お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
DE, IPSJ-DBS
(連催)
2019-12-24
15:05
東京 国立情報学研究所(NII) 最近のHDDに於ける性能低下現象の解明のための長期運用試験の試み
佐藤 博広田製作所)・○長瀬芳伸JVCケンウッド)・合田和生東大)・市村久男広田製作所)・横山貴之ミカサ商事)・岡田真澄東陽テクニカDE2019-30
磁気ディスクドライブ(HDD)は情報を記憶する代表的なデバイスであり、今日の社会の随所に用いられている。HDDは製造され... [more] DE2019-30
pp.61-64
ET 2018-10-20
11:05
福岡 福岡工業大学 初等中等学校理科科目での利用を想定したIoT教材および管理基盤の設計と評価
等々力崇史香山瑞恵信州大)・舘 伸幸名大)・永井 孝信州大)・二上貴夫東陽テクニカ)・足助武彦伊那市立東部中学校ET2018-41
本研究の目的は, 初等中等学校の正課授業での利用を想定したIoT教材基盤の構築およびIoT教材の利用による授業支援である... [more] ET2018-41
pp.17-22
EMCJ, IEE-EMC
(連催)
2018-05-25
13:35
長野 長野市生涯学習センター ホワイトガウスノイズおよびマルチトーンを用いた放射イミュニティ測定の検討
張間勝茂NICT)・秋田大地中村哲也東陽テクニカEMCJ2018-6
放射イミュニティ試験について,測定時間の短縮のため広帯域試験信号の適用を検討した.広帯域試験信号として,任意信号発生器に... [more] EMCJ2018-6
pp.1-5
PN 2017-04-24
13:20
東京 機械振興会館 [招待講演]SDN光トランスポートネットワークとエッジコンピュータを活用した産業用ロボットの遠隔制御実証実験
吉兼 昇KDDI総合研究所)・佐藤丈博慶大)・宮澤高也NICT)・大島貴光NTTコミュニケーションズ)・杉山秀次レッドハット)・宮部正剛富士通)・掛川直樹イクシアコミュニケーションズ)・小原義徳OA研)・中村彰浩東陽テクニカ)・吉田聡太三菱電機)・Andrea FumagalliUTD)・岡本 聡山中直明慶大)・Chencheng ShaoMarco TaccaUTDPN2017-1
本報告では,クラウド基盤ソフトウェアであるOpenStackを活用して,クラウド上に配備された産業用ロボット制御機能の一... [more] PN2017-1
pp.1-6
AP 2016-04-22
09:55
愛知 中部大学 マルチパス伝播環境下での自動車内電界分布の実験的評価
張間勝茂NICT)・中村哲也秋田大地東陽テクニカ)・石上 忍東北学院大AP2016-8
自動車の放射イミュニティ試験のための基礎的な検討として,マルチパス伝播及び単一平面波照射環境下における自動車内の空間的な... [more] AP2016-8
pp.41-45
ET 2015-11-20
15:05
千葉 木更津高専 3次元加速度センサの計測結果に基づく歩行特徴に関する基礎的検討
松澤拓也香山瑞恵橋本昌巳信州大)・二上貴夫東陽テクニカET2015-66
本研究の目的は歩行動作の簡易解析手法の提案である.そのために,1台の小型慣性計測装置を用いた計測を対象に,歩行の安定性に... [more] ET2015-66
pp.41-46
ET 2015-10-31
18:10
大分 日本文理大学 湯布院研修所 3次元加速度センサの計測結果に基づく動揺性と円滑性からみる歩行特徴の基礎的検討
松澤拓也香山瑞恵橋本昌巳信州大)・二上貴夫東陽テクニカET2015-56
本研究の目的は歩行動作の解析を容易に行うための手法の提案である.そのために,1台の小型慣性計測装置を用いた計測を対象に,... [more] ET2015-56
pp.73-77
ET 2015-01-31
14:55
東京 目白大学 スピードスケート滑走における滑走速度の特徴に基づく内省支援の試み
高橋 佑香山瑞恵橋本昌巳信州大)・二上貴夫東陽テクニカ)・結城匡啓信州大ET2014-81
本研究の目的は,スピードスケート動作の可視化による滑走支援環境の探究にある.ここでは,滑走速度の時系列変化に着目し,体重... [more] ET2014-81
pp.51-56
EMCJ, EMD
(共催)
2012-07-20
15:05
東京 機械振興会館 放射妨害波のGHz超測定におけるBore Sighting Methodとその簡略化に関する検討
峯松育弥KEC関西電子工業振興センター)・堀内達朗ローランド)・北田浩志村田製作所)・吉原 勝リケン環境システム)・梶田幸央北川工業)・中村哲也東陽テクニカ)・和田修己京大)・二宮 寿ローランドEMCJ2012-46 EMD2012-21
 [more] EMCJ2012-46 EMD2012-21
pp.31-36
SS 2011-03-08
14:20
沖縄 沖縄県青年会館 飛行船自動航行システム開発におけるSysMLを用いたプロセス改善事例
福田哲志末安史親庭木勝也森田健治久住憲嗣峯 恒憲鵜林尚靖九大)・平山雅之情報処理推進機構/東芝)・濱田直樹情報処理推進機構)・二上貴夫東陽テクニカSS2010-78
SysMLはシステムのハードウェアやソフトウェアを記述できるモデリング言語である.
組込みシステム開発において有用であ... [more]
SS2010-78
pp.151-156
ET 2006-11-18
14:00
石川 金沢学院大学 高等学校情報科における情報の科学的な理解促進のための教育プログラムの開発 ~ マジカル・スプーン:飛行船制御で情報システムの原理を理解 ~
香山瑞恵専修大)・二上貴夫東陽テクニカ)・岡本敏雄電通大
 [more] ET2006-58
pp.43-48
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会