お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 374件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, RCS, NV
(併催)
2020-05-21
13:25
神奈川 慶應義塾大学 [依頼講演]O-RANアライアンス動向とNTTドコモの取り組み
ウメシュ アニール手島邦彦NTTドコモIN2020-2 RCS2020-15
5G時代における無線アクセスネットワークを,より拡張性高く,オープンでインテリジェントに構築することを目的に,世界の主要... [more] IN2020-2 RCS2020-15
p.5(IN), p.29(RCS)
NS 2020-04-17
10:20
山口 海峡メッセ下関 [奨励講演]A Reliable Cooperative Operation Platform based on Mobile Edge Computing
Qinghao LiuTakafumi MoritaUTokyo)・Yoshihisa KishiyamaKensuke MiyachiTakahiro AsaiNTT Docomo, INC.)・Ping DuAkihiro NakaoUTokyoNS2020-5
 [more] NS2020-5
pp.43-49
AP 2020-03-27
09:40
福井 福井高専 LOS市街地ストリートセル環境における複数環境下での20GHz帯伝搬特性解析
立神光洋藤元美俊福井大)・北尾光司郎須山 聡NTTドコモAP2019-204
第5世代移動通信システム(5G)では,高速・大容量化を目的として,比較的広い帯域の確保が容易な高周波数帯である6GHz~... [more] AP2019-204
pp.41-46
EE 2020-01-16
12:45
鹿児島 宝山ホール(鹿児島市) グリーン基地局用リチウムイオン電池を用いた最適商用受電制御
小松史弥中村祐喜竹野和彦NTTドコモEE2019-70
 [more] EE2019-70
pp.125-127
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
14:10
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演][MIKA/RISING共同企画] 屋外実験とレイトレースの結果を用いた19GHz帯における到来方向推定に関する考察
上村早紀西森健太郎谷口諒太郎新潟大)・猪又 稔北尾光司郎NTTドコモ
第 5 世代移動通信システム(5G)では,ミリ波帯の使用が想定されている.5G では,Massive MIMO の導入が... [more]
EE, OME, CPM
(共催)
2019-11-26
15:40
東京 機械振興会館 地下3階1号室 自立運転型無線通信基地局の機器構成最適化に向けた一考察
角谷昌恭細川裕士竹野和彦NTTドコモEE2019-47 CPM2019-89 OME2019-33
NTTドコモでは電気が供給されていない地域への対策の一つとして,太陽光発電(PV)システムを搭載した自立運転型の基地局(... [more] EE2019-47 CPM2019-89 OME2019-33
pp.63-64
EE, OME, CPM
(共催)
2019-11-26
16:05
東京 機械振興会館 地下3階1号室 PV併設型無線通信基地局の統合制御におけるスケールメリットの検討
村上雄基大崎大祐若尾真治早大)・角谷昌恭細川裕士竹野和彦NTTドコモEE2019-48 CPM2019-90 OME2019-34
現在、NTTドコモでは携帯電話の無線通信基地局への太陽光発電(PV)と蓄電池の導入が進められており、グリーン基地局と呼ば... [more] EE2019-48 CPM2019-90 OME2019-34
pp.65-70
RCS 2019-10-25
10:20
神奈川 横須賀リサーチパーク (YRP) 位相可変リフレクトアレーを用いた28GHz帯5G下り伝送特性の改善に関する検討
髙橋雄太NTTドコモ)・本間尚樹岩手大)・阿部順一村岡一志須山 聡油川雄司NTTドコモRCS2019-194
第5世代移動通信システム(5G)では広帯域が利用できるSHF帯(3~30 GHz)が使用されるが,高周波数帯は直進性が高... [more] RCS2019-194
pp.89-94
AP 2019-10-17
12:30
大阪 大阪大学 [ポスター講演]実市街地ストリートセル環境におけるサブアレーを用いた圧縮センシングによる2D-DOA推定
立神光洋藤元美俊福井大)・北尾光司郎今井哲朗NTTドコモAP2019-86
 [more] AP2019-86
pp.33-37
MIKA
(第二種研究会)
2019-10-03
11:15
北海道 北海道大学 [ポスター講演]実データとレイトレースに基づく19GHz帯における到来方向推定に関する考察
上村早紀西森健太郎谷口諒太郎新潟大)・猪又 稔北尾光司郎今井哲朗NTTドコモ
第5世代移動通信システム(5G)では,ミリ波帯の使用が想定されている.5Gでは,Massive MIMOの導入が検討され... [more]
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-21
14:10
岩手 MALIOS(盛岡) 5GとMECを活用した協調運転システムの提案
リュウ ケイコウ東大)・岸山祥久NTTドコモ)・佐々木健吾中尾彰宏東大NS2019-41
近年、MEC(モバイル/マルチアクセス·エッジコンピューティング)を活用する超低遅延制御の研究が多く行われている。筆者ら... [more] NS2019-41
pp.35-40
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-07
09:25
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク ハイブリッド型Massive MIMOにおけるブロック対角化ビームフォーミングのためのパラメータ推定
柘植健太張 裕淵府川和彦東工大)・須山 聡奥村幸彦NTTドコモRCS2018-312
第5世代移動通信(5G)で導入予定のMassive MIMOにおいて,ベースバンド回路とRF回路の数を大幅に削減できる構... [more] RCS2018-312
pp.157-162
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
10:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 5G実現に向けた超高密度マルチバンド・マルチアクセス多層セル構成による大容量化技術の研究開発
箕輪守彦・○関 宏之富士通)・奥村幸彦須山 聡NTTドコモ)・寺田 純重松智志鷹取泰司NTT)・浅野弘明パナソニック)・平野幸男三菱電機)・山尾 泰電通大)・安達文幸中沢正隆東北大RCS2018-323
著者らは,総務省が「平成27年度における電波資源拡大のための研究開発」として公募した研究開発課題の一つである「第5世代移... [more] RCS2018-323
pp.207-212
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
14:10
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 5Gに向けた高精細映像伝送に関する取り組み
樋口拓己吉野正哲新宮秀樹宮越 健佐藤正樹浅野弘明パナソニック)・森広芳文奥村幸彦NTTドコモRCS2018-327
近年,5Gの特徴を活用したサービスの開発が注目を浴びており,著者らは高速大容量性を活かす高解像度映像のリアルタイム伝送に... [more] RCS2018-327
pp.231-236
RCS, SR, SRW
(併催)
2019-03-08
15:40
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 5G向け低SHF帯超多素子アンテナを用いた屋外端末移動環境における伝搬伝送特性の評価
野勢大輔菊間知裕丸田 靖NEC)・奥山達樹村岡一志須山 聡増野 淳奥村幸彦NTTドコモRCS2018-330
我々は、5Gの大容量化のため、早期実用化の期待される低SHF (Super High Frequency) 帯の M... [more] RCS2018-330
pp.249-254
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-02-01
13:55
大阪 大阪大学 中之島センター 5Gにおける高SHF帯・広帯域Massive MIMOシステムを用いたフィールド環境SU-MIMO伝送実験
酒井 学中川兼治蒲原健一郎井浦裕貴岩山直文石岡和明山本正幸岡崎彰浩三菱電機)・野中信秀須山 聡増野 淳NTTドコモ)・岡村 敦三菱電機)・奥村幸彦NTTドコモIT2018-70 SIP2018-100 RCS2018-277
本稿では,高SHF 帯におけるハイブリッド・ビームフォーミングを用いた,屋外環境でのシングルユーザMIMO16 ストリー... [more] IT2018-70 SIP2018-100 RCS2018-277
pp.203-207
RCS 2018-10-18
10:30
東京 機械振興会館 5G超高密度分散アンテナシステムにおける大容量化技術の実験的検証 ~ リアルタイム伝送装置を用いた8送信点協調MU-MIMO屋内実験結果 ~
筒井正文小林崇春伊達木 隆関 宏之箕輪守彦富士通)・秋山千代志椎崎耕太郎富士通研)・奥山達樹増野 淳須山 聡奥村幸彦NTTドコモRCS2018-154
 [more] RCS2018-154
pp.25-30
RCS 2018-10-18
15:20
東京 機械振興会館 [依頼講演]5G向け低SHF帯超多素子アンテナによる屋内DL MU-MIMO特性
丸田 靖野勢大輔早田利浩江 奕菊間知裕山崎健一郎佐藤俊文NEC)・奥山達樹村岡一志増野 淳須山 聡奥村幸彦NTTドコモRCS2018-162
5G実現要件の一つとして、eMBB (enhanced Mobile Broad Band) を中心としたモバイルサービ... [more] RCS2018-162
p.67
RCS 2018-10-19
11:00
東京 機械振興会館 [依頼講演]5Gでの高精細映像伝送に向けた取り組み
浅野弘明樋口拓己吉野正哲森本哲郎新宮秀樹宮越 健パナソニック)・森広芳文須山 聡奥村幸彦NTTドコモRCS2018-168
5Gネットワークを利用した新しいサービス実用化を目指し,高速大容量性確保,超多数端末多数の同時接続や,高信頼・低遅延通信... [more] RCS2018-168
pp.95-100
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
10:20
北海道 函館アリーナ 39GHz帯を用いた無線アクセスバックホール統合伝送の屋外伝送実験
岩渕匡史坪井 淳岸山祥久NTTドコモ)・Tingjian TianGuangmei RenLiang Guファーウェイ)・崔 洋高田輝文華為技術日本RCS2018-117
2020年の商用サービス開始に向けて,第5世代移動通信システム(5G)の研究開発が加速している.2017年12月には3G... [more] RCS2018-117
pp.177-182
 374件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会