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2019-08-07
13:30
北海道 北海道大学 情報科学院 3F A31 [招待講演]大規模な組合せ最適化問題に向けたスケーラブルなCMOSアニーリングプロセッサ
林 真人竹本享史吉村地尋山岡雅直日立SDM2019-36 ICD2019-1
本稿ではイジングモデルの基底状態探索を高速に実行するCMOSアニーリングプロセッサについて述べる。CMOSアニーリングプ... [more] SDM2019-36 ICD2019-1
pp.1-5
SDM, ICD
(共催)
ITE-IST
(連催) [詳細]
2019-08-08
11:00
北海道 北海道大学 情報科学院 3F A31 [招待講演]雑音低減デジタル技術を適用した低雑音低電力MEMS型加速度センサ
古林優希大島 俊鎌田雄大礒部 敦日立SDM2019-43 ICD2019-8
次世代の資源探査やインフラモニタリングなどを可能にする、超低ノイズ(22ng/√Hz)かつ低電力(17mW)のMEMS(... [more] SDM2019-43 ICD2019-8
pp.35-40
SR 2019-05-30
16:20
東京 東京ビッグサイト [依頼講演]アンライセンスLPWAにおける周波数利用効率改善に関する検討
千葉考裕平良正憲桑原幹夫日立SR2019-9
近年ネットワークにつながるIoT端末の普及が進み,特に920MHz帯のアンライセンスLPWAを用いたIoT端末は今後急速... [more] SR2019-9
pp.57-62
RCS 2019-04-18
14:40
北海道 登別グランドホテル [依頼講演]セルラ網の通信品質を考慮した自動運転車向け遠隔制御技術
眞下大輔柚木祥慈日立RCS2019-9
近年,自動車の自動運転技術は急激に進展している.自動運転における重要な課題の1つは,工事現場や緊急車両等,想定外の状況の... [more] RCS2019-9
p.43
ICM 2019-03-07
09:00
沖縄 久米島イーフ情報プラザ [奨励講演]パーミッション型ブロックチェーンシステムの組織協調運用を支援する運用フロースマートコントラクトの検討
佐藤竜也肥村洋輔根本 潤日立ICM2018-49
近年,複数企業/組織間で信頼できるデータ共有や取引を可能とする技術としてパーミッション型ブロックチェーン(BC)が注目さ... [more] ICM2018-49
pp.1-6
IN, NS
(併催)
2019-03-05
09:00
沖縄 沖縄コンベンションセンター アンライセンスLPWAにおける周波数利用効率改善に関する検討
千葉考裕平良正憲桑原幹夫日立NS2018-225
近年ネットワークにつながるIoT端末の普及が進み,特に920MHz帯のアンライセンスLPWAを用いたIoT端末は今後急速... [more] NS2018-225
pp.189-193
IN, NS
(併催)
2019-03-05
16:20
沖縄 沖縄コンベンションセンター 分散型ノンブロッキング処理基盤を用いた耐障害性の高いフローベースプログラミングエンジン
中田 侑木下雅文日立IN2018-146
組織内のデータを業務改善に活かすためには、業務に精通したドメインエキスパートがデータの価値を解析する必要がある。しかし、... [more] IN2018-146
pp.373-378
MW 2018-11-15
14:55
長崎 福江文化会館 デュアルFOV向け車載ミリ波レーダ用ホーンアンテナの開発
永石英幸北山 晃日立)・栗山 哲黒田浩司日立オートモティブシステムズMW2018-100
 [more] MW2018-100
pp.45-48
ASN, SRW
(併催)
2018-11-06
11:15
東京 東京電機大学 東京千住キャンパス FFTを用いた製造装置稼働時間推定手法の研究
辻本芳孝室 啓朗横井照典椿 繁裕榊原秀樹牧野 学日立ASN2018-74
製造ラインにおいて,装置稼働時間のバラツキ低減により生産リードタイムを短縮することが目標である.一方,国内製造装置の約6... [more] ASN2018-74
pp.115-120
 233件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会