お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SID-JC, IEIJ-SSL
(共催)
EID, ITE-IDY
(連催) [詳細]
2018-07-12
15:10
東京 機械振興会館 地下2階 ホール [依頼講演]Display Week 2018報告 - AI and Augmented Reality and Virtual Reality -
柴田隆史東京福祉大
 [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 大学生のLINE既読スルー態度尺度作成の試み
岡本 香東京福祉大
本研究は,主にスマートフォンで用いられているメールアプリケーション「LINE」による対人コミュニケーションにおける既読ス... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 大学生の無料メールアプリケーションを用いた対人コミュニケーションの認知に関する探索的研究 ~ KJ法による分類 ~
岡本 香東京福祉大
本研究は,LINE利用に関する学術的な検討を行うための予備的調査として,LINEを用いた対人コミュニケーションについて,... [more]
CS, IE
(共催)
IPSJ-AVM, ITE-BCT
(連催) [詳細]
2014-12-05
09:40
大阪 大阪大学 中之島センター 標本値における雑音の影響に強い3次畳み込み補間
上田裕巳東京工科大)・小川英光東京福祉大CS2014-78 IE2014-64
筆者らは,これまでに3次畳み込み補間について,4点のパラメータ と6点のパラメータ の新しい決定法を提案し,4点の場合... [more] CS2014-78 IE2014-64
pp.45-50
CS 2014-11-07
08:45
北海道 知床(北海道) 4点及び6点の3次畳み込み補間による再構成画像の評価
上田裕巳栗山宜巳東京工科大)・小川英光東京福祉大CS2014-64
筆者らは,これまでに4点及び6点による3次畳み込み補間について,4点の場合のパラメータ と6点の場合のパラメータ の新... [more] CS2014-64
pp.61-68
SID-JC, ITE-IDY, EID
(共催) [詳細]
2013-07-17
15:50
東京 機械振興会館 SID2013報告 ~ 3D技術 ~
柴田隆史東京福祉大EID2013-6
SID2013シンポジウムで発表された3D技術に関係する以下のセッションについて概要を報告する。Session 3: A... [more] EID2013-6
pp.43-46
CS, SIP, CAS
(共催)
2011-03-03
17:10
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) [記念講演]標本化定理と科学の原理
小川英光東京福祉大/東工大名誉教授CAS2010-122 SIP2010-138 CS2010-92
従来混同されがちであった標本化定理を求める問題と補間関数を求める問題を明確に区別することにより,標本化定理の問題としては... [more] CAS2010-122 SIP2010-138 CS2010-92
pp.119-126
HCS, ITE-ME
(共催)
2008-10-11
09:30
東京 東京大学本郷キャンパス 非行少年における表情認識の問題
佐藤 弥魚野翔太京大)・松浦直己東京福祉大)・十一元三京大HCS2008-41
 [more] HCS2008-41
pp.1-6
CS, SIP, CAS
(共催)
2008-03-06
17:05
山口 山口大学 常盤キャンパス [招待講演]標本化定理の奥に潜むもの
小川英光東京福祉大/東工大名誉教授CAS2007-124 SIP2007-199 CS2007-89
標本化定理の問題を関数解析的立場から再構築することにより,それが逆問題というより大きな範疇の問題になることを示す.そして... [more] CAS2007-124 SIP2007-199 CS2007-89
pp.91-96
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会