電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 427件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR 2019-12-05
13:50
沖縄 石垣市民会館(石垣島) [ポスター講演]Self trainingを用いた半教師あり学習によるeNodeBログデータの品質状態解析に関する研究
吉田祥太東京都市大)・諸星敦史富士通エフサス)・塩本公平東京都市大)・エン チンラムバックスタッド セバスチャンエリクソン・ジャパン
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
NS, ICM, CQ, NV
(併催)
2019-11-21
12:10
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス トラヒック変動を考慮したSDNコントローラ間の不整合の低減に関する検討
小杉 將塩本公平東京都市大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] ICM2019-23
pp.13-18
ISEC, SITE, LOIS
(共催)
2019-11-02
14:20
大阪 大阪大学 吹田キャンパス ネットワークログイン用パスワード保管手法の提案 ~ スクリーンショットの外部記憶領域保存 ~
土屋 純関 良明東京都市大
パスワードによる認証は一般的な記憶認証の手法である.パスワードの強度を保つために使い回さず,複雑であることが望ましいが,... [more] ISEC2019-82 SITE2019-76 LOIS2019-41
pp.127-132
RCS 2019-10-25
09:30
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 28GHz帯におけるNB-IoTの同期信号を用いた場合の物理レイヤセルID検出確率特性
井上大輔太田恭吾佐和橋 衛東京都市大)・永田 聡NTTドコモ
 [more] RCS2019-192
pp.77-82
RCS 2019-10-25
09:55
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 28GHz帯におけるNRの同期信号を用いた場合の物理レイヤセルID検出確率特性
太田恭吾佐和橋 衛東京都市大)・永田 聡NTTドコモ
 [more] RCS2019-193
pp.83-88
NLP, CAS
(共催)
2019-10-22
09:15
岐阜 岐阜大学 HNNによる制約条件充足問題の求解時間
源河拓巳神野健哉東京都市大
制約条件充足問題を解決することは重要であり、非常に多くの解決方法が提案されている . ニューラルネットワークを用いた方法... [more] CAS2019-24 NLP2019-64
pp.7-10
PN 2019-08-26
10:40
北海道 かんぽの宿 小樽 データセンタネットワークにおけるトポロジ設計とトラフィック計測に関する研究動向
塩本公平東京都市大
本稿ではデータセンタネットワークのトポロジ設計や交流トラフィック計測に関するこれまでの研究をサーベイする. トポロジにつ... [more] PN2019-12
pp.9-16
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
10:50
愛知 名古屋大学 6GHzより低い周波数スペクトルにおけるNRの同期信号を用いた場合のセルID検出確率特性
太田恭吾佐和橋 衛東京都市大)・永田 聡NTTドコモ
 [more] RCS2019-150
pp.25-30
RCS, SAT
(併催)
2019-08-22
11:15
愛知 名古屋大学 LOS-MIMOにおけるFDEを用いた場合のパイロット系列の相関電力に基づくシンボルタイミング検出法
青野佳奈佐和橋 衛東京都市大)・神谷典史NEC
本稿では,周波数領域等化(FDE: Frequency Domain Equalizer) を用いるシングルキャリアLi... [more] RCS2019-151
pp.31-36
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
15:00
大阪 I-Siteなんば(大阪) LTEネットワークにおけるeNodeBの状態管理自動化のための深層学習に基づく分類
原 和希筑波大)・塩本公平東京都市大)・エン チンラムバックスタッド セバスチャンエリクソン・ジャパン
移動体通信における基地局での障害発生時に,原因を早急に特定することは非常に重要である.しかしながら,膨大な量の情報を出力... [more] RCC2019-41 NS2019-77 RCS2019-134 SR2019-53 SeMI2019-50
pp.145-150(RCC), pp.171-176(NS), pp.167-172(RCS), pp.177-182(SR), pp.159-164(SeMI)
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
15:25
大阪 I-Siteなんば(大阪) Prototypical Networkを用いたFew-shot学習によるLTE網のエリア毎のサービスレベルの把握
青木章悟早大)・塩本公平東京都市大)・エン チンラムバックスタッド セバスチャンエリクソン・ジャパン
モバイル網においてサービス品質維持のため,基地局に障害が生じた際にその原因となる情報を即座に分類し特定し,早急なサービス... [more] RCC2019-42 NS2019-78 RCS2019-135 SR2019-54 SeMI2019-51
pp.151-156(RCC), pp.177-182(NS), pp.173-178(RCS), pp.183-188(SR), pp.165-170(SeMI)
RCS 2019-06-19
09:30
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル フルデュープレクスにおけるスロット単位のシンボル繰り返しを用いる物理チャネル多重法の特性
吉田和樹佐和橋 衛東京都市大)・岸山祥久NTTドコモ
フルデュープレクス(FD: Full Duplex)は,従来のハーフデュープレクス(HD: Half Duplex) F... [more] RCS2019-37
pp.1-6
RCS 2019-06-19
09:40
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル Faster-than-Nyquistを用いるOFDMにおける時間分割参照信号多重を用いたときのブロック誤り率特性
菖蒲谷 翼阿南光隆佐和橋 衛東京都市大)・岸山祥久NTTドコモ
本稿では,Faster-than-Nyquist (FTN) を用いる直交周波数分割多重(OFDM: Orthogona... [more] RCS2019-38
pp.7-12
EST 2019-05-17
10:30
愛知 名古屋工業大学 サポートベクターマシンを用いた位置推定システムの研究
武藤直也伊藤瑞希丹羽正大柴田随道東京都市大
少子高齢化が進み,独居世帯,高齢夫婦の二人世帯,高齢者と子の二人世帯の割合が増加している.こうした高齢社会の安心・安全を... [more] EST2019-1
pp.1-4
EST 2019-05-17
10:55
愛知 名古屋工業大学 様々な位置関係を持つ無線給電用コイルのインダクタンス計算手法の研究
保谷駿介居城貴良柴田随道東京都市大
磁界共鳴方式を用いた無線電力伝送の設計及び性能評価を行うために必要となる送受回路のコイルパラメータの簡易な計算手法につい... [more] EST2019-2
pp.5-8
EST 2019-05-17
14:40
愛知 名古屋工業大学 シリコン基板へのH/Heイオン照射による損失低減と比誘電率の変化
平野拓一東京都市大)・水野麻弥NICT)・李 寧上智大)・井上 剛曽我部正嗣住重アテックス)・岡田健一東工大
高周波電磁界のCMOSシリコン(Si)基板での損失を低減するために水素(H)またはヘリウム(He)のイオンを照射する技術... [more] EST2019-5
pp.19-23
RCS, IN, NV
(併催)
2019-05-16
09:20
神奈川 慶應義塾大学 シングルキャリアLOS-MIMOにおける巡回シフトCDMパイロット信号多重を用いる周波数領域等化の誤り率特性
青野佳奈鄭 斌佐和橋 衛東京都市大)・神谷典史NEC
 [more] RCS2019-20
pp.1-6
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-14
11:15
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス 複数人で行うアイディア創出に対するAR環境の適用とその評価
石川大純田野俊一電通大)・市野順子東京都市大)・森 真吾大島昇時TIS
アイディアはふとした瞬間思い浮かぶものであり,できる限り早くメモを取るべきである.また,アイディア出しは一人より複数人で... [more] IMQ2018-30 IE2018-114 MVE2018-61
pp.43-48
IMQ, IE, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2019-03-15
14:50
鹿児島 鹿児島大学 郡元キャンパス OpenFlowを用いたIoT用UDPパケットのIPv6/IPv4フロー制御
浅田裕紀藤井哲郎東京都市大
近年,設置されるIoTの数が爆発的に増えており2020年には約400億台に達すると言われている.通常IoTではデータ収集... [more] CQ2018-115
pp.123-128
HIP 2019-03-10
12:30
高知 高知工科大 永国寺キャンパス 単一の味刺激に視覚刺激と触覚刺激を複数与えることによる擬似的な食体験再現システム
山本有里佳田野俊一橋山智訓電通大)・市野順子東京都市大
本論文では,単一の味刺激に複数の視覚刺激と触覚刺激を与えた実験について記述する.視覚刺激には,食物の3Dモデルを用い,触... [more] HIP2018-97
pp.75-80
 427件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会